FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

黒百合ー天狗岳その1

2011年の締めくくりは、八ヶ岳は天狗岳、黒百合からです。
渋の湯~黒百合~天狗の奥庭まではよく締まった圧雪路で、雪を踏みしめるキュッキュッという音が森の中に響いていました。

20111229-02.jpg



黒百合-天狗岳 その1はコレ
黒百合-天狗岳 その2はコチラ

自宅発6:00 - 9:25 渋の湯P着 9:45 - 11:05 賽の河原 11:10 - 12:04 高見石 12:20 - 13:28 中山山頂 - 14:03 黒百合ヒュッテ(泊)

やっぱり今年は雪が少ない・・・、自宅から見える富士山の様子を見ていてもそう感じていたけれど、八ヶ岳でもそうなんだな、と改めて実感。諏訪南ICを出て渋の湯に向かう道すがらも全く雪が見られないのだ。とはいえ、渋の湯は標高1500mをゆうに越え、しかも最も奥まった所にあるので油断は禁物。案の定、残り3kmほどになったあたりから、路面にも雪が見え始めたけれど、なんとか最後まで踏ん張ってノーチェーンで到着。

駐車場から登山口までは200mほど。下の写真のような小さな小屋があって、そこに登山届のポストもある。いままで登山届を書き忘れたことは2回だけだが、提出し忘れたのは数えきれないほど(苦笑)。おっし、今日はちゃんと忘れずに出すぞ、と思って、周りに誰もいないのをいいことに、指指呼称までして「登山届よぉし」なんてやったら、小窓があいておばーちゃんが顔出してきたのでびっくり。 一応日中の間は「管理人」と思しき人がいるのだそうだ。
20111229-01.jpg

この小屋の右に橋があり、そこを渡ると登山道の始まりだ。今日は高見石を回っていくので、標識を左に進む。


登山道は所々岩が露出しているところがあるものの、雪も締まっててとても歩きやすい。もちろんアイゼンはまだ装着しない。こんな時にこそ雪の感触を楽しまねばね。雪を踏みしめる音だけが森の中に響いていく。樹林の間は青い空がその隙間を埋めている。冬の心地よい山歩きに必要なものが全部そろっているなんてほんと贅沢な時間だ。

下の写真、右側の岩がごろごろしているところはどうやら沢らしい。増水していると右岸に渡れないので、左側につけられた道を行くのだそうだ。
20111229-03.jpg


気温が低いせいか、霧氷もまだ融けずに残っていた。標高による気温のなせる業だろうか、巨大な綿帽子のようなのを発見。これ、直径が20cm位あります。写真を撮ったあと、あまりにふんわりしているのでかぶりついてしまったほど(笑)。
20111229-04.jpg


これはその周辺で見かけた霧氷。こんな風に正方形の板状のものがいくつも形成されて重なり合っているのは初めて見た。もちろん本などでは見たことがあるが、実地でお目にかかれたのは初めて。これも気温と湿度の絶妙なバランスが成したものなのかな?
20111229-05.jpg

(結晶がこういう形をしているからか、かぶりつくととてもサクサクしてました)

駐車場を出て一時間半ほどで、岩がごろごろする賽の河原に到着。ここでちょっとだけ腹ごなしの小休止。でも、こういう場所なので風の通り道になっていたのは予想通り。ほんとに立ち止まる程度でさっさと出発。
20111229-06.jpg

もっと積雪があれば岩も隠れてしまうんだろうけど、こういう中途半端な状態が一番歩きにくい。ここを抜けるのに思った以上に時間がかかってしまった。

賽の河原を上がりきれば道もややなだらかになり、再び樹林帯の中の散歩が始まる。さっきの樹林帯よりも標高がやや高いので、雪の量も増えていた。枝だけになった木々に今度は雪の衣をまとったさまを眺めながら歩くのも気持ちがいいものだ。吹き抜ける風が木の幹に「えびのしっぽ」を成長させていた。
20111229-07.jpg


ちょうど12時過ぎに高見石小屋に到着。ただ、この頃にはどんよりとした雲が一帯を覆ってしまっていた。風も出てきたようで、ちょうどいい休憩場所が見当たらなかった。熱いコーヒーでの一服は宿に到着してからの楽しみにとっておくことにして、ここではおにぎりの昼食をさっさと済ませて先を急ぐことにした。

中山山頂手前の展望広場。こんな空模様になってます。風速およそ20ノット。気温はたぶんマイナス10℃くらい、だったかな? しゃくなげの葉がアイスのように凍ってました。
20111229-08.jpg


ここが展望の全くない中山山頂。
20111229-09.jpg


そこを過ぎると南方面の視界がパッと広がって、前回見えなかった東西天狗岳がばっちり。
20111229-10.jpg

ここからの下り坂の楽しいこと! 傾斜のある登山道をすっかり雪が埋めてくれているので、時々ブーツスキーなんぞを楽しみながら子供の様にはしゃぎながらとっとと下る。

そして今宵の宿である黒百合ヒュッテに到着。もうすでに数張のテントが張られていた。それにしてもすごいです、この寒さの中テント泊なんて、とても真似できません・・・・。
20111229-11.jpg


少々早い到着だったけど、雪山ではむしろそのほうが無難。時間に余裕ありすぎるくらいでいいんです。

明日はどうやら天気はよくなってくれそう。
でも風も強そう、という予報。
稜線歩きになるので、出発時からアイゼン装着は必須かな。

夕食後に何度か外に出てみて空を眺めてみたけれど、厚いガスに覆われて星は一つも見えず。
このあたりだったら天の川も期待できたんだけどね。

明日は天狗岳に登ります。

スポンサーサイト
  1. 2012/01/05(木) 21:17:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<黒百合-天狗岳 その2 | ホーム | 初登での痛っ>>

コメント

氷の結晶に萌・萌です。
金沢は、天気が悪くおうちから出る気がしません。
  1. 2012/01/06(金) 08:50:41 |
  2. URL |
  3. あか #-
  4. [ 編集]

あかさん:
あはは、「萌」ときたか^^

そっちは今日も雪模様の天気ですね。
関東も冷気ビシバシ、今日あたり雪が降るんじゃないか?っていうカンジです。
  1. 2012/01/06(金) 10:08:39 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

お~~!このコースは私が昨年の夏に行ったのと全く同じ!( ・∀・)ノ
懐かしい~!と思いながら読みました(^^)

そういえば黒百合ヒュッテから年賀状が来たのでビックリ
  1. 2012/01/06(金) 13:40:34 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
おぉ、全く同じコースでしたか!
雪のあるコースもまた格別でしょ^^

年賀状は、ヒュッテに宿泊する時にチェックする欄があったそうですよ。ウチはチェックしなかったみたいでした。

夏に行ったときは天狗岳に登れたんでしたっけ?
  1. 2012/01/06(金) 19:04:59 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/736-909ab726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード