FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

空木岳ーその1

7/29,30の日・月で、中央アルプス・空木岳に行ってきました。
木曽駒ロープウェイで一気に2600mまで上がって行きは楽チン、なんて思ってましたけどとんでもない!
さすが中央アルプスの稜線、手応え十分でした。

木曽駒ロープウェイ夏時期とえいえば、ロープウェイ待ち2~3時間、というのも珍しくない。コースタイムで6時間半ということは全行程では7時間半位。となると出来るだけ早い時刻に千畳敷を出発するにこしたことはない。菅の台発のバスの始発は朝5時。でも、朝の4時半にはご覧の通りの行列が!
20120729-01.jpg


前日の夜中0時半過ぎに駐車場について3時間ちょっとの仮眠後の出発。
さすがに少々体が重たかったけれど、上にあがればどっかいってくれるかな、と楽観的な気分でバス待ちです。

7/29(日)
5:15 菅の台 ー 5:45 ロープウェイ山麓駅 6:15 ー 6:23千畳敷 6:50 ー 7:21 極楽平 7:26 ー 8:36 濁沢 ー 9:54 檜尾岳 10:12 ー 11:40 熊谷岳 11:57 ー 13:14 東川岳 13:29 ー 13:50 木曽殿山荘着

なかなか変化に富んだ稜線歩きの初日。写真も多くなってしまったので今回は1日分を二回に分けて、計4回で。
ヨセミテ15連投の疲れもようやく癒えてきたようです^^

空木岳ーその1はコレ
空木岳ーその2はコチラ
空木岳ーその3はコチラ
空木岳ーその4はコチラ



ロープウェイの山麓駅でもらった整理券は94番。60人乗りなので1回の待ちで乗れたことはかなりラッキー。というのも、菅の台のバス停が始発というわけではなく、駒ヶ根からのバスが既に何本も通過していたからだ。千畳敷に降り立ったのは6時半前、これなら少し高度順応の時間をとっても7持前には出発出来る、と皮算用。

そして、いままでライブ映像でしか見たことの無かった青空をバックにした千畳敷と宝剣岳の姿が視界に飛び込んできた。まるで大きな写真を目の前にしているかのような光景だ。こんな景色を前にしてすぐに出発するのはもったいない・・・・。
20120729-02.jpg

ロープウェイを降り立った
人の9割は右方向の千畳敷カールに向かうが、我々は左手斜面。このあたりは有名なお花畑だ。準備運動も兼ねてゆっくりと登っていった。
20120729-03.jpg

とまぁ、あっちこっちに白や黄色の花がたっくさん!
右上のピンクの花はコイワカガミ、まだかろうじて残ってくれていたようだ。
右下は葉の形をみるとチングルマのようにも見えるんだけど・・・。
20120729-04.jpg

稜線上の極楽平に到着。ここで北方面に行き、宝剣岳を経て千畳敷カールへ、という周回コースをたどるハイカーは多い。ここに登ってきた人の9割はほとんどが下の写真の北方向に向かっていった。
20120729-06.jpg
中央付近にみえるややとんがった近場のピークが宝剣岳。その左に見える奥のピークが木曽駒岳。

残った南方向に向かう人たちはおそらくほとんどが木曽殿山荘泊りの人たちであろう。事実、何組か見覚えのある人達がと山荘で再会したのだった。しばらくはゆるいアップダウンはあるけれど、歩きやすい稜線が続く。外界の35°を越える暑さもどこ吹く風、ちょうど良い位の風が通り抜けるこの時間帯の稜線歩きは快適そのものだ。
20120729-05.jpg


名前が出てこない・・・。岩の合間に咲く青い花がとっても印象的。リンドウの仲間だと思うけど。
20120729-07.jpg

こちらは有名なウスユキソウ。中央アルプス特産種のヒメウスユキソウかどうか、は・・・・?
20120729-08.jpg

この時間帯(朝8時前)、まだ南方もガスに包まれることなく遠くまで見渡せた。目的地の空木岳(明日だけれど)は、最も遠くに見える少し霞んだピーク。その手前の鞍部までまだ相当あるじゃないの!
20120729-09.jpg
とりあえずは手前二つ目に見えるピークである檜尾岳がターゲット。あそこまで約二時間というところか。

岩場に生える高山植物に目を奪われますね。
20120729-10.jpg

背の低いシャクナゲも。このあたりのシャクナゲは葉っぱがとても柔らかいです。一部ですが花もまだ残ってましたね。
20120729-11.jpg

ハイマツの間をぬうようにして登山道が続く。かなり足元は岩も多く、知らず知らずのうちに足にダメージを負うことも多いようだ。
20120729-12.jpg

こんないわばの麓を超えてみたり・・・・。
20120729-13.jpg

ハイマツの急斜面をトラバースしたり・・・。
20120729-14.jpg

パっと見、どこ通るんだ?と思えるような痩せた花崗岩の尾根を越えて・・、とまぁほとんどフィールドアスレチック寸前。
20120729-15.jpg

奇っ怪な形をした岩を見ては、「これ何に見えるかな?」と想像力を働かせてみたり。
20120729-16.jpg

時には足元の高山植物の花の美しさに目を奪われ・・・。
20120729-17-01.jpg
下の写真、セリの一種ですけど、もしかしたら毒セリかも。

ようやく目指す檜尾岳が目の前に。一度鞍部に急降下してから登り返します。その標高差200mほど。
20120729-18.jpg

時には背丈以上もある場所を抜けて・・・。
20120729-19.jpg

あの先がピークかな、と偽ピークに3~4回ほど騙されて・・・。
20120729-20.jpg

ようやく檜尾岳山頂に到着。極楽平から約二時間半、ありゃりゃ、コースタイムを30分近くオーバー。もっとも、途中でたっくさん写真撮ったりしてましたからね。
20120729-21.jpg

ここがこの日の行程のほぼ中間地点。歩き始めてから約3時間、それでもまだ半分とは・・・。
やっぱり中央アルプス、スケールが違いますね。

その2に続く・・・。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/04(土) 22:29:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<空木岳ーその2 | ホーム | 自作>>

コメント

写真見てるだけで、一緒におともさせていただいている気がします。なんともサイコーの景色ですね。行ってみたいですぅ~~♪
  1. 2012/08/04(土) 22:46:02 |
  2. URL |
  3. ぱんだ #-
  4. [ 編集]

ぱんださん:
木曽駒のロープウェイを使って、途中まで行って・・、というパターンならぱんださんでも楽しめると思うよ。是非行ってみて!
  1. 2012/08/05(日) 23:13:18 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

千畳敷へは2回行ってるので、雰囲気は分かります!
景色を楽しみながら、写真を撮りながらのゆっくり歩きは、いいと思います(^^)
  1. 2012/08/06(月) 12:37:16 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
ほんとはもっとゆっくりのんびり行きたかったんですが、なにせ行程が長いもんで・・・^^;

いっぺん、ホテル千畳敷に泊まって出発~、なんてやってみたいですね。
  1. 2012/08/07(火) 21:03:58 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/830-4c3ae49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード