FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

ふたご座流星群

当初のプラン・・

極大が13or14日。
14日は金曜日、翌日はDZ。ならば前日夜にクラブハウス入りして、DZで流星観察するか!

この日が近づいてくる。
どうも天気が怪しい。そして極大は14日の午前8時=観測には13日深夜が都合がいい・・・

そんなわけで、近場で観測値を探すことになったのである。
この話の続きは後回しにするとして(笑)、まずは一番明るくみえたやつを一枚。
20121213-01.jpg

時刻は午前4時前。
視界の端に飛び込んできためちゃくちゃ明るい流れ星。
「うわっ、カメラの視野から外れたかこれは・・・・」とすっかり諦めモードで確認してみると、ご覧のようにかろうじて隅っこに捉えてくれてました。周辺の星の明るさ・大きさと比較しても飛びぬけているのがおわかりかと。この時実は三つほど同時炸裂してたんです。あんなのは初めて見たなぁ。

で、話は戻って14日未明。時刻は午前一時半すぎ。
前日11時半過ぎから一眠り。向かう先は箱根大観山。ターンパイクを登った終点にある駐車場がその第一候補地点。うまくいけば、富士山に注ぐ流星が撮れるかもしれない、と考えたから。

もう一つは、出来るだけ暗い空が欲しかったから。
先週クラブハウスに泊まった時、夜空を見上げて改めて感じたのが、「自宅近辺はやっぱり空が明るいんだなぁ」ということ。DZ周辺は背景の空がより暗いので、相対的に星の輝き具合が平塚周辺とはまるで違うのだ。これ、流星観察には圧倒的に不利。そもそも流れ星って一瞬、長くても1秒あるかないか、ってとこなので、長時間露光してもダメ。暗いのはカメラでは捉えきれないのだ。

ところが、ターンパイクの入口まで来て愕然、なんと入口が閉鎖されていた。無情にも「本日の営業は終了しました」とさ・・・・。既に無料開放されているけれど、夜間は通行止めにされているらしい。まぁ、高速ワインディングロードなので暴走族の出現を警戒しているのかも。

そんなわけで車をUターンさせ小田原厚木道路へ乗り入れた。
向かう先は地元のゴルフ場。そこなら周辺に邪魔になる灯りのないところがありそうだし、ということで狙いをつけていた第二候補地へ向かう。

そんなこんなで適地を見つけてカメラをセッティングした時には既に二時半を過ぎてました。
このカメラをセッティングしている時って一番緊張するんですよ。なぜかというと「今、明るい流星がきたら嫌だな・・・・」(笑)。

それにしても今年はほんとに当たり年だったようで。
DZで観察していたメンツが「2時間で89個」なんて言ってたように、退屈しない流星観察ができたようです。数を数えるのは忘れてしまったけど、ほぼ2,3分に一個の割合で肉眼では見られたんじゃないかな。

撮影の方は、10秒露出でほぼ途切れなく。たまにシャッターが閉じて、次の一枚を押すまでの間隙を縫うように流れたこともあったけど、半分以上はカメラの範囲外だったけれど、それでも半分はカメラの視野内に入っていたと思う。

「お、流れた! どれどれ・・・」
そんな感じでカメラの液晶モニターを再生して確認すること数度。
ところが、実際にモニターで確認出来たのはごくわずか。やはりカメラにとっては流れ星って暗く苦手な被写体なんだな、ということを再確認。もっと感度を上げて、もっと暗い場所で撮影したら倍くらいは写せたかもしれない。

結局、320枚撮影(1分に4枚、一時間半ほど)して、写っていたのはたったの6枚。
うち2枚は割と明るいやつだったので、非常にクリア。残りの4枚はほんと暗い! よぉく目を凝らさないと見過ごしてしまうほど。肉眼の凄さを再認識です。

で、下の一枚。800x530のサイズで表示できます。中央やや下に写っているのがわかると思います。
20121213-02.jpg
肉眼ではもっと長く見えてたんですが、カメラだと一定以下の暗いところ=流星のあたまとしっぽ、が映らないんです。これ、見たときは結構明るいなぁ、と思ったけれどそれでもこんなもん。

あまり感度上げすぎるとザラついてきちゃうので、そのあたりが難しい所。

翌日、ネットのニュースで見た一枚は、スカイツリーと流星とのコラボ写真。
夜景がくっきりと写っているので、この時の流星は相当明るかったものでしょう。
多分これも何百枚と撮ったうちの一枚なんでしょう。
「この一枚」を残すための努力って、やはり生半可なものではおぼつきませんね。

さて、次回また頑張るか!
スポンサーサイト



  1. 2012/12/15(土) 17:14:32|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<季節が? | ホーム | 対決>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/870-9b38effa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード