FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

ストックの使い方

くらい、ちゃんと教えてあげなさいよ、おにーさん・・・・。

あまり刺激的なタイトルをつけるのもどうか、と思い、結局無難なものに落ち着きましたけど。

裏タイトル:「山ガールはストックの使い方を知らない!」ってな気分だった、23日の山行。

塔ノ岳の最後の上りは結構な急坂で、金冷しの取りつきからおよそ600m、標高差130m位を上るんですが、ナメてかかると途中でへばってくるほど。山頂手前は登山道保護のためもあって、木道の階段がつけられています。その先のカーブを曲がればもう山頂が見える、というところで、前方にいかにも!という感じの山ガール発見。

足取りは重く、顔は下を向いたまま。段差10cm余りの階段ですら、一段進むのに5秒くらいかかっている有様。ほんとにバテバテの様子で見ていて痛々しいほど。「あとちょっとだよ」と心の中で声を掛けていたくらいでしたけど、ふとみると両手には目一杯伸ばしたストックが握られてました。

多いんですよね、こういうのって。
山登りにおいて、ストックをきちんと使うことができれば、それは強力な味方になってくれます。
足への負荷を減らしてくれるだけでなく、特に登りにおいては重力に逆らって体を高い所へぐいっと持ち上げてくれる、強力な杖となって助けてくれるのです。

そんなに伸ばしたストックじゃ、ストックの役目果たしてないじゃんか・・・・。

こういう方の、平地や下りでのストックの使い方を見ていると、なんだかファッションの一部として手にぶら下げているようにしか見えないんですよね。

山に来るのにファッションにこだわるな、なんて言う積もりもないですし、所詮趣味の世界、程度をわきまえたうえで「自分の好きなように」すればいいと思います。でもね、なんだか表面的なものだけを追っかける薄っぺらさ丸出しなのが、はたから見ても痛々しくって。

件の山ガール、一足先にパートナーが山頂で待っていたようでした。

-------

ストック、山登りの時には愛用してます。
長い距離を歩くときや、山行空白が長かった時など。
やっぱり足への負荷が全然違います。
使っていると、ほとんど足は攣りませんし(爆)。

スポンサーサイト



  1. 2011/11/26(土) 00:20:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<雨上がり | ホーム | 紅葉と黄葉>>

コメント

ストックじゃないけれど・・・

バランス!!

山には、時々木のハシゴがあります、
角度も急ではなくて、ゆるやか~ほぼ平坦な所。
足を乗せる部分は前後に7~8cmくらいの幅なので
土踏まずを乗せますが、その乗せる木の角度が斜め。

私、これが結構苦手で(^^;どこかに手をつけないと
ハシゴから落ちてしまう!!
他の人は、そのままバランスを取ってスルスルと歩いていくんです!

ぬぅ~~~
バランス感覚を養った方がいいのかしら?(^^;;

ところで明日は27kmマラソンレースに参加してきます、
完走出来るかな~~?(^^;;;
  1. 2011/11/26(土) 12:14:15 |
  2. URL |
  3. white+bird #-
  4. [ 編集]

whitebirdさん:
で、その木が濡れてたりするともっと危ないですね。

木の階段は上りより下りの方がずっとおっかない・・・。

27kmかぁ、すごいなぁ。
走れ、って言われて、いったいどのくらい走れるんだろ、今・・・。

27km歩け、って言われたら平気なんだけど^^

頑張って(無理しないで)下さいね~!
  1. 2011/11/26(土) 17:32:54 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/706-59bba97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード