FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

天狗岳・硫黄岳(その2)

夜半に相当の雨が降ったらしいけれど、そんなことは全く知らずにがーがーと寝ていたワタクシ。
目を覚まして窓の外を覗いたらそこには青空と絶景が・・・・

なんて夢を見たかどうか、は覚えてませんが(苦笑)、現実は暑い雲に覆われた周辺一帯。どうやら天気予報はアタリのようでした。ほんの一瞬だけ西天狗が顔を覗かせてくれた程度でした。
20100802-01.jpg

この日宿泊していた我が家を含めて4グループのうち、お一人は縦走で南へ向かうので迷うことなく硫黄岳越えに。大阪から来ていた御夫婦はめったに来れないので、ということでダメ元で硫黄へ。そして我が家を含む残る関東組2グループは、下り模様の予報とガスの濃さに硫黄岳はあきらめて下山を選択、となったのでした。

もしかしたら・・・、という淡い期待もなくはなかったけれど、絶景はまたのお楽しみにとっておくことにしました。

6:35 根石小屋発 -7:05 夏沢峠 -8:00 本沢 8:28 - 9:46 しらびそ小屋 ー 10:44 屏風橋 - 11:00 P着


コマクサの群落に見送られて箕冠山の登りへ。ほぼ山頂にあたり道標のある地点までは10分程度です。ここは夏沢峠に向かう南側がなだらかで距離の長い斜面が続いているんですね。下りにとりかかる手前で、ほんのわずかですが、西天狗・根石・東天狗が顔をそろえてくれました(でもガスガスです・・)。
そのうちきっと、クリアな稜線を視界にいれてやるぞ、と・・・・。
20100802-02.jpg

夏沢峠の分岐で正面を見上げるものの、目に入るものはやっぱり白い空間だけ。あの向こうに硫黄岳があるんだよなぁ・・、とちょいと後ろ髪をひかれつつも、進路を左にとって本沢へ降ります。中山峠手前の急峻な登山道とちがって、こちらは九十九折りのなだらかな山道。本沢・夏沢峠まわりで周回するコースがおすすめされているのもちょっとわかる気がします。
20100802-03.jpg

そして硫黄の匂いが濃くなってくると本沢もすぐ近くに。ここは日本最高地点の露天風呂でしたっけ?硫黄岳の爆裂火口を見上げる絶好のロケーション、という触れ込みでしたが、今日はご覧の通り。視界が良ければバッチリと爆裂火口を見上げることが出来るんですけどね。
お湯はちょっとぬるめ、でした。
20100802-04.jpg

本沢温泉でモーニングコーヒーとしゃれこんだものの、やはりガスの中では気分もいまひとつ。パラパラと小雨も落ちてきたので早々に出発。山荘のすぐ下にクリンソウの群落がありました。奥の方で「待ってましたよ」といわんばかりに一輪だけ花がのこっていました。
20100802-05.jpg

ここからは林道も兼ねているんでしょうか、ぐっと道幅が広がります。
と、道端に見覚えのあるドデカイ緑色の葉が・・・・、なんと水芭蕉じゃありませんか!!
20100802-06.jpg

さらに下ってみどり池方面へ。ここから少し登りになりますが、歩いて数分のところに、見事なきのこが!
地面から2mほどのところに、30cmくらいの大物でした。何年物なんでしょうね?
20100802-07.jpg

ひとしきり登り切るとあとはなだらかな道が続きます。ガスにおおわれたうっそうとした森の中を歩いていると、現実感がマヒしてきそうな気分に。途中、木道のある湿原(ここもクリンソウがいっぱい)を過ぎると、ほどなくみどり池ー中山峠の道に合流です。
20100802-08.jpg

みどり池で来ていた雨具を脱いで再び半そでに。池の向こうを眺めても天狗の雄姿は見えません。見えるのは白い空(なのか雲なのか)だけ・・・。さらに下ってこまどり沢を超えると、あの気持ちのいい沢沿いの山道に。もう終点はまじか、です。
20100802-09.jpg

というわけで、駐車場に着いたのは午前11:00、お腹も全然減ってません・・。で汗だけはたっぷりかいたので、さっさと温泉へ向かいます。本日のチョイスはここ。八峰の湯。まだ出来て新しい感じです。名前から勝手に想像しがちですが、湯船が八もあるわけじゃありません。
20100802-10.jpg
露天風呂の正面には、快晴の日の八ヶ岳の写真が飾られていました。天気が良ければ、赤岳~硫黄岳に至る稜線が一望できるとのこと。が、この時刻でも稜線すら見えませんでした。

硫黄岳行きをキャンセルしたため3時間以上の余裕が出来てしまったので、あとやることといえば周辺のお店めぐり(笑)。予定通りだったら夕方になってお店も閉まっていたでしょうが、この時刻ならまだまだ余裕。野辺山駅そばの交差点にあるヤツレン乳施肥品直売所であれこれ買い物をして、ついでにソフトクリームも。
丸々一個食べたのなんて久しぶりでした。
20100802-11.jpg

で、このあとは清里の小作によって、ほうとうと麦とろ飯を(でも、この店の麦とろ飯、いなごのつくだにがついてなかった、ぶーぶー・・・)。〆は道の駅へ。

登山道終点に降り立ったのが午前11時。そして須玉ICで高速に入ったのが4時半。いやはや、ずいぶんと寄り道したもんです。


振り返ってみれば、八ヶ岳はもう4回目。
過去三回(蓼科、権現・編笠、北横)は天気に恵まれて三連勝だったのにねぇ、なんて話をしたけれど、過去三回とも晩秋~冬にかけてだったんですね。割と天候の安定が見込める時期だったというのもあったのでしょう。

今回は残念な天気になってしまいましたが、このルート・近辺でリベンジをはかるか、それとも当初考えていた「八ヶ岳征服プラン最終章・いよいよ主峰の赤岳へ」編に組み込むか、は悩むところ。でも、「ついで」で硫黄だけに寄るのももったいないし、やっぱり時期を見てリベンジかな。

元気のいいコマクサも見てみたいですしね。

スポンサーサイト



  1. 2010/08/11(水) 21:44:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<猛暑のDZ | ホーム | 天狗・硫黄岳(その1)>>

コメント

ソフトクリームのくねくねラインがたまりませんね。

沢の写真みてると、水の流れる音が聞こえてきそう。清涼感たっぷりですね。

歩き回ったあとの温泉、気持ちいいだろ~な~♪
  1. 2010/08/12(木) 14:20:54 |
  2. URL |
  3. ぱんだ #-
  4. [ 編集]

そりゃもう

山を降りた後の温泉はサイコーですよ!

ここの沢の水はとっても冷たくて気持ちがよかったんですよ。山奥の沢って夏でもあまり温度はあがらないみたいですね。足なんぞつけて寝転がりたい心境でしたよ^^
  1. 2010/08/12(木) 22:15:37 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/595-258c1ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード