FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

金峰山ーその1

2013年の初山登りは金峰山でした。

金峰山ーその2はコチラ

金峰山小屋前から稜線を仰ぎ見る
20130102-00.jpg

いつもなら東富士周遊道路を須走ー河口湖まで走り、そのまま中央道に乗り大月JCT経由という高速道路一本道のルートを使うのだけれど、笹子トンネルの事故があったのでそちらは回避して、久しぶりに河口湖大橋を通って御坂を抜ける、というルートを使ってみた。一番驚いたのが河口湖大橋を渡ったあとに新たな道が開通していて、御坂峠の麓までの旧ルート・信号たくさん渋滞箇所を一気に通り抜けることが出来たこと。このおかげで所要時間は一気に縮まった感あり。特に夕方等交通量の多い時間帯の効果は絶大かと。もっともルート沿いの食べ物屋さんなどは大打撃だろうけど。

結局、河口湖で降りて一宮御坂で再び中央道に乗るまで30分程度しかかからなかった。これは大月JCT経由の高速乗りっぱなしコースとほとんど変わらないタイム。うーむ、これからは下道使ってもいいかもしれない。

さらにどこでチェーンをつけようか迷うだろうなぁ、と思っていた川上村周辺も道路上にはほとんど雪なしで、結局、廻目平キャンプ場までノーマルタイヤのままで到着。朝5時過ぎに自宅を出発して予想外の8時半に到着。まぁ、早く到着する分には全く問題無いんだけどね。

そんな具合で、駐車場まではすこぶる快調、その反動がどこかでやってきやしないか、と気を引き締めるというか、やや臆病な面持ちで出発~!

ご覧のとおり、キャンプ場にもほとんど雪は無し。
しばらくはこの林道沿いに歩いていくことになる。一般車はここまでしか入れない。
20130102-01.jpg

写真じゃわかりづらいけれど、わだちのところはカチンカチンに凍った状態。なので両端や真ん中の雪のあるところを選んであっちへいき、こっちへ行き・・・。所々、雪が全くなくて全面氷なんてところもあったりで、結構おっかない。上りはまだいいけど、帰りもこんな状態だったら迷うことなくアイゼン装着(実際そうなった)。
20130102-02.jpg

この林道歩きにほぼ一時間。林道の終点からさらに20分ほど歩くと分岐点に到着。
20130102-03.jpg
明日の下山路に大日岩の方を回ってこようかと思ったけれど、標識の八丁平方面には全くトレースがなかったので、このプランはパス。無雪期に一度でも通ったことがあればまだしも、全くの初ルートとなると無謀極まりない、というもの。

この分岐を過ぎるといよいよ登りもきつくなってくる。周辺の雪もいい感じで積もっていて、静かな冬の林の雪歩きが楽しめそうだ。
20130102-04.jpg

なんて呑気な事を思ってたのは最初だけ。徐々に身体が重たくなってきて、おまけに足に乳酸が貯まる感じが来るのが早いの何の! やっぱり12月に一度も山歩きしてなかったのが響いているようだ。対照的に相棒の足取りの軽いこと! 途中何度が振り返られたのが悔しい悔しい(苦笑)。

先の分岐点から一時間後にようやく中間地点と呼ばれる所に到着。ここはちょっと西側の眺望が開けていて、そこから見える瑞牆山に心身ともに癒される思い。ちょいとザックをおろして小休止&エネルギー補給をする。
20130102-05.jpg

しらびその生える森の中を更に進んでいく。もう前は見ないでひたすら足をすすめるのみ。下はご覧のとおりの圧雪路で歩きにくいことはない。もちろんツボ足で突き進む。たまに前を見るとなんとなくそろそろ近づいてきたかな、という雰囲気はあるけれど、腕時計の高度計を見るとまだまだあと200m程は登らなくちゃいけない、ふー。
20130102-06.jpg

「金峰山小屋まであと20M(多分標高差?)の標識があり、俄然元気が出てくる。気温も結構低くなってきているようで、このあたりのしゃくなげもこんな感じで氷の衣装をまとってすっかり冬ごもり。
20130102-07.jpg

ん?なにやら薪の焦げる匂い?と思いきや突如視界が開けた先には見覚えのある岩峰が目に入ってきた。金峰山小屋に到着~! 結局駐車場から三時間半もかかってしまったのでした。
20130102-08.jpg

小屋に着いたのは12時半。いったん荷物をおいて小休止したあと、ちょいと迷ったけど山頂へ行くことにした。明日の天気もなんとなく怪しそうだし、時おり太陽も顔を出してくれる今のうちがチャンスかもしれない。

さて、ここからはマイナス10℃を下回る気温と20mを越える強風が作り出す雪と氷の芸術をどうぞ。
(小さめの画像のものは全てクリックすると拡大表示します)

小屋の目の前にある木。葉を落とした枝にぶっとい氷が「生えて」ます。風が吹くとこれがぶつかり合って音楽を奏でるんですね。まるで、ほら赤ん坊をあやすあれ(なんていったっけ?)のよう。
20130102-09.jpg

瑞牆山荘側から登ってくるとあの稜線上を歩いてくるけれど、風が強くて難儀しそうです。
20130102-10.jpg

もう言葉もありません。
20130102-11.jpg

岩にもびっしり!
20130102-12.jpg

山頂の道標にもでっかいエビのしっぽでできてます。これ、20cm以上に成長してます。
20130102-13.jpg

金峰山というよりは秩父のシンボルでもある五丈岩もご覧のとおり。
20130102-14.jpg

山座同定板にもびっしり。これ、直径は1m以上あるデカイやつです。
20130102-15.jpg

五丈岩の目の前にある鳥居もこんな風に。ここで新年のお参りを済ませました。
20130102-16.jpg

山頂はやっぱり風が強く、おおよそ風速15~20mといったところ。気温そのものはマイナス8℃でしたが、この風で体感的にはマイナス15℃以上! 手袋を外すと10秒もしないうちに指先の感覚があっという間に失われていく世界です。長居は無用、とばかりに10分ほどで退散。

真っ白な斜面に立ち並ぶ樹氷。幻想的でさえあります。
20130102-17.jpg

これ、しゃくなげの先端部に氷が張っているんです。雪の上に出ている部分に氷が徐々についていって玉っころのようになってます。
20130102-18.jpg

ハイマツもこんな風に!
20130102-19.jpg

はい、きりたんぽお待たせ!(笑)
20130102-20.jpg

ツボ足の会としてはやっぱりこうでなくっちゃ。小屋から山頂へもツボ足で行ってきました。あ、一応ストックは持ちましたけどね。斜面は凍っていない状態で割としっかりとした圧雪状態なので、下りも大きく滑ることはなく、十分に制御可能な範囲でした。この位の雪質だとほんとに歩きやすいです。
下に見える白い板状のものは小屋の屋根です。
20130102-21.jpg

そんな様子を偶然捉えた一枚・・・・・(笑)
20130102-22.jpg

太陽の出ている時にこれもお決まりの一枚。
20130102-23.jpg

小屋に戻ったのが午後二時過ぎ。このあとはもうまったり。
時間が経つにつれて徐々に小屋に登山者が到着しはじめ、最終的には宿泊者20人になって賑やかな夜になりました。

今回は星空撮影も狙って三脚も担ぎ上げましたが、夕方前から雲が広がってきてしまい、結局星を拝むことは出来ずじまい・・・。持ってくると天候に恵まれず、もって来ない時に限って綺麗な星空が広がっている、いつもそんなことの繰り返しでした。今年は少し心を入れ替えて、「常に持参」をしてみようかと。山の風景と組み合わせた星空写真をもう少し追求してみたいな、と思ったのがこの晩でした。

つづく。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/04(金) 23:29:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<金峰山ーその2 | ホーム | 本日はココ>>

コメント

氷が奏でる音、聴いてみたい。すごく透き通ったいい音なんだろうな~。

しかし、天然きりたんぽが山にあったとは!!(違
  1. 2013/01/04(金) 23:47:21 |
  2. URL |
  3. タカコ #-
  4. [ 編集]

タカコさん:
確かに、山の上にはそぐわない(?)と感じるほどの、透き通った音色が響いていました。しばらくの間、聞き惚れてしまいましたが、凍てつく冷たさで我に返って・・・(苦笑)。

本場のきりたんぽと違って、どえりゃー冷えてます^^

こんな雪と氷の芸術を間近に楽しめるのも冬山ならでは、の楽しみなんですヨ!
  1. 2013/01/05(土) 23:17:34 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

>河口湖大橋を通って御坂を抜ける、というルート
って137号線の事ですか?(違うかな?(^^;)

金峰山って別ルートで2回登った事あるんですけど、
BKさん達が歩いたコースは登った事ないです・・(^^;
神奈川県からだと車では一番奥っていうか一番遠いような?

この冬は簡単な雪山に行ってみたかったけど、
金欠なのでまた来年以降のお楽しみにしておきます(TT)

  1. 2013/01/07(月) 23:50:30 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
そうです、137号線です。

金峰山へのルートは三つ、瑞牆山荘から、大弛峠から、そして北側の廻り目平から。今回の廻り目平からのルートは、神奈川からは一番通りですね。それが一番ネックかな。

また「雪のある山」を楽しみましょ^^
  1. 2013/01/08(火) 22:23:33 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/876-6663cf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード