FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

海上の天候回復は地上より遅い!?

長ったらしいタイトルで失礼。

低気圧が通過してスッキリとした晴れ間が広がっているように見えても、実は海上はまだうねりが残っている・・・・。
言われてみればなるほど、と思えることも実際に体験してみないと気がつかないことっていろいろありますよね。今回はまさにそんな感じ。

20140411-01.jpg

滑川漁港でのホタルイカの水揚げの風景です、午前4時過ぎ。
漁から戻った船から揚げられたホタルイカがずらりと並べられてます。


いっぺん見学してみたい、と思っていたホタルイカ漁。
滑川市の観光協会が主催している観光船が、漁の最盛期である4月上旬~5月上旬にかけて運行している。
とても人気があって、申し込み受付数日で期間中の募集があっという間に満員になってしまう。

去年は気がつくのが遅く、それでも未練がましくキャンセル待ちに申し込んでいたけれど滑り込みならず。
もっとも天候が悪く観光船は欠航になってしまったけれど(漁自体はどんなに天気が悪くても実施されますが)。

そして今年、満を持して日にちを選んで無事申し込み完了。
木曜日の夕方の便で羽田から富山に移動(なのでこの日は半休取得^^)。レンタカーを借りて富山市内のビジネスホテルにチェックインし、一眠りしたあと午前2時前に出発し、2時20分頃には受付場所であるほたるいかミュージアムに到着。天気の回復も早かったようで空港に着いた夕方には晴れ間も広がっていたくらいだし、ホテルを出発するときには星も綺麗に見えていたくらいだからよもや欠航なんてことはこれっぽっちも頭になかった。

ところが、である。現地に趣いてみると入口には無情にもこんな看板が・・・。
20140411-05.jpg

前夜かなりの強風が吹き荒れたらしく、そのうねりがまだ相当残っている、とのこと。
観光船の船長もいったん沖合の漁場へいってみたらしいが、ちょっと難しいんじゃないか、との判断だったらしい。
なにせこの観光船、漁を見学するわけで、その時は片側に人が寄って重心が傾くことになる。そんな状態でうねりがひどいと相当危ないということは想像に難くない。また、それだけうねりが激しいと、かなりの人が船上でゲロゲロとなってしまうだろう、とのこと。

はぁ・・・・、のっけからメインイベントが中止になって意気消沈・・・。
さて、どうしたものか・・・。

上の写真、お土産屋さんの入口でもあるけれど、写真だと中が真っ暗に見えるけど、実はたくさんの人がいて、お土産屋も営業している。せめて訪れてくれた人にお土産でも買っていっていただこう、という配慮(?)なのかもしれないけど、ここで試食出来るボイルのホタルイカがまた旨いんだよね、ほんとに。

船は欠航になってしまったけれど、来てくれた人の為に、ということで、ミュージアムの中にあるミニ劇場内でホタルイカの発光ショーを見せてくれることになった。これは既に去年見ているけれど、「せっかく」来たんだし、観光協会の方の申し訳なさそうな表情にもつられて今年も見ていくことにした。

そんなこんなで時刻は3時半過ぎ。さて帰って寝るか、とも思ったけれど、実は漁港はすぐ隣にあり、来た直後に漁船が出発しているのも見ていたので、じゃあ戻ってくるのを待って見物しようか、ってことになった。そんなことを考えついたのは40人くらいいた申込者の中でも我が家ともうひと組の夫婦だけだったみたい。

4時20分頃、第一便が戻ってきましたね。船からおろして計量器にかけて箱の中の量を調節しながら、どんどん並べていってます。
20140411-03.jpg
冒頭の写真は並べ終わって仲買人さんが買い付けたあとの様子です。
これひと箱50kg。この箱がえっと、76個並んでました。
以前、高値で取引されていた時には、これひと箱で25万円位の値段がついたそうで。
今じゃもうその数分の一なんだそう。

買い付けが終わったら運搬の為にさらに大きな箱にまとめられていきます。これ一個に4箱分くらい放り込んでました。
20140411-02.jpg

一応、断りを入れて接近してアップで撮らせてもらいました。
こんなにいっぱいあると、なんかグロテスクですね(苦笑)。
20140411-04.jpg

こういう漁港には主というか重鎮というか、親分さんみたいな人が必ずいるんですけど、この時も僕らが観光客だとわかると(しかも観光船が欠航した、ということを知っていたらしい)、「どっからきたんや?」って気さくに声をかけてくれました。そして手招きすると道路の向こう側にある倉庫のような所へ連れて行ってくれました。

何何? まるでTVのような展開!とワクワクさせていると、デカイ水槽の蓋をあけて中をみせてくれます。生きたホタルイカがうじゃうじゃと沢山泳いでました。

「両手出して」っていうので、言われた通りに手を合わせて差し出すと、ホタルイカをアミで掬って手の中に放り込んでくれました。なんとも言えぬくにゃくにゃした感触と共に、両手の中でホタルイカがうごめいてます。と同時に異物を検知したんでしょう、あの青白い発光を始めました。手の中で動きながらの数匹のホタルイカの発光の様子は、まぁ幻想的だったこと! 綺麗だなぁ、と思って眺めているとたまにこちらの手を噛んできてイタタ(笑)。

こんなおまけ付きの漁場見学でしたけど、船が出ていて沖合での漁を見学していたら、漁港に寄ってみよう、なんて考えなかったも。そういう意味では欠航で得した分もあったのかな。観光船の申し込みに間に合わなかったら漁港で見学するのもいいかもしれません。

宿に戻ったのが5時半過ぎ。一眠りしてギリギリ朝ごはんを食べるか、それとも頑張って6時半まで起きていて朝食を食べてから一眠りするか・・・。熟慮の末、後者に決定。チェックアウトが11時と少し遅めに設定されていたのが決め手でした(実は予約の際に『素泊まり』で指定していて、追加の料金を払わなければならなかったのはご愛嬌)。

翌11(金)、この日の宿のチェックインは午後三時。あと4時間ほどどこで過ごそうか、と。
天気もいいし風もないので、新湊の一周クルーズに行くことに。

この時期、丁度桜が満開の時期でしたね。関東と比べると一週間くらい遅い感じでしょうか。
20140411-06.jpg

海王丸と新湊大橋。
うっすらとですが、向こう側には立山連邦が見えるんです。剣岳も見えてましたね。
20140411-07.jpg

遊覧船・万葉丸も、平日の昼時とあって、お客さんは我が家2名ともうひと組夫婦の計4人だけ。
船頭さんがえびせん放り投げてかもめと遊んでいるのを、こっちは必死でカメラで追っかけてました。
うまい具合にえびせん、口の中に入れてましたね。
20140411-08.jpg

漁師街を抜けて行きますが、川岸に並んでいる古い街並みは、隙間なくぴっちりと家がくっついてます。
20140411-09.jpg
船頭さんになんでこんなにくっついているんですか?と聞くと、ちょっと自信なさげに「やっぱり土地がそんなに広くないから、少しでも広く取るために隙間を詰めたんじゃないかなぁ・・・」と。うーむ、ちょっと違うような気がしたんですけどね。

もやがかかっていたために立山連峰の勇姿をくっきりと眺めることは出来なかったのがちょっと残念。
船内にある写真を見せてもらったけど、条件がいいと手を伸ばせば届くような、すぐそこに立山連峰が広がって見えるんだそうな。これはやっぱり一度は見てみなきゃ、ってことで来年リベンジ決定(笑)。

このあと二上山方面へドライブして、桜と標高270m余りからの景色を楽しんだ。
こちらの写真だと、もう少し立山連峰が見えるかな?
20140411-10.jpg

この二上山にある平和の鐘。デカかったなぁ。
20140411-11.jpg

今宵の宿は雨晴温泉の「磯はなび」。高台にある絶好のロケーションにあるホテル。
運良く、というかたまたま空いててアサインしてくれたのかもしれないけど、最上階の角部屋で能登半島と富山湾の素晴らし眺めと、温泉と、地元産の魚介類を中心とした美味しい夕食を堪能したのであります。白えびの天ぷら、絶品でしたね。
20140411-12.jpg

部屋から眺めた夕日。
20140411-13.jpg

翌日、たっぷりの朝食を取って眠気に襲われつつも、砺波のチューリップ園に。
20140411-14.jpg

実は23日から始まるチューリップフェアの準備で、公園内は工事中のところもあったりで、祭り前の準備中、といった雰囲気が強く、チューリップ自体もまだまだこれから、といった感じだったんですが、それでも園内はいろいろ花が咲いていて、目を楽しませてくれました。

なかにはこんな仕掛けも。
20140411-15.jpg
相合傘にあわせたベンチで記念写真を、ってことなんでしょうが、にしては左側の街灯が無粋過ぎ。もうちょっと設置場所を考えればいいのにねぇ。

その公園脇にある四季彩館では一年中綺麗なチューリップが楽しめます。こっちの方で色とりどりのチューリップが楽しめたので今回はこれでヨシ。
20140411-16.jpg

このあと、再びホタルイカミュージアムへ行き、ボイルのホタルイカをお土産に買います。
発送してもらうことも出来るし、インターネットで注文することも出来るんですが、それだと味気ないし、やっぱり直接足を運んで買って帰りたい、という、まぁもっぱら気分的なものだけなんですけどね。

よくあるけど、試食モノが一番美味しくって、実際に買うと味が落ちる、ってやつ。
ここに限ってはそういうことはなく、試食ものもうまいし、買ったものもまた旨い。なんでこんなにうまいのか不思議な位。処理方法でも違うのかなぁ・・・・?

このあたりまでくると、立山連峰も目の前、特に剱岳が正面に見えるんですね。
20140411-17.jpg

その右には剣御前山、そして立山三山もくっきり。
20140411-18.jpg

このあと高速を使って富山ICまで行き、かねてから行きたいと思っていた富山の回転寿司へ。
寄ったのは「すし玉」。なんだか有名な店らしく芸能人のサイン色紙がいっぱい飾ってありましたけど。
地物や時期の名産を中心に食べたらそこそこの値段になってました(苦笑)。

これにてミッション完了。
まぁホタルイカ観光船は残念だったけど、漁港での水揚げ見物なんてのも出来たし、
まぁいい気分転換になった富山旅行でした。

PS.
今回、レンタカーで回ったんですが、はじめてキーレス、って車に乗りました。
身につけていれば、差し込まずともOK,というやつ。あれ、便利ですね。
慣れてくるともうポケットにキーを入れたまま、でした。

で、車を返す時、エンジンを止めて荷物をおろしたあとも、ポケットにキーを入れたまま返すのを忘れてました。
事務所に人に「あのぅ、車のキーは?」と言われて気がつく始末・・・・^^;
スポンサーサイト



  1. 2014/04/13(日) 22:46:43|
  2. 旅行(国内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ようやく | ホーム | せりのびる>>

コメント

謎が解けた!

例の謎はコレだったんですね!(笑)

ホタルイカに噛まれてみたぁ~い(≧▽≦)
  1. 2014/04/14(月) 13:57:42 |
  2. URL |
  3. わかぞー #N1QtOhns
  4. [ 編集]

わかぞーさん:
ま、そーいうワケで^^

「噛まれてみたい」って、あれ、「噛む」方じゃなかったっけ?^^;
  1. 2014/04/14(月) 21:56:43 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

海上ではドライとは言わないんかな?
  1. 2014/04/15(火) 07:30:37 |
  2. URL |
  3. たいちょう #l4EZtc/.
  4. [ 編集]

欠航、残念でしたね。私なんかお天気のいい日でも船はゲロゲロ~になりそう。

ハートのベンチに座った記念写真がアップされないのも残念!笑
  1. 2014/04/15(火) 12:05:16 |
  2. URL |
  3. タカコ #-
  4. [ 編集]

手に乗せてもらったホタルイカは、その後どうなったのでしょうか?(^_^;;
  1. 2014/04/15(火) 13:06:46 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

たいちょうさん:
「ドライ」とはよく言ったもんだ(笑)。
しばらくジャンプしてないから、その用語がパッと浮かんできませんでしたよ。

タカコさん:
どのくらい揺れるのか経験してみたいなぁ、と思ったけど、そんな強がり言っててゲロゲロしたらみっともないですよねぇ・・・。

ハートのベンチでの記念写真もあるけれど、これは恥ずかして公開できましぇーん(笑)。

whitebirdさん:
もちろん水槽に戻しましたよ^^
さすがに口の中に入れるわけにはいきません・・・。踊り食いはヤバイんですよ。刺身はちゃんと内臓とりますから。
  1. 2014/04/15(火) 20:40:45 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/960-f2414509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード