FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

秋の鍋割・塔ノ岳

朝の冷え込みもより進んできたような今日この頃、3月以来の鍋割・塔ノ岳に行ってきました。
ヒルの出没する暖かい季節の”夏眠”をむさぼっていました。例年富士山の冠雪後(というより12月に入ってから??)に活動を再開するんですが、今年はちと早め。

鍋割山稜を登っていく途中、富士山の頭がひょっこりと西丹沢山塊の上から顔を出す。やっぱり雪をかぶっていないと見逃してしまいそうですね。
20130928-01.jpg


本日の荷揚げ、
私:水8リットル、めんつゆ4本(4リットル)
相棒:水4リットル、めんつゆ5本(5リットル)

久しぶりの水ボッカ。ミズヒ沢の水置き場に着いたのが7時前。
久しぶりに見る麺つゆの瓶、おまけに携帯コンロのガスボンベもある。水ばかりのボッカよりもこういう変化があったほうがなんとなく楽しくなるのも不思議なもの。ガスボンベは軽いのでそこに残して、重たい液体系を引き受けましょ、ってことで上述のような具合になったのだけれど、自分の方はいつも使っているザックよりも一回り小さいものにしたので、水も少なめ。で、総重量はおよそ19kg。やっぱり20kgを切っていると随分と違うことを実感。今日は最後まで相棒に遅れをとることなく、鍋割山荘に到着。

まだ十分に緑をたたえている木々の葉が青空によく映えている。
20130928-02.jpg

もしかしたら今日は鍋焼きうどん一番乗り?
視界もクリアで富士山も裾野までくっきり。
20130928-03.jpg

相模湾もくっきり。今朝は日の出がきれいに見えたでしょうね。
20130928-04.jpg

小一時間ほどのんびりして、9時半過ぎに山荘を出発。5分もしないうちにご覧のような倒木に出会う。さほど被害がなかった様子、とは聞いていたけれど、やはりこの間の台風の残した爪痕はこんなカタチで残っているようだ。
20130928-05.jpg
ここに登ってくるあいだも、登山道の数箇所では補修が施されていた。よく見ないと見落としてしまうかもしれないけど、こういったメンテをしてくれいてる人達がいるからこそ、我々のような一般登山者が安心して歩けるというもの。そんなことを改めて感じたのであります。

ザックの荷はずっと軽くなったはずだけど、歩くペースは決して速くならない(いや、”しない”としておこう)。塔ノ岳に着いたのは10:45頃。珍しいことに今日はほとんど無風。吹きっさらしの塔ノ岳山頂は風が強いことでも有名なんだけど、今日はポカポカの太陽の光だけを受けて、山頂は温室のような暖かさ。コーヒーを入れてのんびり、いやいつもよりかなり長めの休憩をむさぼってしまったようで・・・・。

ようやく重い腰を上げて山頂を出発したのが11:50。これは花立山荘下の階段を少し降りたところで振り返った一枚。昼過ぎても相変わらず青空が綺麗です。
20130928-06.jpg

途中、こんな黄色い可憐な花を発見。オタカラコウを1/10位に小さくしたような花でした。
20130928-09.jpg

今日の下山コースは、大倉尾根を下って堀山から二俣へトレース、という我々にとっては慣れ親しんだコース。このコースを選択した理由のひとつに、堀山から二俣にぬける道を示す道標が取り外された、という話を聞いたからだ。

で、ご覧のとおり、取り払われていました。道標の右にある木にはなにやら注意書きが・・・。
20130928-07.jpg

はい、こんな注意書きです。やっぱりあれからもまた道迷いした人が出てきたんでしょうか。
20130928-08.jpg

登山道の崩壊等であれば通過するのは遠慮するんですが、そういうことではないようなので、予定通りGo!
以前と特に変わったところはありませんでしたが、一箇所、あたらしく虎ロープが張られているところがありました。植林地帯を一気に下って、右方向に展開して急登を下り、その後少しなだらかになった場所の東側、進行方向左手に、およそ20mほどに渡って張られていました。うーん、ここ間違えて左に進んでいくとも思えないところなんですけどね。

もっとも、道迷いなんていうのは、あとから考えれば「どうしてあの時気がつかなかったんだろう?」というのがほとんど。ちょっと立ち止まって周囲を見渡してみたり、思い込みや先入観をいったんリセットしてあたりを見直せば防げるようなものがほとんどなんですよね。明日は我が身、ではないけれど、こういう事例も他山の石としていきたいものです。

二俣に降り立ったのが13時半、本日も無事下山です。このあたりもススキの穂が膨らみ始めているのがぼちぼち目立ってきていますね。太陽の光を浴びてキラキラ輝いていたのが印象的でした。
20130928-10.jpg

ほぼ半年ぶりの丹沢歩き。ブナの森が葉を残している中を歩いたのはもしかしたら初めてかもしれないなあ。
実はこの日、富士山頂狙い、というのもあったんですけど、諸般の事情で断念。
まぁ高けりゃいい、ってもんじゃありませんからねぇ・・・。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/28(土) 21:49:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<USPA Award | ホーム | 穂高-その6(明神~上高地散策、おまけ)>>

コメント

奥様だけで行ったのかと思ってました(^^;
もうヒルは大丈夫なんですね~(^_^)

堀山から二俣への道は禁止(?)になったんですか、ビックリ!
安易に歩いている人が増えたんでしょうね・・・?

この土日は2日間ともいい天気でしたが
ジャンプはしに行きましたか?

私は昨日、大菩薩領にハイキング行ってきました~
  1. 2013/09/30(月) 12:43:41 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
この週末はDZも休みだったので、むしろ僕の方が連れ出した、といった感じですね。

ヒルはもういないのかどうか・・・・?
でも二俣にはまだヒル注意の看板と塩が置いてありましたよ。

堀山~二俣の道は禁止になったわけじゃないですよ。でも道標が外されたってことは「知らない人はやめておいたほうがいいですよ」って無言の圧力なのかも、です。
  1. 2013/10/02(水) 20:34:30 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/931-b1e6a0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード