FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

十文字小屋-きのこ編


6月のシャクナゲの季節に訪れた十文字小屋(レポ書き損じてしまいましたケド・・)。この時、小屋のおばちゃん(宗村さん)から、「秋になったらきのこが沢山採れるからまたおいでよ」の一言ですっかりあたまは「きのこ」になってしまっていた我が家(笑)。せっかくなので、最近山に凝り始めた元ジャンパーで、このブログにもよくコメントをくれるWhitebirdさんを誘って、3人で毛木平~甲武信岳~十文字小屋の周回コースを歩いてきました。

自宅3:20 - 6:40 毛木平P 7:08 - 9:05 ナメ滝 - 10:24 千曲川水源地標 10:29 - 10:44 主脈縦走路分岐 - 11:10 甲武信岳山頂 12:00 - 12:20 三宝山 12:40 - 13:46 白岩山 - 14:48 大山 14:53 - 15:28 十文字小屋 
20110925-02.jpg
今回のお題はずばり「きのこ」。とはいっても、まだまだ勉強中の身。ここ一カ月の間でも、どこやらの山でとったキノコを食べたらそれが毒キノコだった、なんてニュースを目にしていましたから、あくまでも写真に撮るのみ。まぁ、あとで考えたら、小屋のおばちゃんに判定してもらえばよかったんですけどね。


今回は、6月に歩く予定だった千曲川をたどり、甲武信岳、三宝山を廻って十文字小屋へとたどる周回コース。なだらかな道を歩いていくと、さっそく道端になにやらみつけた相棒。

20110925-01.jpg

とまぁ、こんな調子で目線は常に斜め前方下向き(笑)。10分とあけずに立ち止まるもんですから、そりゃゆっくりとしたペースになるってもんです。ちなみに、最初に載せたきのこの写真(多分コウタケ)。これは宗村さん(十文字小屋の管理人さん)からOKサインをもらいました。これ、かさの直径が10cmくらいあるやつなんです。

ナメ滝の脇を通過。
台風の後で水量が増えていたせいか、ナメどころじゃない水量でした。ヨセミテのグレンオーリンの滝を思い出しますね(って、ヨセミテレポ書いてないから、皆さんには????ですね)
20110925-03.jpg


ナナカマドの赤い実が、青い空にとっても映えてます。
20110925-04.jpg


これは支流のひとつ。やっぱり水量が多いです。
20110925-05.jpg


苔むした雰囲気が秩父の山奥を感じさせてくれます。左に見えているのが千曲川で、こんな感じで流れ込む支流が数え切れない位たくさんありました。
20110925-06.jpg


「源流地まであとXkm」の看板がいくつか越え、いったん左側にわたると、流れはだんだんと細くなっていき、少しずつ期待が高まってきます。源流地っでどんな感じなんでしょうね。ガキの頃、近所を流れる川を遡行したことがあります、「川の始めってどうなってんだろ?」
20110925-07.jpg


再び右岸にわたるともうこんなに細く。
20110925-08.jpg


さらに遡ると、細い流れがさらに細かく分かれて・・・。
20110925-09.jpg


はい、到着です。
20110925-10.jpg

ですが、写真左側には、まだ勢いを保っている千曲川の流れが途切れることなく上流へと続いていました。ここから先はもうロープが張ってあって立ち入り禁止のようです。あの先、行ってみたいなぁ・・・。

このあと、本コース一番の急登を一気に駆け上がり、山頂へとつづく見晴らしのよいガレ場に出ると、同行の二人も一気にテンションあがったようです(笑)。
20110925-11.jpg


残念ながら眺望抜群、とはいきませんでしたが、時折切れる雲の合間から、国師~金峰に至る稜線が顔を覗かせてくれました。やっぱり自分が歩いた所をこうやって再び眺めると何か感慨深いものがありますね。
20110925-12.jpg

ここ甲武信岳からはまたも富士山はお預け。一瞬雲が流れてすそのを見ることが出来ましたけど。
「あ、富士山!」というと、山頂にいた数人の方が振りむいて「どこどこ?」と尋ねてきました。やっぱり我ら関東人は「槍サマ」よりも「富士山!」なんだなぁ。

本日の昼食はちょっと変わって、前夜の宴会(?)の残り。といっても普段の山行きではお目にかかれない、whitebirdさんお手製のおかずも登場。いやぁ、美味しかったです。
20110925-13.jpg


甲武信岳をあとに、三宝山へ。こっちには立派な三角点があるんですね。標高は甲武信岳よりも少し高いのですが、ちょっと控え目な埼玉県の最高峰(でしたっけ?)。ここに来る頃には周囲は一面ガス。三宝岩は登山道から50mも歩かない所にあるようですが、今回はパス。視界が良ければ岩の上に登ってコーヒーなんぞを飲んだらさぞかしいい気分に浸れるだろうなぁ、と思いつつ先を急ぎます。
20110925-14.jpg


霧による薄暗さも相まって、奥秩父らしい苔むした雰囲気が益々深いものに。
20110925-15.jpg


まっぷたつに割れた尻岩。たしかにじっと見るとお尻のようにみえます。
20110925-16.jpg


白岩山直下の登りで。ずいぶんデッカイ岩が目につくようになってきました。落ちてくるなよぉ・・・。
20110925-17.jpg


尻岩から大山に至る区間は、細かいアップダウンや岩場を登ったり巻いたり、と結構楽しめる道のり。ただ、10mに満たない細かいものが多いので、地形図から読み取るのはちょっと難しい区間かも。おまけにガスで周囲の景色も何も見えないので、大山までがとっても遠く感じられました。

予定の15時に少々遅れること30分あまり、無事十文字小屋に到着。
薪ストーブとランプが懐かしいです。今宵の宿泊者は我ら三人だけでした。

こんな時期ですが、もうシャクナゲの花芽が出ています。これから冬を越してあと半年以上もこのままじっと開花の時期を待っているですね。
20110925-18.jpg


夕食には定番のポトフに加えて、シャケのきのこ(たっぷり)ホイル包み! これがまた絶品でした。一日歩いた体にちょうど良い位の塩加減。あぁ、来てよかった(笑)。

登りの道中で採ったキノコの写真を見せながら、「あ、これはOK,これはだめ」なんてきのこ談議に花を咲かせているとあっという間に夜は更けていき、ふと思い立って外に出てみると、まぁ星がよく見えるじゃぁあーりませんか! 天の川も肉眼で確認出来る位でした。
20110925-19.jpg


翌日、小屋を出発して「かもしか展望台」へと向かいます。昨日は眺望に恵まれなかったのですが、今朝は周辺は見渡せるだろう、ということで向かったのですが、その途中でもやっぱり目が行くのは「きのこ」。昨夜宗村さんからレクチャー受けましたから、今朝はやる気マンマン(笑)。歩くだけなら15分程度でつくはずの所をなぜか30分近くかかってました。今度は実際にきのこを採取。あとで宗村さんに判定願おう、というわけです。

かもしか展望台につくと、昨日歩いた三宝山~大山にかけての稜線もばっちり見渡すことが出来ました。「あっちが三宝山で、昨日歩いた源流域はあそこの山の向こう側で・・・・」なんて話をしていたら、急に相棒が越えを上げて「ねぇねぇ、これ見て!」
20110925-20.jpg


まつたけ?
いや、だってアカマツなんてこの辺ないし、マツタケもどき、じゃね?

くんくん匂いを嗅いだりしても、よくわからず。
結局宗村さんの判定を、ということで、これも持ち帰ることになりました。
帰路、
「あれ、本物のマツタケだったらいくらぐらいかな?」
「三万円!」
「いや、傘に穴あいているから二万円」

とまぁ、こんなバカっ話をしながら、今度は15分で小屋に戻ります。

「あれぇ、どうしたの? 道間違えたの?」
「違う違う、展望台いってきてさ、途中で採ったきのこ、ほら。判定してもらいたくって」
「へぇ、どれどれ」

今回の一番の収穫は、二種類のきのこを完全マスターしたこと(って、食べられるヤツを覚えただけ、なんですけどね)。登山道沿いでもよく見ることが出来たので、これからが楽しみです。

そして例のマツタケもどき。こいつの判定は「ツガマツタケ」でした。
採ったきのこは全部小屋にお土産として置いてきました。もちろん「ツガマツタケ」もです。

このあと毛木平の駐車場に戻り、小淵沢IC傍の道の駅にある「延命の湯」でさっぱり汗を流して、そして小淵沢駅で私一人下車。中央本線で名古屋に出てそこから出張先へと向かいましたとさ。


おまけ。
今年6/11に訪れた時の様子。これは大山から十文字小屋への途中で、小屋のすぐ手前のシャクナゲの群生。
20110611-00.jpg


こちらは大山山頂。このあたりにも沢山シャクナゲが咲いていました。
20110611-11.jpg

スポンサーサイト



  1. 2011/10/02(日) 10:02:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
<<銀杏(処理編) | ホーム | 秋の味覚>>

コメント

キノコ編だけに「ナメ滝」を勝手に頭の中で「なめたけ」に変換して読み間違えてました・・・(^^;)

最近ヒザが痛く、グルコサミンのお世話になっている身はからは、BKさんたち・・・すごすぎデスi-183
  1. 2011/10/03(月) 12:23:13 |
  2. URL |
  3. わかぞー #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

大山前後あたりを歩いていたときは
「疲れた~!」とか「クサリを降りるのが恐い~!」とか
思っていたんですが
時間がたってから振り返ると楽しい思い出に変わってるんですよね!

で、また登りたくなる(^^)

本当に今度は私はシャクナゲの季節に行こうと思います(^^)

それにしても「登山」だけでなく
「きのこ」の知識も深いBKさん夫婦は
さすが!と尊敬しちゃいます(^^)

楽しい山歩き、ありがとうございました!
  1. 2011/10/03(月) 17:58:58 |
  2. URL |
  3. white+bird #-
  4. [ 編集]

わかぞーさん:
来ると思ってた、「ナメタケ」ネタ^^
看板も写っている写真があるけれど、そいつをこっそり書き換えて掲載してみようか、なんてイタズラを思い付いたけど、思っただけでやめときました^^

ヒザ悪いの?
ヘルメットかぶれる?(そっちのネタかい!?)

泰一と遊びすぎて無理せぬよう・・・・

white birdさん:
どうもどうも、ご一緒していただいてありがとうございました。楽しかったですよ~。

whitebirdさんのことだから、軽~くついてくると思ってたけど(^^)、さすがに後半の鎖場はちょっと疲れが出てたみたいでしたね。

シャクナゲの季節、是非行ってみて下さい。
小屋の周辺なんか、「なんじゃこりゃ!」ってくらい咲き乱れてますから。

で、キノコに関してはまだまだ素人ですって・・・。
やっと食べられるヤツ二種類マスターしただけですもん。
  1. 2011/10/03(月) 21:56:39 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/685-a415d4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード