FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

西赤石山

ヨセミテ紀行の前にまずこちらを。

7/17(日)、四国愛媛は西赤石山に行ってきました。はい、出張中にです。
出張中に連休になるのは珍しかったんですが、もしかすると・・・、との思いが通じたのか、急遽山行き道具を自宅から送ってもらい、宿泊先のホテルから眺めていた山並みに足を踏み入れてきました。

ちょうど台風が接近しつつある時期で微妙なタイミングだったんですが、結果的には日曜日に行くことが出来て大正解。翌月曜日は雨模様になってしまいましたから。

愛媛出張も長きにわたっており、いつも眺めていた山にいっぺん歩いてみたいなぁ、という思いが募っていたこともありますが、もうひとつどうしても言っておきたかった理由は、そう、この一週間後に控えたヨセミテハイク前に、少しでも足慣らしをしておきたかったのです。何せ前回の山行きが6月初旬の十文字峠ですからねぇ・・・(おっと、こちらのレポがまだだった・・・・・苦笑)

そんなわけで少し長めの行程で足をいじめておこうと考えたのが、別子ダム側から登って、新居浜市街側の鹿森ダム脇に降りてくる、というルート。登山口ー銅山越で3kmちょい、銅山越から西赤石山往復で6km弱、そこから鹿森ダム脇へ降りて3km強、の計12kmほど、まぁまぁかな、と思っていたんですが、トンデモナイ勘違いに気がついたのは、銅山越えからの下りの途中だったのです。

「あれ、手帳に区間時刻のメモがないや・・、どっかに書いた記憶があったんだけどなぁ」とおもいきや、以前のエントリーで書いてましたね(苦笑)。

日浦登山口 7:13 - 8:30 銅山越 8:45 ー 9:50 西赤石山 10:45 - 
11:25 銅山越 11:35 - 12:30 東平 13:15 ー 13:55猿登志登山口 - 14:20 マイントピア別子

ルートの関係上致し方ないので、えいや!でタクシーに乗って登山口へ。地図上ではダム脇にあるんですが、ダムは道路のはるか下で、気をつけていないと見落とす所でした。こんな感じで案内図があり、またトイレも整備されています。
20110717-01.jpg

この登山道は、旧別子銅山跡を巡る、いわば社会見学コースのような感じで、道もひろくよく整備されています。
下の写真は、小学校跡地で、説明書きの看板もちゃんと立っています。
20110717-02.jpg

時折横切る水の流れも、目と耳を潤してくれます。
20110717-03.jpg

ひとしきり銅山跡巡りを楽しみながら高度を上げていくと、やがて背の高い木が周辺から姿を消します。その昔、このあたり一帯は銅の採掘の影響でほとんどはげ山と化していたそうです。それが何十年の時を経て今また森林として蘇っていく過程にあるんですね。
20110717-04.jpg

正面に見えるのが銅山越の碑で、日浦の登山道はこの碑の右に、東平へ抜ける道は左にあります。
そして正面左に見えるのが本日のターゲット、西赤石山~。
20110717-05.jpg
ちなみに、ここまで遭遇した登山者はおじさん一人だけ。日曜日だけれど登山者が少ないのか、それとも時間が早いのか?

ここからは灌木の合間を縫っての稜線歩き。途中数か所小さなピークを越え一時間ほど歩いて到達した小高い丘の周辺には、そこよりも高いピークは見当たりませんでした。観光ガイドでは銅山越えから90分と書いてあったんですが、意外にあっさりと西赤石山に到着です。
銅山越を出発する時、ここは時折ガスに覆われたりしていたんですが、なんとかもってくれたようです。
20110717-06.jpg
↑ 先客は誰もいませんでしたので、こんなアホなことも出来ましたとさ。
 (おっと、銅山越えからの途中で、女性二人組を追い抜いたので、ボヤボヤしているとこんな姿を見られちゃいますね)

歩いてきた方向を振り返って見ています。やや霞んではいますが、南方面の視界はバッチリです。
20110717-07.jpg

東を向けば、東赤石山とそれに続く稜線もくっきり。
東赤石山まで足を延ばしても大丈夫かな、などと、自分の足の塩梅と時間的な配分の両方で欲を出しかけたけれども、観光ガイドのコースタイムでここから片道150分。だいたい2/3で来ることが出来たので、片道100分で往復3時間ちょっとかぁ・・・。やっぱりやめましょ(爆)。
結果的にこの判断が正解だったのは、先に足がボロボロになったことを書いたとおり、でした。
20110717-08.jpg

東・西・南方面は視界が開けているものの、下山路方面の北側はご覧の通り。瀬戸内海側にあたるので雲がわきやすいんでしょうかね。でも、上から見るとまさしく雲の絨毯、綺麗でした。
20110717-09.jpg

ここは、先の西赤石山の道標があるすぐ手前。写真に写っている茂みの向こう側が道標のある所ですが、眺めを楽しむなら、こっちの方がずっと視界が開けています。銅山越方面からくると先にここに到着することになる場所なので、「あれ、ここ山頂?」ってちょっと迷ってしまいました。
20110717-10.jpg

銅山越~西赤石山の稜線で見かけた岩。太古の昔、ここも激しい造山運動があったことをうかがわせてくれます。
足元を見るとちょっと変わった色の花崗岩も。
20110717-11.jpg

このあたりも一面はげ山だったことが伺えます。
20110717-12.jpg

銅山越に戻る途中、数十人のハイカーに出くわしました。やはり時間が早かったようでしたね。
そのうちの何組かは、手に草刈りの道具も持った方達が。あたり一帯の登山道の整備をしてくれているようでした。

銅山越にもどりここからは進路を北にとって銅山峰を経て下山。途中の道標の脇にはかつてここが銅山で、この登山道の一部が銅の運搬路であったことを示すものが。クリックして拡大してみて下さい。左下の方に線路の一部が残っているのが見えます。
20110717-13.jpg

このあと、別子銅山のもう一つの栄えた場所である東平(これで「とうなる」って読むんだそうです)に寄って、映画撮影された場所なんぞを見て帰るつもりだったんですが、東平に着く頃にはもうかなり足に来ていて、まったくそんな元気ナシ。ただひたすら下に降りたいという気持ちだけでフラフラになりながら下山路の入り口を探しますが、これがなかなか見つからない・・・。案内所を探すのも億劫になり、地図上であたりをつけた東平の病院跡やら保育所あたりをうろうろしてやっと見つかるという始末。もう一度地図を見直すとそこから鹿森ダムまではまだ3km以上ありそう・・・・。げんなりしながらもとにかく足だけは前に進めてひたすら歩く歩く・・・。

そんな状態でも食いしん坊の本能だけは生きていたようで(笑)、登山道脇に生い茂る見覚えのある葉を見かけたときには、なぜか元気が蘇ってきました。これ、なんだと思います?
20110717-14.jpg
はい、ミョウガです。
まだちょっと若いせいか、ミョウガの身は土から顔を出していませんでしたが、もうあと二週間ほどしたら採り頃かもなあ・・・。

痛む足をだましながら最後のじぐざぐを過ぎれば下には道路が見えてきました。
ようやくゴールです。
20110717-15.jpg
ちょっと端に見える鹿森ダムの湖面、今年は割と雨が多かったようで、湖面が木々のすぐ下にまで迫っていました。水が少なくコメント木々の間の地肌が露出している、というのがダムの景色の相場なんですけどね。
四国は夏場はよく水不足になりますから、その点では今年は少し余裕が出来るかもしれません。

さて、このあと・・・。
ここから「別子マインとぴあ」まであと1km少々なんですが、そこまでいけばバスもありますし、タクシーも呼べます。ところが、このあと1kmのまぁ長いこと。山歩きで痛めつけられた足に舗装路歩きってとってもキツいんですよね。

結局疲れ果ててマインとぴあのトイレで頭から水をかぶってしまった位。バスの時間も忘れてしまっていたようで、結局タクシーを呼んでしまったけれど、それなら鹿森ダムに降りてきたところで呼べば良かったのになぁ、と後悔してももう遅いって(苦笑)。

ちなみに、行きに使ったタクシー会社と同じところの車だったんですが、乗りこむなり「お客さん、今朝、ウチのタクシーで日浦の登山口に行かれた方ですか?」って聞かれてしまいました。なんか噂話にでもなってたのかなぁ??

とまぁ、ヨセミテ前の「足いじめ」の山域としては、たっぷりお釣りがくるくらいの山行きでした。
宿に戻ってからの温泉大浴場のまぁ気持ちのいいことったら!(笑)
スポンサーサイト
  1. 2011/08/06(土) 21:11:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10
<<台北101 | ホーム | Yosemite2011ダイジェスト>>

コメント

お疲れ様でした。
私も昨日、白山に登ってきましたよ。
  1. 2011/08/07(日) 08:13:02 |
  2. URL |
  3. あか #mQop/nM.
  4. [ 編集]

今行ったら暑いかな・・?
1600mちょいだと、私なら4時間???

かかりすぎですね・・。

山頂で、珈琲とかいれなかったんですか?v-14
  1. 2011/08/07(日) 18:07:00 |
  2. URL |
  3. ぱんだ #-
  4. [ 編集]

あかさん:
お帰り~。
北ア方面は未だ未踏の地、一日余計にかかるからなんだけど、魅力的な山が沢山あるよね。

ぱんださん:
自分が行った時も暑かったけど、雲上だったせいか山頂付近は快適でしたね。

日浦の登山口からなら標高差も少ないから3時間でいけるんじゃない?^^

今回は山歩きに必要最低限のモノしか持参しなかったので、山頂でのコーヒーも無し・・・。やっぱり何か物足りなかったなぁ(笑)。
  1. 2011/08/07(日) 22:35:35 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

山登り、楽しそうですね!(^^)

もし私1人だったら・・・初めての山は道に迷っちゃうんじゃないかしら!
って思っちゃいます(^^;;

近くて便利な丹沢にも行きたいって思うけど
こんな真夏だと大変なんでしょうね・・・

7月末に赤岳行ってきました、
2日目の行程が長くて(特に下りが激しく長い!!)
私は途中で足がガクンと力が入らなくなり歩けなくなっちゃいましたよ!(^^;;;
やはりBKさんのように練習山登りしておかないといけませんね(^^;


いつものメンバーなら焦って珍道中になるところでしたが(笑)
山と渓谷とかによく出ているガイドさんのおかげで
10分ほど休んだだけで歩けるようになりました~
  1. 2011/08/08(月) 20:39:32 |
  2. URL |
  3. white+bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
初めての山だからこそ、道に迷わないようにそれなりの準備をしておくことが大事。

とはいうものの、藪こぎでもしない限り、そうそう迷うことはないんでしょうけど、時々トンデモナイ落とし穴があるんですよね。それを痛感させられたのが、今年のヨセミテでしたけど(苦笑)。

赤岳、無事帰還で何より^^
やっぱり本職のガイドさんはちがいますね。
よいガイドさんにあたって得るものも多かったのでは?

一度「ガイド登山」なるものを体験してみたいとは思うんですけどね(動機に不純なものが多少混ざっているかも??)
  1. 2011/08/09(火) 21:56:23 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

>一度「ガイド登山」なるものを体験

ちょっと聞いて下さいよ!!(笑)

今回のガイド登山は横須賀市が企画
(市役所に山岳部があるんですって!)
1パーティ11名にガイド・班長(先頭)・副班長(最後尾)・総務・リーダーと5人も付いていました。
しかも班長さん数名が1週間前に同じコースを歩いて下見!

11名の中には3人が登山は初めて!
コースは行者小屋-地蔵尾根-赤岳-阿弥陀岳-小小屋尾根と結構ハードでした。

班長の次に歩いてた年配の女性が歩き始めて10分でハァハァ言い出して、この人登れないだろうなと思ったんだけど
ガイドがずっと話しかけて気を紛らわせてあげ、パーティを結束させて、結局女性は赤岳まで登れちゃったんです!
(帰りは阿弥陀岳には行かずに総務さんが付き添いで先に下山)

また阿弥陀岳-小小屋尾根では恐がっている女性2人に対して、
ハーネスとカラビナを付けたガイドさんがロープで確保しながら下山。

私は驚くと同時にすごく感動しちゃいました!!!

最初は知らない者同士でバラバラだったパーティも
途中からお互いに支えあっての登山となりました。
また、パーティはもうひとつあって、そちらの方が年配者が多かったけど皆経験者で
20~30代が多いけど初心者の私たちの若いパーティより早く歩いてましたよ!

また顔の広いガイドさんのおかげで
宿泊した赤岳展望荘では個室で、缶ビールのサービス付き
翌日のお弁当も豪華でした!
さらに下山後の2泊目の宿泊はてっきり旅館だと思っていたら
ホテルだし、夕食は飲み放題だし!!

来年は是非一緒に行きましょうよ!!(^^)
  1. 2011/08/10(水) 13:42:23 |
  2. URL |
  3. white+bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
とっても良いガイドさんに恵まれたツアーで良かったですね。特にツアーだとガイドさんの良し悪しに左右されることが多いですもん。

赤岳、先を越されちゃいましたね^^。来年は反対側から一緒に行きましょう!

でも、八ヶ岳には、赤岳以外にも魅力的なところが一杯ありますよ~。
  1. 2011/08/13(土) 00:33:53 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

はい!
赤岳、反対側から登りましょう!!
楽しみにしてます~~
  1. 2011/08/15(月) 13:31:38 |
  2. URL |
  3. white+bird #-
  4. [ 編集]

この時期にしては

展望にめぐまれましたねー
春の黄砂のときより、ぜんぜんよいです(笑)
しかし、明治と昭和の銅山の両方楽しめちゃうよくばりがっつりコースでしたね!すばらしー
お疲れ様でした!

そして、ヨセミテ行かれたのですね!すごーい!
  1. 2011/08/25(木) 22:27:18 |
  2. URL |
  3. まゆ太 #Uc1kfBME
  4. [ 編集]

山の上だから?

まゆ太さん:
北アルプスからお帰りなさい~。

本文にも書いたけど、地上からだと山はガスガスだったんです。それでも西赤石~東赤石と続く稜線がくっきりと見えたのは嬉しかったですね。

いやはや、両方楽しむなんてとてもとても・・・、欲張りすぎでしたね、はい(苦笑)。時間があれば昭和の方をじっくりと見物してみたいな。

ヨセミテはもう夏休みの定番になってます。何度行っても新しい発見がある素敵な所ですよ。
記事のアップはもう少々お待ちを←いつもコレだ(あはは)。

  1. 2011/08/25(木) 23:11:31 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/673-15a24116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード