FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

年越しの北横岳(2)

「初日の出は北横岳から」


6:35 ヒュッテ出発 北横岳南峰にて初日の出 7:15 - 7:25 ヒュッテ 9:15 - 9:48 坪庭 - 10:05 雨池山分岐 - 10:25 山頂駅 11:10 - 11:17 山麓駅

年末編はコチラ

「天気いいらしいよ」
この一声で暖かい蒲団から起きだして、外に出てみたら三日月と金星が雪をまとった樹林の上に輝いていた光景を目にしたのは、以前の記事に書いたとおり。冷え込みの厳しさがその美しさを一層際立たせていました。

驚いたのが、他の部屋には誰もいなかったこと。みな初日の出を見るためにしゅっぱつの準備を整えているようでした。我らも6時50分の日の出に間に合わせるべく急いで支度して山頂へ。

あまりに飛ばしすぎたため、樹林帯を抜ける遥か手前でぜぃぜぃと息切れする始末(苦笑)。森林限界を抜けて薄明るくなった山頂からは、文字通り360度のパノラマが広がっていました。雲ひとつない快晴。宝くじは外れたけれど、2011年最初のお年玉は、なかなか素敵なものでした。 
20110101-18.jpg
間もなく日の出を迎える南東方面に広がる秩父山塊。

もう余計な説明はいりませんね。
凍えそうな厳しい寒さの中、山頂からの絶景をどうぞ。

南八ヶ岳連峰。こちらは山頂付近は強風にさらされているようで雪煙があがっていました。
20110101-19.jpg

北に目を転じれば、白く輝く樹林帯と蓼科山がくっきり。
20110101-20.jpg

南八ヶ岳とさらにその向こうの南アルプスも一望に。
20110101-21.jpg

どうやら、山の向こうには太陽が上がってきたようです。
写真右側の山塊の稜線は既に陽に照らされています。
20110101-22.jpg

全てを紅く染め上げるように、稜線の隙間から太陽が顔を出し始めました。
20110101-23.jpg

2011年、見事な初日の出御来光~
20110101-24.jpg

皆、見事な御来光に見とれていました。
ここは南峰ですが、最高地点の北峰にも5,6人行ってましたね。
20110101-25.jpg

北側の蓼科山にも陽が当たり始めました。
ちょっといびつですが「影北横岳」も。
20110101-26.jpg

日の出直後の柔らかい日を浴びて、雪をまとった樹林も一層美しさを増していました、
もううっとりするほど(クリックすると拡大表示します)
20110101-27.jpg 20110101-28.jpg

北峰にて記念にパチリ。手前に見える細長い影は、端に立っていた人達の影です。
20110101-29.jpg

山頂に最も早く行っていた人は朝5時過ぎだったそうです。その方はしっかりとした三脚と大口径の望遠レンズと広角レンズを二本抱えていました。風がなく三脚が使えて良かったよ、と言ってましたが、さすがに-20℃を超える寒さには閉口したようです。いやしかし、あれだけの装備を抱えて二時間以上も山頂で撮影に臨むなんてさすが。とてもマネできません。自分の写真に対する心構えなんぞまだまだ、ですなぇ・・・。

日ノ出は6時50分過ぎ、その後30ほど山頂で過ごしましたが、太陽が上がってきて地表が暖められてくると、あっというまにガスが湧いてきて視界が遮られていきました。その間わずか5分ほど。ダイナミックな大気の変化の様子に驚きながらも山頂を後にしました。

ヒュッテに戻って入口にある温度計をパチリ。
20110101-30.jpg
-20℃の線を見間違えていたようです。この時はマイナス17℃。
ここでこの温度ですから、山頂ではきっと-20℃くらいには冷え込んでいたと思います。

まぁ、-15でも-20でも、手袋外したら10秒ももたないのは一緒ですけどね。

宿に戻ってストーブの暖かい火にあたりながら朝食。
御正月らしく、ちょっとしたおせちと御雑煮がふるまわれました。
20110101-31.jpg

山小屋の朝としてはのんびりと過ごしたこの日、可能ならな北横岳から北に降りて亀甲池~双子池を廻って、大石川林道を通って雨池峠までぐるりと一周する予定でしたが、亀甲池から先はトレースがないと道もわかりにくいし、ラッセルつらいよぉ・・・とのこと。朝食を食べ終わる頃にはまたどんよりとした雲に覆われたのを見ていると、ラッセルしてまで雪の散歩を楽しむ気分ではなくなっていました。もっとも、山頂での素晴らしい日の出を見てしまったら、もうお腹いっぱい、ってなもんですし。

というわけで、9時過ぎにヒュッテを出発し向かった方角は南、つまりロープウェイの山頂駅方面。
坪庭までの道も圧雪路のままで凍結個所もなく問題なく通過。坪庭~山頂駅の散策路は時計回りの一方通行になっているため、いったん縞枯れ山荘方面へ向かう道へ進みます。

さすがにここまで降りてくると、気温も少し上がってきたようで、耳が痛くなるような寒さも和らいできました。上空の雲もうっすらとしたガスといった感じで、時折青空がみられるほどに回復。なので、もう少し歩いてみようかということで、縞枯山荘方面へ向かいます。山荘の手前からは木道が敷かれているようですが、雪ですっかり埋まっているこの時期は全く木道の存在はわかりません。が正面からくる人に道を譲ろうと不用意に脇によるとズボっ、と来ること2,3回。まぁ、サラサラのパウダースノーですし、こんな時は下手に我慢せず雪の中に倒れこ無のが一番(笑)。

新雪を踏みしめるキュッ、キュッという音が心地よく雨池山分岐まできてしまった。さてここで決断の時。
勢いにまかせて縞枯山に登ってみるか、という案もあったけれど、ヒュッテを出る時には心は麓の温泉街にもう飛んでいたのでこの案はあっさり却下。山頂駅まで戻ると青空が広がっており、ちょっともったいない気分もしたので、ここでしばしのティータイム。今降りてきた北横岳方面も晴れ渡っていました。
20110101-32.jpg

ここで再度雪だるまつくりに挑戦。相棒をけしかけてなんとか一品作らせるも、やはりパウダースノー過ぎてこれ以上のサイズアップは不可能。目、花、口といったパーツも、無理につけるとすぐに崩れそうで、本人いわく「非常に不本意な出来」だそう。
20110101-33.jpg
雪のある処にきたら、やっぱりこれを作らなくちゃ、なにかやり忘れたような感じになっちゃうんですよね。

さて、年末年始をまたいだ山行きも、予想外の好天に恵まれて無事終えることが出来ました。
今年一年、安全な登山が出来るように心してかかりたいと思います。

そして今年デビューした一品がコチラ。
12本爪のアイゼンとピッケルです(これは相棒のもの)。
20110101-34.jpg
私は今回はピッケルのみ持参。アイゼンは購入したのはBlackDIamondの10本爪タイプ。今回は家で留守番でした。多分出番は、春先の富士登山になるのではないかな、と。

軽アイゼンは購入しても、本格的なアイゼンまで手にするとは思ってなかったなぁ・・・・。
ま、これより可能性低いのがテントとシュラフかも?(笑)。

スポンサーサイト



  1. 2011/01/04(火) 12:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
<<初飛び | ホーム | 年越しの北横岳(1)>>

コメント

ひゃぁ~!!
年末~の記事を読んで、景色がとてもカッチョイイです~。生で見たらホント、ゾクゾクしそうです。(←寒さじゃなくて、なんか感動?しすぎて鳥肌たっちゃうみたいな。)

そしてこんな雪山まで行けちゃうBKさんってば・・・すっ・・・すごい・・・。(ハイキングコースの秋の山でへこたれる私です(泣))

すっかり出不精になってしまったので、BKさんの山/空写真、今年も楽しみにしていまーす。
  1. 2011/01/04(火) 12:46:03 |
  2. URL |
  3. わかぞー #SFo5/nok
  4. [ 編集]

最高なご来光・・・大きなお年玉ですね!!

今年もいろいろな山行日記楽しみにしています!

そして今年こそ一緒に山に行きたいです!!(^▽^)
  1. 2011/01/04(火) 13:41:18 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

素晴らしい年明け山行でしたね~。
美しい銀世界は、その場にいてこそ味わえる感動があるのだと思います。
わが家も今週末は麦草ヒュッテです^^
ピッケルが必要なお山にはいけませんが、冬の間にのんびり美味しい低山ハイクをご一緒できたら嬉しいです!
  1. 2011/01/04(火) 14:10:52 |
  2. URL |
  3. Aki #-
  4. [ 編集]

きゃぁ~!! 絶景。v-10

素敵ですね。うっとり。言葉いりません・・・。

さぞかし寒かったと思いますが、こんな絶景
いただけるなら、是非行ってみたいです。
すごいですね~♪

一緒に登る相方がいるってのも幸せなことですね。v-10
今年も山ブログ、楽しみにしてます!
  1. 2011/01/04(火) 20:39:10 |
  2. URL |
  3. ぱんだ #-
  4. [ 編集]

明日から始動(って仕事のコトか・・)

わかぞーさん:
ワタクシもゾクゾクしてました、足先と背中と(違うって??^^)。

種明かしをすると、ここはロープウェイで上がってきて、そこから一時間余り歩いただけでこれちゃう処なんです。だからわかぞーさんでもきっと来れる、寒ささえクリアできれば、ね^^

山・空写真、ヒトのばかりみていないで、自分で撮ってみましょうよ、昔取った杵柄ってヤツで^^

white birdさん:
去年は残念でしたね。
早いうちにどこか計画しましょう~

Akiさん:
ほんと、予想外の好天に恵まれていい山行が出来ました。

麦草なら、白駒池あたりを中心に散策ですか? 茶臼や縞枯山も射程内ですね。あ、そういうえば秘密兵器のスノーシューがあったんじゃ・・・?

もう少し雪が湿ってきたら、そのあたりの雪山散策&遊びも楽しいかも? だって雪だるま作れますしね~。

ぱんださん:
このあたりは知り合いにもお勧めしやすい処ですね、アクセスもいいですし、割と手軽に雪山の雰囲気も味わえますから。
機会があれば是非一度行ってみて下さいな。
 
  1. 2011/01/04(火) 22:14:24 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/631-e49220fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード