FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

有川 浩 三部作

最近読んだ有川浩さんの作品(三部作)。

これデビュー作だそうです。
塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る

突拍子もない設定なんだけれど、主人公二人の心の動きが妙にドキドキさせられる作品。


他二作がこちら。

空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る

上空二万mに生息(?)する未知の巨大生物体との遭遇、っていったいどんな話よ!
と恐る恐る読み始めたけれど、これも設定の大胆さには驚かされた。
でも決して単なるSFものに終わらないところが有川作品の素晴らしいところ。

もう一つがこれ。
海の底 (角川文庫)海の底 (角川文庫)
(2009/04/25)
有川 浩

商品詳細を見る

空の次は海、ということだけれど、これもちょっ、ちょっ、何これ!?
って言いたくなるような出だし。まぁとにかく読んでみてくれればその面白さがわかる。

三つに共通しているのが何故か自衛隊。
「塩の街」では元航空自衛隊のパイロットと行き場をなくした女子高生が奇妙な共同生活を送っている。「空の中」では現役の女性イーグルドライバーと航空機メーカーの若手エンジニアが登場。そして「海の底」では海上自衛隊の潜水艦乗りと16歳の女子高生が主人公、と多少設定は変わるけれど、背景がとても似通っている。

そしてもう一つ、三作とも主人公達の不器用ながらもお互いに惹かれあい、幾多の事件を乗り越えて最後はハッピーエンドに終わる、という良くできたアメリカ映画のような清々しさで物語が終わっていくところも共通している。その結末に至るまで、ちょっとした諍いごとのきっかけになる会話のズレや僻みなども、読んでいてたまに「あ、自分にも覚えがあるなぁ」なんて感じてしまうあたりがちょっとこそばゆい。

作者の有川浩さんの作品を最初に読んだのは実はこれ。
三匹のおっさん (文春文庫)三匹のおっさん (文春文庫)
(2012/03/09)
有川 浩

商品詳細を見る

この作品はTV東京でもドラマ化されたので記憶している方もいるかと思う。
自身がガキの頃は、こんなちょっとおっかないけど根は優しいオッサンがいっぱい近所にいたんだなぁ、って思う。

面白くて有川さんの他の作品も読んでみたくて、つい最近、「県庁おもてなし課」というのを読んだけれど、巻末の対談集であれ?っと思ったところがあって調べてみたらあらら・・・・

有川浩さん、女性です・・・。
「ありかわひろし」ではなく「ありかわひろ」さんだったんですね(汗)。

どうりで納得。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/18(日) 22:25:07|
  2. 本の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<週末のDZ | ホーム | 季節の変わり目>>

コメント

どれも面白そう!
読書いいですねー!
読みたいけど、なかなか時間が・・・。

乗り物での長い移動の時だけ読んでます。
就寝前に読むと本好きなだけについ睡眠不足に・・・。
BKさんはいつ読んでますか?
  1. 2014/05/19(月) 06:53:49 |
  2. URL |
  3. まーがれっと #nGdA3O4A
  4. [ 編集]

いつでも

まーがれっとさん:
夕飯後とか風呂上りとか、短い時間でもいいから開くようにしてますね。でも前半、中盤ならそれでもいいんですが、佳境に入ってくると寝不足になるのはいつもです(苦笑)。

  1. 2014/05/19(月) 21:05:17 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

私も枕元に1冊置いておいて、読書は寝る前の楽しいひとときになっています(^_^)
たいていはいつの間にか寝てしまい真夜中に落ちた本を閉じて電気スタンドを消します・・が
たま~に夢中になってしまうと遅くまで読んでます(^_^;;

あと作者の名前、てっきり私も男性だと思ってました!
(この方の本はまだ読んだ事ありませんけど)
  1. 2014/05/20(火) 12:25:56 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
いつの間にか寝入ってしまうパターン、読み始めの頃によくある・・・、後半になると眠気もどこかにいっちゃうほどのめり込んで寝不足になっちゃううんですよね。

そういえば、2、3年前にTVであった「フリーター、家を買う」も有川さん作、でした。
  1. 2014/05/21(水) 19:51:16 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/966-f762f058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード