FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

ロシアトンネルキャンプ-その1

2/16(土)~20(水)の日程でTSC主催のロシアトンネルキャンプに行ってきました。

20130216-000.jpg

うーむ、しかしこれだけ写真を撮らなかった旅も珍しい・・・。
いつもなら街の看板や目に付いたものをバシバシ撮りまくるんだけど、どうも今回は勝手が違ったようで、いつものようなカメラマン魂は眠っていた様子。別に寒かったから、というわけではないんだろうけどね。

ロシアトンネルキャンプ-その2はコチラ
昼過ぎのアエロフロート便でロシア・シェレメーチェヴォ空港に着いたのが夕方6時半過ぎ。
ちょっと風貌がボンネットバスっぽいマイクロバスに全員乗って一路ホテルへ。

と思いきや、最終日もほとんど時間がないため、行きしなに赤の広場にでも寄りましょうか、ということで、この旅最初にして唯一の観光タイム。

いやぁ、寒かったのですね。風がないのが唯一の救いだったけど、ジーパン一枚の下半身は凍るんじゃないかと思ったくらい。でもマイナス10℃までは行ってなかったかな・・。

事前リサーチ全くゼロだったので、「こんなのだっけ?」という想いが頭を離れなかった。なぜか天安門広場の様相と勘違いしていたようだ。

夜の9時過ぎ。広場にはスケート場もオープン。まだまだ人は多かった。
20130216-01.jpg

20130216-02.jpg

20130216-03.jpg

お決まりの一人撮り。
20130216-04.jpg

10時前に広場を出発して、トンネルにちょっと寄ってホテルに着いたのが11時半頃。案の定というか、周りには店らしきものは皆無。空港でチョコレートと飴買っておいてよかったと密かに安堵したりする。このふた品は、山でも緊急用として手放すことが出来ない品なのだ(って、山に行ったわけじゃないのにね)。

賢いお方はカップ麺を持参していたり、アルファ米(おこわ、赤飯などいろいろ種類有り)を持参したり、とみなそれぞれ自己防衛してました。

泊まったホテルは一泊700ルーブル(2000円以下)というお手軽ホテル。作りが変わってて、廊下に面したドアを開けるとさらに前方左右両方にドアあり。このドアを開けるとそこがベッドルームになっている。ベッドは小さかったなあ。
20130216-05.jpg

廊下に面したドアを開けて右側にシャワールーム、左にトイレと洗面所、という作り。ツイン・ツインルームとでも言ったらいいのかな? 冷蔵庫は随分とでかいやつが片方の部屋にある。ウケたのがベッドサイドの引き出しをあけたら食器が入ってたこと。自炊設備はないけれど食器だけは用意してくれている、というのがロシア風のもてなしなのかな?

ホテルの玄関の前。降り積もった雪は寒さでしっかりと固まっていた。
20130216-06.jpg

翌17(日)、朝8時半に宿を出発。トンネル側が手配してくれたタクシーに分乗していざトンネルへ。小雪パラつくなかでも平気で120km位でぶっとばして行くもんだから、助手席に座るとまぁ緊張すること。車に乗ること10~15分程でトンネルに到着。

朝9時だってのにようやく日の出です。
20130216-07.jpg

冒頭に載せた写真は元々ある建屋で、そこにあるのはレギュラーサイズのトンネル。そして奥に増築された方にあるのがラージサイズのこのトンネル、そうシンガポールと同じサイズ。もうこのサイズが自分たちの中では標準となりつつあるけれど、慣れって怖いですな。

ここロシアのトンネル、寒冷地だけあって完全な循環式だそう。しかもヒーターがついているらしい。最終日なんかはいっとき31℃まで上がってたのにはびっくり。さすがに汗かきましたね。
20130216-08.jpg

二つの棟はこんな渡り廊下でつながっているので行き来はとっても便利。「中では半袖でも大丈夫だよといっていたのもあながち嘘ではありませんでした。
20130216-09.jpg

今回のトンネルキャンプ、一応一人当たり90分少々の時間割り当てがあったけれど、ベリーで飛んでいると誰かとペアになって飛ぶことも多いし、スタッフとしても同行している以上、初心者と入ることもしばしば。今回入った時間はこんな感じでした。

初日:10時~11時半、15時半~17時、19時~20時半、21時~22時半
二日目:10時~10時半、12時~13時半、15時~16時半、17時~18時半、20時~21時
三日目:11時半~13時、13時~14時半、14時半~15時半

最終日、空き時間ないじゃん・・、はい、そのとおり(苦笑)。
予定では14時半からの最終セッションは入ってなかったけれど、ベリーフライ組のメンバーと4wayをやるために、もう一人のスタッフと連続で入ってました。さすがに後半になるとバテてきて、途中(30分前)で退出させてもらいましたけどね。


さてコイツ。みてのとおり、アメリカンチェリーの生ジュース。サイズはおよそ一リットル。「これ、美味しいよ」とオススメされて買ったけれど、うーん、確かにアメリカンチェリーのジュースでしたが、食べるのと飲むのとでは大違い。とはいえ、貧しい食生活ゆえか、ハードなトレーニングスケジュールゆえか、結局一日でひとパック飲み干しちゃいました。こんなもん毎日飲んでたら一発でアウトや・・・、と思い、以降は手出しせず。冷えてたらもっと美味しく飲めただろうね。
20130216-10.jpg

早朝のホテル前にて。たぶん、きっとダイヤモンドダスト。空は晴れてて星が見えていたから。
うまく撮れずにこれだけで10回以上シャッター切ったけど、こんなもんしか撮れませんでした。
20130216-11.jpg

こちらは手すりに積もった雪。乾燥しているせいか雪の結晶まで肉眼で見えそうなくらい、とっても繊細な雪質だったのが印象的でした。
20130216-12.jpg

最終日の出発前にかろうじてお腹に入れることが出来たボルシチ。トンネル内のカフェで頂きました。もしここが韓国なら間違いなくこれはユッケジャン、ってくらい赤かったけれど、味はなかなか、疲れた体にもぴったり、な一品でした。
20130216-14.jpg

終わるのが遅い時間で、晩飯は?というとせいぜいスーパーに寄ってもらって何か買って帰るのが関の山。それとて、通訳を介して運転手に伝えてもらわないといけない。そのあたりがもっとも不便なところだったかな。空き時間も二日目でも1時間半あるので、何人かが代表して買い物に行ってくるとか、次回もしここロシアでのキャンプがあるならもう少し快適に毎日が過ごせるようになると思う。もっとも、ロシア語に堪能なメンバーがいる事は必須だろうね。

三日間のうち、まともに食ったものといったら、
初日:昼にカフェでオムレツ。卵三つベースにベーコンやマッシュルームなどトッピングが選べる。
二日目:昼に買い出しにいったメンバーが買ってきてくれたチキン丸焼きをシェア。
三日目:最後のセッションを出たあと、カフェでボルシチ

くらいか・・・。主食はスーパーで買った惣菜系(ハム卵サラダ系)、副食はチップス&チョコレート(爆笑)。買い物上手な方々は、サンドイッチが主食だったようです^^。


帰路、飛行経路によっては流氷が見られるかなぁ、と思ったけれど、残念ながらもっと南を通過。見えたのは素敵な雲海だけ・・・。
20130216-13.jpg

唯一購入したおみやげのマトリョ-シカ。もっと10体位ある派手な奴が欲しかったんだけどね。
20130216-15.jpg

左端の一番大きいのが高さ15cm位。中に入っていることを考えると、このくらいの比率が限界なのかも。

トンネルオンリーの旅とはいえ、まぁほんと「どこ行ってきたんだろ?」って感じのロシア三泊五日のキャンプでした。

その2では、自分なりに考えたトンネルの効果的な利用法等について少し喋ってみたいと思う。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/22(金) 21:29:09|
  2. スカイダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ロシアトンネルキャンプ-その2 | ホーム | 久しぶりのきぼう>>

コメント

ロシアの街並み綺麗ですね!

ロシアのトンネル、行ってみたい(^^)
飛行機には何時間乗ってたんですか?
  1. 2013/02/23(土) 13:35:06 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

ロシアのトンネルに行ったら、痩せられたかしら??っていう食生活でしたね。でも、ボルシチ、おいしそう。(^o^)
  1. 2013/02/23(土) 16:38:01 |
  2. URL |
  3. ぱんだ #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
街並みについては実はあまりよく観ていない・・・・(苦笑)。でもモスクを連想させる建築物は結構目につきましたよ。

フライト時間は行きが10時間半、帰りが9時間半、でした、長っ!

ぱんださん:
あはは、帰国して測ったら3kgほど痩せてましたよ。ボルシチはあれ何が入っているんだろ?? ちょいとパクチー系の香りがしたんですよ。あれになにかもう一品つけたらお腹も膨れて大満足、ってやつでした。
  1. 2013/02/23(土) 17:08:11 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/887-eb4dbbd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード