FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

ジャンプ履歴の話

予報に反して穏やかな天気になりましたね。
こういった「ハズレ」はDZでは大歓迎!

と、自宅で強がりいっている私ですが(苦笑)、昨年6月のエントリーでログブックへの入力が完了した旨の話をしました(記事はコチラ)。

あれから欠かすことなく入力は続けていましたが、ふと気になって、スクールの内訳について集計してみました。AFFのL1~L7まで(L1~L3については、メイン・リザーブの内訳も)、についてです。

ある時期には、「最近L1やL2が多いなぁ」とか、「最近はL6やL7やって『オフです、おめでとう!』宣告をやってないなぁ・・」といったある種の偏りを感じることがあるのですが、実際どうなんだろう?と気になったのです。

してその結果は如何に?

いやはや、面白いですね。
イントラになって15年、AFFスクールに限ったジャンプ回数は360回あまり、
L1のメイン・リザーブ、L2のメイン・リザーブ、・・・L6,L7と、10カテゴリーに分割して集計してみると(小数点以下は切り捨て)、

平均:36
MAX:40
MIN:29

とまぁ、驚くほどどのカテゴリーも近い回数だったのです。
(厳密には、1998年と2000年のデータのうち、メインかリザーブかの記述がないため区分けできないのが6件ほどありましたが)

もっとも少なかったのはL6の29回で、多かったのはL1のリザーブ、L3のメイン、L4の40回。こんなにどれも同じ程度の回数を飛んでいるなんて、ちょっと驚きでした。

ちなみにL1のメインは37回、ファーストジャンプのメインイントラとして、37人のスクール生を世に送り出したことになりますが、さて今も続けてくれているジャンパーは何人いるのかなぁ?

一方で、L7は32回。この32回のうち、「AFFオフです、おめでとう!」宣告出来たのが何割位なのか、残念ながらそこまではデータが残っていませんでした。

メイン・リザーブ合わせると、ファーストジャンプには述べ80人のスクール生と相対したことになります。さて、3ケタ突破を達成できるかどうか・・・・? つい最近、インストラクションでヘマやらかしてしまったせいもありますけど、もっともっとうまいインストラクションが出来るようになりたいですね。と思う反面、体調管理にも気をつけねば、と思う今日この頃です(苦笑)。

スポンサーサイト



  1. 2010/04/11(日) 17:39:51|
  2. スカイダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<本日の丹沢 | ホーム | 昨日のつぶやき>>

コメント

へぇ~~~どのレベルもほぼ同じ回数だとは・・

あと数千回飛んでいるBKさんの
AFFの回数が360回というのは正直ビックリです、
もっと多いかと思いました(^^;
  1. 2010/04/14(水) 13:44:25 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:

「数千回」というのはチト大げさです・・・・。
今年早々に2600回を超えた程度なんです、まだ。

仕事であまりジャンプできなかった年もありましたから、実質、40回/年ってとこでしょうか。もっともRWインストラクションを含めると550回位になってますね。

イントラ・カメラ・ファンジャンプの全てで4ケタ到達というのは、ちょっと無理みたいです^^
  1. 2010/04/14(水) 21:15:47 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/555-0a3e120d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード