FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

ヨセミテ2011夏ーその2

今日はハイカントリーへ繰り出してカセドラルレイクへ。

20110724-01.jpg

ダイジェストはコチラ
ヨセミテ2011夏 - その1(初日)はこちら
ヨセミテ2011夏 - その2(カセドラルレイク)はこれ
ヨセミテ2011夏 - その3(イーグルピーク)はコチラ
ヨセミテ2011夏 - その4(ラフティング)はコチラ
ヨセミテ2011夏 - その5(タフトポイント)はコチラ
ヨセミテ2011夏 - その6(ヨセミテの星空)はコチラ
ヨセミテ2011夏 - その7(グレンオーリン)はコチラ
ヨセミテ2011夏 - その8(プレザントン)はコチラ
ヨセミテ2011夏 - その9(サンフランシスコ散策)はコチラ
ヨセミテ2011夏 - その10(おまけ)はコチラ




夕べたっぷりと寝たせいで時差ボケもなく、6時前に起きて握り飯を用意。宿を6:40に出発。
ゲート通過後、バレー手前の交差点でBigOakFlatロードに入り120号タイオガロードを東へ。下写真のトレイルヘッドには7:58に到着。
20110724-02.jpg

宿からここまで信号はゼロ。走行距離54マイル(約86km)って、川崎に宿とって箱根
芦ノ湖まで足伸ばすのと大して変わらないんだけどね。ツオルムンメドウ周辺に行くときには、リーバイニングに宿をとった方が断然近いのは知っていたけれど、なんとなく西側の方が落ち着くのはなぜだろ?

メドウが朝日を浴びて輝いている姿にしばしみとれ、周辺で写真を撮ったりして、出発したのは8:25。

今日の目的地までは標高差は400m位しかないのでとても楽。森の中のトレイルを歩きながら、時折木々の合間から覗くカセドラルピークを横目に見ながら歩を進める。もう7月も下旬だというのにまだ日陰には雪が残っているのはちょっとびっくり。そういえば、雪解けも遅くタイオガロードが開通したのも6月下旬だったなぁ。ちなみのこのあたりの標高はほぼ8000ft、気温も低い所なんです。
20110724-03.jpg


時々現れる湿原性の植生が、あぁここはやっぱりメドウなんだなぁ、と思い起こさせてくれる。同じヨセミテ国立公園といっても、バレーとこちらではがらりと様相が異なるのだ。
20110724-04.jpg


トレイルの途中にはこんな風に数か所渡渉地点あり。
20110724-05.jpg


ゆるやかな勾配のトレイルを歩くこと二時間あまり、トレイルジャンクションを過ぎてLowerCathedralLake方面に下っていくと、広大な湿原が目の前に現れた。
20110724-06.jpg

湿原は実は写真手前の方で、奥にLowerカセドラルレイクが広がっているのだ。
(上の写真、少々傾いてます・・・・)

こちらがLowerカセドラルレイク。水の碧さが神秘的でした。
20110724-07.jpg


左に目を転じると雪の残る岸壁が広がってます。
20110724-08.jpg


そしてそして、湖をみているとちょうど真後ろにそびえたっているのがカセドラルピーク!
ヨセミテの「槍サマ」です。
20110724-09.jpg
これが見たかったんだよね。

相棒はお決まりように雪だるまつくり。
20110724-10.jpg


こんな広々とした雄大な景色の中にいると、何もしなくてもいい、ただそこに居るだけでいい、という気分になってくるもの。こんな風に感じられる場所がヨセミテにはたくさんあるのです。

持参のおにぎりで昼食をとったあとはお絵かきタイム(最近あんまり描いてないなぁ・・・)。
20110724-11.jpg
この写真は、クリックしても拡大表示しません(笑)。

こちらもカセドラルピーク。このアングルだとまさに「槍サマ」。
20110724-12.jpg


実はこのカセドラルピーク、双塔なんです。だから見る位置によって随分とその印象が変わるんです。
20110724-13.jpg


たっぷりのんびり2時間ほど過ごしたあと、トレイルに戻って今度はUpperカセドラルレイク方面へ。Lowerレイクからは1時間弱の所。
20110724-14.jpg


湖畔のほとりに咲いていた赤紫の花が印象的でした。
20110724-15.jpg


二時過ぎにUpperレイクを出発してトレイルヘッドに戻ったのは3:40頃。雪解けが遅かったので、じゃああの辺りはまだ「川」になっているかな?と思って立ち寄ったのは、クラウズレストへのトレイルヘッドから200メートルほど入ったところの渡渉地点。去年行ったときには全く水はなかったけれど、今年は幅20m以上の「川」! 後ろをついてきたアメリカ人のおじさん二人組がじゃばじゃばと川の中に入って渡っていたけれど、結構水は冷たそうだった。

そんな寄り道をしたので、宿に帰ったのは5時半過ぎ。でもまだ太陽は高い位置にあって、結構暑い。

この日の夕食は、昨晩のピザの残りと持参のペンネ、野菜サラダ。コーンスープとオレンジのデザート付き。
20110724-16.jpg


明日はヨセミテ滝を超えてさらにイーグルピークまで足を延ばします。
イーグルピーク、ヨセミテ内で行ってみたい所ナンバーワンの場所です。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/15(日) 00:10:07|
  2. ヨセミテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<国際宇宙ステーション | ホーム | ヨセミテ2011夏ーその1>>

コメント

すごく、すごくステキですね!風景の写真にもお絵かきにも感動しちゃうんですが、2人並んでピースしてる影の写真が一番私は好きです~!
  1. 2012/01/16(月) 00:58:54 |
  2. URL |
  3. タカコ #-
  4. [ 編集]

私も、「2人並んでピース」の写真にお~~~!!(笑)

ヨセミテの「槍サマ」もほぉ~~!!と面白かったし
>何もしなくてもいい、ただそこに居るだけでいい、という気分になってくるもの
の気持ちがすごく伝わってきた日記でした(^^)
  1. 2012/01/16(月) 13:24:31 |
  2. URL |
  3. whitebird #-
  4. [ 編集]

タカコさん:
ありがとうございます^^
あの影の写真は定番です。

なにせ二人ともテレ屋なもんで・・・・^^

whitebirdさん:
褒めすぎですって(苦笑)。

さすがに時間が空きすぎたから、当時のことを思い出すのに一苦労。やっぱりBlogもネタの新鮮さが必要ですナ。

あ、でも、あのあたり(ツオルムンメソウ)は、「滞在することを楽しむ」という、ヨセミテ旅行の先輩に聞かされたセリフを実感できるようになったなぁ。

  1. 2012/01/16(月) 20:17:40 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

山歩きもいいですね

わたしがヨセミテに行くときは大抵、滝めぐりか、グレーシアポイントに行くか、後はショッピングですね。今度から、もっと山を歩こうかなという気持ちになりました。
  1. 2012/09/25(火) 02:29:12 |
  2. URL |
  3. saito #lmadKN7w
  4. [ 編集]

saitoさん:
コメントありがとうございます。
メジャーなスポット以外にこそヨセミテの素晴らしさが沢山隠れている、とそんな思いが益々強くなっていきましたね、あちこち歩き始めたら。

saitoさんも時間の許す限り、是非山の中を歩いてみてください。
  1. 2012/09/25(火) 19:24:54 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/715-59e5c605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード