FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

北岳・日本第二の高峰へ-その1

日本第二の高峰、標高3193mの北岳に行ってきました。

20130707-01.jpg


これは下山時に撮影したもので、なんとか雲がとれて北岳の全容が顔をだしてくれたのもわずかな時間だけ。それでも視界が開けた時の小屋前からの眺めは抜群! 苦労して登ってきた甲斐があったというもんです。

7/6(土) 22:30芦安駐車場着(車中泊)
7/7(日) 広河原 6:30 - 8:55 白根御池小屋 9:30 - 11:34 二俣分岐 11:40 - 12:05 小太郎尾根分岐 - 12:48 北岳肩の小屋着

北岳・日本第二の高峰へ-その2はコチラ
前夜芦安の駐車場に着いたのが夜の10時半頃。
そして代替した(?)アコードワゴンでの車中泊(この話はまた別の機会に・・・)。

広河原に向かう朝一のバスは5時半と聞いているけれど、それよりも早く乗合タクシーが出るらしい、ということで、起床は4時。準備を整えてタクシー乗り場に行ったのが4時40分頃だったけど、もうすでに乗合タクシーが10台以上待機していて、しかもかなりの人が乗り込んで出発を待っていた。我々が乗り込んだときには、9人乗りのワゴンが既に5台満席状態だった。まぁ、この時期最も混雑する時期だからねぇ。

満席になり次第どんどん出発するのかと思いきやさにあらず、5時を過ぎても一向に出発する気配がないのは何故??、その理由は夜叉神峠についた時に判明。そう、ここのゲートが空くのがどうやら5時半頃らしいのだ。この日もゲートが開くまで10分程待っていたんじゃないかな。夏の最盛期、もう少し柔軟に対応してくれてもいいのにね。

広河原に到着して準備を整えてさぁ出発!
野呂川にかかる橋を渡る手前で、今回の目的地である北岳が望めるはずなんだけれど、うーむ、けっこうガスってます・・・。
20130707-02.jpg
チラっとみえる雪渓は、トップにおいた写真でみえる大きな雪渓の下部、なんです。こうやってみると、結構低いところまでガスに覆われていたんだなあ、と。ちなみにこのあたり、標高で2200m付近でした。

上りに利用したのは、途中で大樺沢から離れて白根御池小屋を経由して小太郎尾根に至るコース。こちらはうっそうとした山林をぬうようにあがっていくコースだ。
20130707-03.jpg

標高が低いのでお目当ての高山植物の登場はまだまだ先。それでも名前を覚えた花もちらほら見かける。
↓ゴゼンタチバナ
20130707-04.jpg

↓ ? こういう地味な花にも目が向くようになったのは年季が入ってきたせい?(笑)
20130707-05.jpg

↓タカネグンナイフウロ
20130707-06.jpg

相棒のお目当てはもちろん「きのこ」。
このコース、山林内部を通っているだけあって、登山道の脇にもけっこうきのこをみかけるのだ。対照的に大樺沢の脇を通るコースにはほとんど見られない。よって、相棒の軍配はこちらの道に上がったのである(笑)。

最も目を引いたのがこれ。直径20cm近くはあったかな。まるでホットケーキのよう。
20130707-07.jpg

どの位の大きさか、というと、遠目で写してもこれだけの大きさ。デカイでしょ。
20130707-08.jpg

大樺沢沿いの道との分岐から一気に500mほどあがると、道はほぼ等高線沿いに続いている。丁度そのあたりに「急登ここで終わり」なる看板があるけれど、一安心出来るのもほんの束の間。白根御池小屋に着くまで、なのだ。

小屋に到着するとかなりの雨が落ちてきていた。軒下でしばし休憩、少し雨の勢いが弱まるまで待とう、ということになったけれど、このあたりかなりガスに包まれているようで、水分の多いガスが通り過ぎると雨足が強くなり、少ないと薄日もさしてくる。そんな状態が2、3分おきに繰り返すものだから、なかなか出発する踏ん切りがつかない・・・。結局30分あまり、異例のロング休憩になってしまった。

さて、白根御池小屋を出発すると、いよいよ急登の核心部に突入だ。ここからおよそ700mあまりの上りがいよいよ始まる。2万5千分の一の地形図だと、20mの等高線間隔が1mm位しかないのだ。小屋での雨宿り時間が伸びた理由の一つかも?

小屋を出てすぐ右手に道が続いているが、そこにはまだ雪渓が残っていた。この上部はもうガスの中。先の見通せない登りの始まり~。
20130707-09.jpg

この斜面、「草すべり」と呼ぶのだそうだが、植生に富んでいて歩いていても退屈しないのがいい。
ゼンマイが大漁、じゃない、大量! 芽がでたての頃ならお腹が鳴っているかも・・。
20130707-10.jpg

あれ、稜線か?と思われるのをいったい何度見たことが・・。
鹿による食害を防ぐための柵が現れると、ほどなく二俣からの道との合流点に到達。

ダケカンバも花を咲かせていた。
20130707-11.jpg

合流点から小太郎尾根までは、ここもまた高山植物の宝庫のようだ。

↓コイワカガミ
20130707-12.jpg

↓名前は? 新芽が美味しそう美しい。ミニタラの芽みたい。
20130707-13.jpg

↓タカネナデシコ
20130707-14.jpg

にょきっと生えているのはバイケイソウの新芽。このあたりではまだ芽が出たてだった。
その後ろは、まだつぼみが小さいシナノキンバイ。
20130707-15.jpg

ようやくきつい登りも終わり、小太郎尾根との分岐に到着。稜線がみえたときにはホッと一安心。もうあとは緩やかな道が残っているだけだ。

稜線に出でもやっぱりガス、ガス、ガス! 雲の上に出るかもしれない、という僅かな期待も木っ端微塵に打ち砕かれたのだ。おまけに風も強かった。標高はおよそ2900m、さすがに3000m近いだけあって、ガスの中での強風下ではかなり気温も下がっていた。ストックを持つ手が少々冷たく感じたほどだった。

天気がよければ、360°のパノラマが広がっているハズなんだけど、この日はご覧の通り。
20130707-16.jpg

風も強いし手も冷たい。周りは何も見えないけれど、このあたり一面にお花畑が広がっているのだ。その素晴らしい光景は「その2」でお楽しみ頂くとして、こんな悪条件下だったけれど、結構写真を撮るために立ち止まったりしていた。もっとも、かなりヘバっていたので小休止も兼ねていたけれどね。
20130707-17.jpg

まるで人がアレンジしたようなミヤママンネングサ(かな?)。これ、幅30cm、長さ60cm位あるんです。
20130707-18.jpg

まだ小屋は見えません・・。
20130707-19.jpg

このあたり、「小屋まであと2分」の看板があったかな?
20130707-20.jpg

12時48分、ようやく到着。広河原から6時間8分、まぁこんなもんでしょう。
20130707-21.jpg

小屋に着いて受付を済ませたあと、ひとまずコーヒーを入れて一服。
そのあと周辺を少し歩いてみたけれど、小屋の周りも花が沢山、天気が良かったら、花のスケッチなんぞしてみたらいい時間つぶしになるかもしれないね。

葉っぱが人参にそっくり(って、食べ物に例えてばっかりですが・・・)
20130707-22.jpg

イワベンケイ。
20130707-23.jpg

ハクサンイチゲ。葉っぱが春菊に似ている、というふうに覚えてる(笑)
20130707-24.jpg

小屋下の雪渓の雪で、相棒は久しぶりの雪だるま制作。が、風が強くてこの写真を撮った直後にばったりと倒れてあえなく崩壊。相棒は一枚しか写真に撮れず、あーあ・・・。
20130707-25.jpg

この日、NHKの「日本百名山」の取材スタッフが上がってきていて、小屋や宿泊者の様子をカメラにおさめていました。さすが業務用のカメラと三脚、お値段も相当のものだろうなぁ、とついつい目がいってしまいました。もしかしたら放送でチラっと写っているかも!?(笑)
20130707-26.jpg

この日、今年の2月に北横岳でご一緒した埼玉県在住の方とばったり再開。多分そうだよなぁ、と思い声をかけてみたら、先方もすぐに思い出してくれたようで「あ、一緒に鍋つつきましたよね」。

富士山の写真を撮るのが趣味だけれど、遠方から見た富士山の姿が好きだ、とのこと。特に北岳から見る富士山が好きなんだそうで、もう30回以上訪れているそうな。

こんな風に、山で知り合った人とばったり別の山で再会、っていうのも山登りの楽しさの一つなんですよね。

結局この日はガスは全く晴れず、夜になっても一向に晴れず。
標高3000mからの満天の星空を期待して担ぎ上げた三脚、またしても「今回使わなかったもの」リストに挙がってしまったのでした。

さて、明日はガスが切れてくれるかな。

つづく。
スポンサーサイト



  1. 2013/07/11(木) 23:29:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<北岳・日本第二の高峰へ-その2 | ホーム | 本日はココ>>

コメント

北岳日記、待ってました(^_^)!

先週末は快晴だと思っていたけど
山はどこも曇りや雨、霧、強風だったみたいですね(^^;
でも色々な高山植物があるので楽しめますよね~

百名山の放送日はいつなんでしょうか?

それと前に会った人と再会なんてすごい偶然!
  1. 2013/07/13(土) 12:24:50 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
お待たせしました^^
えー、その2はもう少々お待ちを(苦笑)。

百名山の放送日は全然わからないんです。マメに番組表をチェックしておいてもらえますか?(笑)

「他の山でばったり」、こんな話はよく聞くんですが、自分には無縁だな、って思ってたんですけどね。「ばったり」のデビュー戦でした^^
  1. 2013/07/15(月) 22:55:00 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

雪だるま崩壊、切ない…。

にしてもおいしそうなものいっぱい撮りましたね!笑
キノコは見るからにヤバそうな色。
食べられないヤツですよね?
  1. 2013/07/16(火) 22:35:57 |
  2. URL |
  3. タカコ #-
  4. [ 編集]

タカコさん:
みんな美味しそうに見えたのは、幻覚だったわけではない、と思いますケド(笑)

あのデカきのこ、名前まだわからないんです、故、毒きのこかどうか、も・・・・。

そういえば、DZのランディングエリアに生えていたきのこ、あれは毒モノだったのかなぁ?

  1. 2013/07/17(水) 22:14:15 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/916-c01b0fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード