FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

北京探訪ーその?

あっと今に3月。
原チャリ通勤時の服装も真冬仕様では少々重たく感じるようになってきた今日この頃。
3/4~11まで北京に行ってました。

「探訪」なんてタイトルにしてますが、実態は急遽呼び出されての出張対応で、ありがたくもなんともない。もっとも、原因が自分たちが作成した装置制御プログラムに不備があったためなんだけお、まぁ、こういうのを「墓穴を堀った」とも言うわけで、どこにも怒りのぶつけようがないわけです(苦笑)。

今回も、前週の金曜の夕方には前フリがあったんですが、月曜出社してみたら案の定ヘルプの要請が・・・。そんなわけで翌火曜日の朝には羽田を飛び立っていたわけです。

「今回も」って書きましたが、はい、1月のそれもかなり急な要請だったわけで・・・。
次行く時はあらかじめ計画された日程で出発したいもんです。

そんなわけで、今回は現場で復旧作業が終わったらハイさようなら、というわけには行かず、一週間ほどの滞在要請もあり、初めて週末を北京で迎えたのです。ということで、一応行ってきました、天安門。

20140311-01.jpg

日本を出発する前にもニュースで見ていたし、現地での手配を依頼した北京の法人の方にも言われていたんですが、「全人代開催中なので警備が厳しいですよ」というハナシ。空港についた時はあまり変化がなかったんですが、さすが天安門広場周辺はとんでもない厳戒態勢が敷かれてました。

まず地下鉄の駅(天安門東)ですが、天安門側へむかう出口は封鎖されて、Policeや公安の字が入った上着をきた連中gわんさか。アリ一匹たりとも通さん!という雰囲気。では反対の天安門広場の側は、というと、地下鉄を出て広場の方に向かうところには臨時のゲートができており、そこで簡単な荷物チェックと身体検査までやってました。

ようやくそこを抜けて、さて広場はどこだ?と周りを見渡すと、まず広い歩道の道路側5m位のところにテープが張られて、道路側への立ち入りが禁止。そして広場そのものは完全に立ち入り禁止措置が取られてました。ものものしい警備ぶりは、Police、公安のその数。これだけの警官を一度に見たこと、いままでで初めてです。

確か出発前日あたりにビラまいて逮捕されたやつがいた、なんてニュースを見ていたので、それもあって余計に警備が厳しくなっていたのかも。

ものものしい警備と空気のわるさも相まって、結局写真数枚撮って「とりあえず見てきた」という証拠だけを確保した、って感じの、わずか二時間あまりの北京市内探訪、でした。

20140311-02.jpg
↑ 道路を渡ったその向こう側が、天安門広場。

で、よく聞かれるのが、「やっぱり空気悪い?」って話。
そりゃいいわけないです、ハイ。
到着した火曜日から金曜日あたりまでは結構青空が見えていたんですけど、土曜日から様相が一変。日本でみたようなあの霞んだ光景が目の前に広がってましたね。

これは、滞在先のホテルの部屋から撮った11(火)朝の様子。部屋が16階だったので余計に目立つのかもしれませんえど、まぁとにかく霞んでいること!
20140311-03.jpg
一番の原因は質の悪いガソリンのせい、と言われてますが、まぁそれだけではないんでしょうけど。

日本気象協会のPM2.5予報で見ると、日本付近は色が白で少・微程度ですが、中国大陸は「非常に多い」を示す濃いオレンジ色。が、現地の人の話では、うーん、今はえっと116か、まぁ普通ですね、ですと・・・・。数字の単位とそれがどの程度なのかピンと来なかったんですが、どれくらい現地では普通かというと、街を歩く人の大半がマスクをしていない位、って言えばいいかな? 慣れってのは怖いですね。

ちなみに滞在ホテルは、十里河という地下鉄の駅の目の前で中心部から東南方面、一回乗り換えで天安門広場まで行ける、という至極便利なところ。北京の地下鉄は定額制で一回2元(今ならだいたい35円くらい)と非常に安い。本数もそれなりに多いし、路線も下の写真のように東西南北・同心円状と非常に充実しているため、とても混んでいる。
20140311-04.jpg
それにしても、空いている座席があるわけでもないのに、降りる人を押しのけてまで乗ろうとする光景って、やっぱり目の当たりにすると苦笑せざるを得ないです。ただ気をつけなければいけないのが、自分は降りる人が降りてから、と思っていても、後ろに並んでいた人がそれを許さない(!?)こともあるわけです。止まっている自分の脇を強引に通ってさらに降りてくる人の波を押しのけて先へ進もうとする人も中にはいますから(あ、皆こんな感じ、ってわけじゃないので)。こんな時はもう逆らわずにすっと避けて「お先にどーぞ」ってのが一番です。

さて、平日の昼食。
だいたい現地法人のエンジニアに連れて行ってもらうんですが、ふたりだけの時は近くにあるチェーン店でささっと済ます感じで、こんなふうなごはんとおかずと野菜が載ったプレートが15~20元(~370円)位の値段で食べられます。
20140311-05.jpg

これはホテル傍のパン屋さんでみかけた一品。FBにも投稿したやつですが、どうみてもうなぎパイのぱくりとしか思えない。真相は?ですけどね。でも味はうなぎパイほど甘くはないです。大きいのでむしろそれはありがたかった位。
20140311-06.jpg

今回泊まったホテルは1月の時と同じなんですが、地下鉄の駅がすぐそば(といっても、日常的に利用するわけではない)、道路ひとつへだてた先のビルに、コンビニ・マック・ケンタッキー・吉野家が入っている、ということで再度リクエストしたわけですが、気になっていた吉野家のメニューを4つほど試してきました。まぁ四日連続のここでの晩飯だったんですけどね。えぇ、単に面倒くさかっただけなんです、あちこち探し歩くのが(苦笑)

左上:とんこつラーメン。なぜかセットだとスープがつく。
右上:なんと、さばの味噌煮! ちょい甘めだけど。
左下:なんというか、三色丼とでもいうか。向こう側は鶏肉で、手前は豚かと思ったら兎の肉だそうで。
   こっちでは兎肉はよく食べられているそうです。美味しかったですよ。
右下:石焼ビビンバ。白いナプキンの下にコチュジャンのたれが隠れてて、食べ終わるまで気がつかなかった。
   味、薄いなこれ・・、と文句いいつつ食べてた一品。気づけよおい・・・。
20140311-07.jpg

出張先で土日二日間連続の休みがある、ってのは非常に珍しいことで、こういう時こそ現地を満喫しなけりゃ、って思うんですが、どうも今回は興味がわいてこないというか、その原因がどこにあるかあれこれ考えてもみたけれど、結局のところ北京(中国)ってのが自分の中では興味の対象として挙がってきていない、ってところに尽きるのかもしれない。「地球の歩き方」なんぞも買ってページをめくってはみたものの、おぉ、これこれ、と追加で調べるような対象も湧いてこなかったし。トシのせいで感受性が鈍くなってんじゃないの?というどこからかの声には「いいや、そんなことはない!」と胸を張って言える、・・・・・・・・かな?(苦笑)。
スポンサーサイト



  1. 2014/03/16(日) 20:18:14|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<縞枯山 | ホーム | トンネルキャンプ>>

コメント

んんん~

んんん~、空気はやっぱり悪そうですね~。
でも食べ物はおいしそう!(^^ゞ
  1. 2014/03/18(火) 10:55:06 |
  2. URL |
  3. まーがれっと #nGdA3O4A
  4. [ 編集]

まーがれっとさん:
初日の青空を写真に撮っておけばよかったなぁ・・・、と今更ながらに後悔。いやホント、青かったんですよ。

おいしそうな食べ物って、吉野家の?^^
味付けはやっぱり濃い目でした。
  1. 2014/03/18(火) 20:30:14 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

空気の悪さは、私も恐いです~~
あと横入り!はやっぱり凄いんですね・・(゚Д゚ノ)ノ

吉野家に普通の牛丼はあったんですか?
  1. 2014/03/19(水) 13:15:04 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
地下鉄に限らず、横入り、並ばない、いやぁ、うわさにたがわず、すげぇな・・・・、と。それでも列らしきものが出来るけど、うかつに中にいると、後ろから押されてしまうこともしばしば(苦笑)。

普通の牛丼、もちろんありますよ。
日本円にして¥300弱、同じくらいの値段だったかな。総じて吉野家は安くはない、ですね。
  1. 2014/03/20(木) 19:03:23 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/954-512eb418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード