FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

鍋割・塔ノ岳・くぬぎ山

相棒の友人(名古屋在住のジャンプ時代の友人、もちろん私も知っている)と連れ立って鍋割山に行く予定だったけれど、残念ながら中止になってしまいまして。年末の雪山への慣らしの意味合いもあったので、予定通り相棒と二人で出かけてきました。

快晴の青空の下、とはいえ、標高1000mを越えると素手では冷たさを感じるほどに・・・。DZほどではないけれど、やっぱり冬の到来を強く感じますね。

西丹沢の山並みの上にひょっこりと顔を出した富士山も冷たそうです。
20131215-01.jpg

この日の隠れイベントは、後沢乗越から寄方面に直進して、栗の木洞又はくぬぎ山から県民の森の駐車場に至るハイキング路の探索。前回、時間切れ(筋肉痛?)のため断念した経路です。「全然近道じゃないじゃん・・・」という相棒のつぶやきはまぁ置いといて、と(笑)

6:47 駐車場 - 7:32 水置き場 7:37 - 8:00 後沢乗越 8:02 - 9:02 鍋割山荘 9:55 - 11:00 塔ノ岳 11:45 - 12:43 鍋割山 12:55 - 13:28 後沢乗越 13:32 - 13:57 栗の木洞 - 14:12 くぬぎ山 14:22 - 14:57 駐車場
 
朝、歩荷用の水たっぷり!
前回(晩秋の頃)に15:30頃ここを通った時には、9割がた運ばれていましたからね。
残っていたのは、ラージサイズ4リットルのペットボトルだけ。
20131215-02.jpg
最近は小さいザックしか持って行ってないので、前回と同じ10リットル。この量だと総重量16、7kgなので、随分と楽です、ほんと。

その証拠に、今回は乗越からノンストップで歩き続けて、久しぶりに山荘まで60分でしたから。
これが総重量20kgを超えてくると、今のところ頑張っても70分位かかってしまいます。「鍛えりゃまだまだイケるよ」なんて言われたこともありますけど、まぁ無理はいかんですな。会社の同僚(同年齢)のヤツも無理なランがたたって、膝痛めちゃったし(苦笑)。

普通に鍋焼きうどん頂いて、その後塔ノ岳に向かって、といういつものコース。
この日は空は若干霞んでいた感じだったけれど、海岸方面のほうが視界が良かったような。太陽に照らされて相模湾がキラキラと輝いてましたね。真鶴半島~伊豆半島に至る海岸線がとてもクリアに見えていました。
20131215-03.jpg

さて、再び鍋割山に戻って、乗越まで下りて、そのまま直進。本日のメインイベント~。
直後の痩せた尾根を通り過ぎて、だらだらとしたゆるい上りをのぼっていき、そのあと再び下る。そこは標高およそ800mあまりで、乗越とほぼ同高度。ここからガンと100mほど登って栗の木洞に至ります。この上り、なかなかの斜度で、鍋割山へ行く途中の最も斜度のきついあたりと同じ位ある。

その上り坂での思わぬプレゼント。
ちょっと後ろを振り返ると、普段あまり目にすることが出来ない光景が目に飛び込んできた。
鍋割の稜線(上部)が手に取るように見えるのだ。特に山頂直下の三つの偽ピークの様子がくっきりと!
こういうアングルで見るのもまた新鮮な驚きに包まれる。いいもの見せてもらいました。
20131215-04.jpg
↑ クリックすると拡大できます。
右上に見える、ちょっと草地が広がっている所の直上が鍋割山で、左下方面に続く稜線の偽ピークがよぉくわかると思います。実体験としてわかってはいたけれど、こうして見ると最後の偽ピーク、やっぱりデカいんだなぁ、と改めて思い直してみたりする。

このくぬぎ山、平坦に開けた場所で、道標のそばにはちょっといい感じの松の木が主とばかりに枝を広げていた。まるで巨大な盆栽かのように、随分と左右への枝のフレ具合がいい塩梅でしたね。
20131215-05.jpg
ここ、南・東方面の展望がとてもよくて、晴れの日に家族連れでちょっと遊びに来るには、絶好のポイントかもしれません。

このあと、駐車場へ下る道を下りていきますが、道標にはなんと「1時間」と・・・。とはいえ、この時間は、子供連れファミリーを想定したコースタイムのようで、普通の”登山者”が歩いたら、20~25分ってところ。

中間まで降りるといったん舗装された林道を横切るのだけれど、そこから先は「森林伐採のため危険・通行止め」となってました。仕方がないので林道をぐるっと大回り。

で、駐車場についてからその通行止めとなっていたハイキングコースを見上げると・・・・・
ありゃりゃ、こりゃひどい。日曜だから伐採作業はやってないから危険ナシ、なんて思ったけどさにあらず。伐採した木々や枝がそのまま放置されていて、ハイキングコースを埋め尽くしていたのだ。どうやら伐採作業が全て終わってから撤去するような雰囲気でしたね。もうちょっと正確に書いておいて欲しいもんです。

決して近道とはならないけれど、こういう時でもないとなかなか歩く機会がない道を通ることが出来たのも、結構楽しいもの。やっぱり「初めての道」ってのはちょっとワクワクしますよね。

ちょっとしたオマケを楽しんだ、この日の山行きでした。

スポンサーサイト



  1. 2013/12/16(月) 21:29:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<クリスマスブギ | ホーム | 初冬の北横岳(2)>>

コメント

私なんて10kg超えたらヒーヒー言いますよ!
16~7kgで楽勝、なんてすごいです(^o^)/

初めての道はやっぱりワクワクしますよね~
先月、青ヶ岳山荘に泊まった時に「東丹沢詳細地図」というのを
教えてもらい買ってみたんですが・・・よく考えたら
マイナールートやバリエーションルートなので、なかなか行けないですね(^^;;

山でスマホを利用して歩いた軌跡のログを取ってみようと今週末に奥多摩へ行こうかと計画してましたが
(そのログをPCに送ってヤマレコ記録書くのに利用するため
先月、友人が使っていて、ちゃんと地図上に赤い線で記録されていたんです!)
雪が積もっちゃったので、歩き慣れてる鍋割山に変更しようかと思ってます(^^;
(2012年にBKさん達と歩いてますもんね)

今朝、自宅の玄関前から見たら丹沢の上部には雪が積もってましたね・・
  1. 2013/12/20(金) 13:04:15 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
まぁ、ベースの体格が違うんですから、そりゃしょうがないですって(笑)

「スマホのGPSで歩いた軌跡」、これやりたい、って人多いみたいですね。バリエーションルートや沢や藪こぎするんだったら、僕もやってみたいな、って思うんですけど、歩くのはもっぱら登山道ばっかりだし。

丹沢の高いところは白くなってましたけど、霧氷や樹氷になるほどではなかったような・・・。今日も少々降ってたみたいなので、土曜の朝だったら残ってるかもね。

滑りやすくなってるでしょうから、足元気をつけて下さいね。あ、それと下の方は泥だらけになるかも!?
  1. 2013/12/20(金) 22:06:54 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/941-9979895a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード