FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

北横岳

この日程で北横岳に雪を楽しみにいくことはもうだいぶ前から決まっていたけれど、二週間前のドカ雪で一気に積雪が増えテンションも上がってきた・・・・、がその後、積雪情報は全くなし。さて、どんなもんかなぁ・・・・。

ロープウェイを降りたすぐそこでも快晴。やっぱり雪には青空がよく似合う。でも、気のせいか雪少なめ?
20120205-01.jpg
(気のせいじゃなかったようで)

5:34 自宅発 - 8:50 ピラタス蓼科PA着 9:40 - 山頂駅 10:15 - 10:56 雨池山 - 12:07 三ツ岳(最も南のピーク) 12:20 - 12:50 西のピーク 13:10 - 13:45 北横岳ヒュッテ

「北横岳2012 早朝の晴れ間」編はコチラ  
北横岳へはこれが三回目、いづれも北横岳ヒュッテの泊だけれど、今回の目的はいくつかあって、
・スノーシュウハイク
・樹氷、霧氷撮影
・雪景色の中の日の出撮影
というところだったけど、スノーシュウは翌日に計画していたけれど、天気予報が悪かったのであっさり断念。

二番目は。カタイでしょ、と思っていたら、その後の積雪なし、が響いてご覧のとおり。

最後の砦として残ったのが三番目の日の出撮影だけれど、今からそれを気にしても始まらないので、とりあえず青空に感謝しながら、例のごとくツボ足で歩き始める。

廻りはスノーシュウ履いたり、アイゼンつけたりしてる人がほとんど。というか、ツボ足で歩いている奇特な奴らなんていやしない(苦笑)。途中、スノーシュウハイクの集団を見かけたけれど、あれも結構楽しそう。今日のハイクでは岩場も結構あるので敬遠したけれど、あとから振り返ってみると、雨池山や三ツ岳の急登部では意外とつかえたんじゃないかなぁ、と。

ここが雨池峠の分岐点。正面になんとなく見えているのが雨池山。標高差はさほどないけど、あれ?トレースがない・・・・。気にしてもしょうがないので、レッツゴー!
20120205-02.jpg

いやいや、結構キツかったな・・・
斜度そのものは大したことないけれど、雪がフカフカ、柔らかすぎ。
ちょっと左右に外すとズボズボズボッと簡単に腿まで埋ってしまうのにはまいった。
でも、残雪期の踏み抜きは腹立ってくるけれど、新設の踏み抜きはなんだか笑えるのは不思議。
まぁ、これも雪山歩きの楽しみの一つってことで(やせ我慢)。

途中で4人組が降りてくるのと遭遇。時間から考えると昨晩北横岳ヒュッテに泊まって朝出発してきたであろう方々に違いない。これで、この先トレースがあるのが間違いないことを確信するとちょっと安心したりする(笑)。

御嶽山もくっきり。この日は久しぶりに、北・中央・南の日本アルプス勢揃いの朝だったようで。
20120205-03.jpg


雨池峠から見えていたピークは実は本当の山頂ではなかったようで、道はほぼ90°直角に折れてもう一方のピークらしき方向へ。ただ、むこうもピークを占める標識などは全く見当たらなかった。もしかしたら雪の下に埋もれているのかもしれない。
20120205-04.jpg


いったん鞍部へ降りる。ほぼ登ってきた分だけ折り返すって感じ。
このあたりも雪はフカフカで、調子よく下っていく。スノーシュウだったらどんな感じになるのかなぁ。
20120205-05.jpg


木に手をついて考え込んでいる人発見。
20120205-06.jpg


さて、いよいよ鞍部からの登り返し。
えらい急登がそこかしこに登場。
20120205-07.jpg

加えて雪が柔らかいのでキックでけりこんでも体重掛けると崩れちゃったり・・・、でここを登りきるのはかなり難儀した。写真ではたった一枚で登りきったように見えるけどね(苦笑)。雨池山から三ツ岳の東端のピーク(雨池山から一番近い所)にたどり着くまでに一時間少々も要してしまった。夏場ならコースタイム30分位じゃないかなぁ。半分くらいはずるずる滑り落ちて再トライしたりしたから、感覚的には倍くらいの距離を登った感じ。

その東端ピークから見た残り二つ。左側に見えるのが、一応正式な三ツ岳のピーク。
ここで小休止。さすがにお腹すいてきたんでね。
20120205-08.jpg


北アルプスもまだよーく見えてます。大キレットだの奥穂だの、ってのも判別できるようになっちゃいました。
20120205-09.jpg


残りのピーク目指して前進。標高差はないので、あとは岩場の隙間の雪に気を付けるだけ。
鎖もあるけれど、難所ではないです。
20120205-10.jpg


中央のピークまできました。
20120205-11.jpg


こんな風に所々、岩の隙間が覗けます。うっかり踏み抜いたら自力じゃ這い上がれないくらい深い所もあるそうな・・・・。無雪期にもういっぺん通ってみたい所です。
20120205-12.jpg


三ツ岳ピーク付近から。縞枯山を挟んで、左に南八ヶ岳、右に南アルプス。まだまだ視界はばっちりです。
20120205-13.jpg


いろんな形をした岩がありますね。見ているだけでも結構楽しめます。
20120205-14.jpg


これから右斜め上方に飛んでいきそう。
20120205-15.jpg


獅子舞??
20120205-16.jpg


上の写真の岩場にもう一つの鎖場があって、岩をトレースするようにつけられているんですが、下り(写真でいうと、右から左)で利用すると、足の置き場が見づらくて、かなり慎重にいかないと危ないです。反対に登りで使ったらほとんど問題なくあっさり通過出来そうな感じ。
20120205-17.jpg


正面には北横岳。ヒュッテも二階が見えてます。もうあと30分位。ここからは踏み跡も多く、しっかり固められた道だったのでとっても歩きやすかったですね。
20120205-18.jpg


今日は全く出番のなかった三脚に温度計をつるして撮影。
20120205-19.jpg


マイナス4℃って、この時期にしては暖かすぎ(時刻は午後二時過ぎ)。

ね、暖かいよね・・・・・。

つづく。
スポンサーサイト



  1. 2012/02/06(月) 19:28:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<北横岳(翌日編) | ホーム | 本日はココ>>

コメント

ん~暖かいかどうかは別として、すごいところを登ってるんですね!すごい角度!
見ていてハラハラしちゃいます。
  1. 2012/02/07(火) 00:45:44 |
  2. URL |
  3. タカコ #-
  4. [ 編集]

↑(上記のタカコさん同様・・・(^^;))

暖かいかどうかは別として(笑)、見ていてハラハラしちゃいますi-183i-201
  1. 2012/02/07(火) 12:12:07 |
  2. URL |
  3. わかぞー #lj19fJi2
  4. [ 編集]

やっぱり楽しそう!

じゃぁ来年誘って下さい(^^)

気温は温かいと思います!!
スキーだって滑ってたら汗かきますもんね!
ジャンプだって-4℃なら寒い方じゃないですよね(笑)
  1. 2012/02/07(火) 13:39:36 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

タカコさん:
>ん~暖かいかどうかは別として
あはは(苦笑)。
でも、ほんと、暑くなってくるんですよ、あんな登りだと。雪のフィールドアスレチックみたいなもんです。

雪がないと下が岩なので、足場がしっかりあってずっと登りやすいんですけどね。

”まっとうな”山登りの熟練者なら、ロープを使うところかもしれません・・・。

わかぞーさん:
おまいも言うな!^^
今度連れてあげましょう!

whitebirdさん:
>やっぱり楽しそう!
でしょ^^

この日の「暖かさ」はちょっと異常なくらい、だったようですね。
でも、冷え込むとマイナス20℃を超えることもあるくらいですから、ナメてかかったら危ないです。今回はほんと条件にも恵まれましたね。
  1. 2012/02/07(火) 22:30:18 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/749-305ec799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード