FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

穂高-その6(明神~上高地散策、おまけ)

昨日上高地に下山してきたのが10時前、既にのんびりとした一日を過ごしていたけれど、更に上高地で追加の一泊。まぁ、年に一度の夏休みなので、これくらいのんびりでもいいでしょ(笑)。

朝食は午前7時。かまどで炊いたご飯のまた美味しいこと! ふき味噌も絶品。
もうそんなに行動しないのに、朝から食べ過ぎです。
20130907-01.jpg


穂高-その1(上高地~涸沢)はコチラ
穂高-その2(涸沢~穂高岳山荘)はコチラ
穂高-その3(穂高岳山荘~奥穂~前穂~岳沢小屋)ーその1はコチラ
穂高-その4(穂高岳山荘~奥穂~前穂~岳沢小屋)ーその2はコチラ
穂高-その5(岳沢小屋~上高地~明神)はコチラ
穂高-その6(明神~上高地散策、おまけ)はコレ


朝食後、部屋に戻って出発準備を全て整えて階下へ向うと、宿の女将さんとばったり。お礼の言葉を投げかけつつ、しばし話し込んでしまった。たまたま残った宿泊客が我々だけだったこともあったのだろうけど。

やっぱり気になったのが、かまどのこと。すると女将さんの行為でそのかまどを見せてもらうことが出来た。ちなみにここまでうまく話を持っていったのは全て相棒のおかげ。多分年齢も同じ位じゃないかな、なんとなくウマがあうような二人でしたね。

これが昭和初期から使い続けている、というかまど。
20130907-02.jpg

子供の頃、大阪に住んでいた母方の祖母の家にも土間に据え付けられたかまどがあったけれど、その頃の記憶を触発されるのか、随分と懐かしい気持ちが蘇ってくるのを感じる。手間はかかるし、失敗してうまく炊けないこともあったけど、でも何故か「ウマい」んですよね。そんな想い出話も出たりして、ついつい長話に・・・。

こちらはイワナを焼く時に使うもの。直径1mほどある大きなものです。
20130907-03.jpg

結局、宿を出発したのは、「お世話になりましたぁ」と声をかけてから30分以上経ってから。
8時半過ぎに宿を出て、今度は梓川沿いの遊歩道を通って上高地に戻ることにした。

既にこの時刻、上高地方面から歩いてくる観光客とも多くすれ違った。こちらの道は徳澤方面に向かうには遠回りになるので、さすがに登山客はほとんどいない。

ここを歩いている時も、視線は道の両恥をキョロキョロ。もちろんターゲットはきのこ(笑)。
これは多分しめじだと思うけれど、でも採るのは御法度。ここは国立公園内ですからね。
20130907-04.jpg

見覚えのある岳沢登山口の脇を過ぎ、河童橋手前に9時半頃到着。今日の予報は曇り時々雨。既に穂高方面は厚い雲に覆われている様子。これだと岳沢小屋はギリギリ雲の下あたり、かな。
20130907-05.jpg

このあと、梓川沿いを大正池方面にむけてのんびり歩き始める、とりあえず目的地は焼岳の登山口。来月の焼岳行きのために、迷うことのないように偵察に行っておく、のだそうだ。

梓川沿いを大正池方面に進むと、川の流れが大きく右側に曲がっている所があり、そこを過ぎると帝国ホテル・上高地温泉ホテルへの分岐に出る。上高地温泉ホテル方面に行く道に二つの橋があり、ひとつは田代橋、もう一つが穂高橋だ。

ずっと不思議に思っていたけれど、穂高方面がよく見える今の河童橋こそ、「穂高橋」と名づけるべし、と思うのだけれど、観光地的には、もっとも眺めのいい所にあるのが「河童橋」という名前の方がウケやすいのかも。

その穂高橋を渡ってそのまま先へすすむと、西穂高方面への登山口を示す建物が見える。このままくぐって向こう側に登山道が続いている。焼岳への登山口はこの建物の右手方面に進めばOK。
20130907-06.jpg

このあと、”とりあえず”帝国ホテル覗いていくか(笑)、ということで、再び穂高橋を渡って引き返す。
一応、建物の中に入ることは出来ました、はい、格好見て「お客様、ちょっと・・・」と言われることはないです。ギフトショップ覗いて、壁にかかっている立派な絵や写真を眺めて、カフェの前を素通りしてはい、見学ツアー終了~。
20130907-07.jpg

このあとバスターミナルに戻る途中でパラパラと雨が落ちてきました。天気予報通りです。
先ほど目をつけておいた日本酒をおみやげに購入し、沢渡行きのバスに乗り込んだのは11時半頃。
「じゃな、上高地・穂高、またな~!」


ということで、ちょいとおまけの写真を。

つい持ち帰ってしまう箸袋。こんなのは年がバレるかもね(笑)。
穂高岳山荘はオリジナル箸袋なんですね。山のひだやでは夕食と朝食と別デザインのもの、でした。
20130907-08.jpg

左上:穂高岳山荘へチェックインの時に渡されたもの。裏に部屋と寝床の番号が書いてあります。
左下:靴につける札、兼宿泊記念(?)。宿泊記念、兼靴札なのかも??
右:有料の明神池入場券。あそこは私有地なんですかね。
20130907-09.jpg

上の写真左上の、裏側はこんなふうになってます。
20130907-10.jpg

山荘で購入したバッジとか手ぬぐいとか、山みやげグッズ類も多々あるんですけど、まぁそれはいづれまたの機会に。今、せっせとコレクション中~。

スポンサーサイト



  1. 2013/09/23(月) 18:01:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<秋の鍋割・塔ノ岳 | ホーム | 穂高-その5(岳沢小屋~上高地~明神)>>

コメント

奥様は、山小屋のご主人と仲良くなる秘訣を持っているというか、そう思います!
だから一緒にお泊りの時は、いつも楽しく過ごさせてもらってます(^o^)/

上高地、焼岳、西穂独標・・・もう来週だ!早いなぁ(^^;

ところで来月末に穂高連峰のリベンジするかもって聞きましたが
行くなら楽しんできて下さいね~♪
  1. 2013/09/24(火) 12:50:08 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
山小屋にいっても社交的な相棒、オイラとは大違いです^^;

来週の焼岳、もういい加減台風のサイクルからは外れているでしょう・・・・・・・・・・ね^^
  1. 2013/09/25(水) 21:17:23 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/930-a158a333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード