FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

大菩薩-絶景ナリ~

速報で写真掲載したとおり(記事はコチラ)、これ以上は望めないほどの快晴に恵まれた大菩薩嶺、みごと前回のリベンジを果たしてきました。

1/24(日)

自宅発 4:55 - 7:05 丸川峠分岐P 7:20 - 8:50 上日川峠 9:07 - 9:26 福ちゃん荘 - 10:30 雷岩 11:20 - 12:10 大菩薩峠(介山荘) 12:30 - 13:13 富士見平 13:40 - 14:00 上日川峠 - 15:00 駐車場着

一週間前から狙いをつけていたこの日曜日。
平地の天気と山の天気が違うということは百も承知だけれど、それでも甲府の予報が気になって仕方がない(苦笑)。晴れマークに気をよくし、登山天気予報でも再度チェック、前夜も星空にすっかり気をよくして就寝。翌朝午前4時過ぎに起きて外を見るとこれまた雲ひとつない星空に思わずニンマリ。

今日も東富士周遊道路を経由して、河口湖から中央に乗り大月経由。高速1000円フル活用の高速ルート。まだ暗い夜空にぼんやりと浮かぶ富士山を横目にますますテンションはあがり、大月ジャンクションを過ぎて笹子トンネルを抜け、甲府盆地を一望に出来る地点に差し掛かると、その先には、日の出の太陽の光を浴びて、雪をまとった山並みがオレンジ色に輝く南アルプスがどどーんと視界に!その光景に見とれてあやうく勝沼インターを通り過ぎそうになってしまったほど(同じような話を、とある方のブログで拝見したのですが、なるほど、と納得)。

というわけで、ハナっからテンションあがりっぱなしの今日の大菩薩歩き。
目的は、前回12月には出会えなかった(記事はコチラ)大菩薩からの絶景なり~。
これが見たかったんですよね。
20100124-00.jpg

これだけの好天、そうそうあるもんじゃないでしょう。
これなら富士山も登れるんじゃないか、って言うくらいの穏やかな、そして雲ひとつない青空。
あれこれと駄文でスペースを使うのがもったいないの、今回は「写真レポ」(たんなるサボリじゃん・・・・と言わないで(笑))

以降、写真多数のため、ページが重たくなるかもしれません、アシカラズ。


20100124-01.jpg上日川峠に至る登山道途中の、第一展望台からの南アルプスの眺め。こんな景色が広がっているので、もうハシャギまくり、です。右から北岳、間ノ岳、農鳥岳。今年はここへ!


20100124-02.jpg雪は本当に少ない、です。が、所々、落ち葉の下にはカチカチに凍った個所が・・・・。ワナですね、これは(?)

↓間もなく稜線上に太陽が。大菩薩ダイヤモンド・・・・・とは呼ばれていないそうな。
20100124-03.jpg

20100124-04.jpgロッジ長兵衛軒先の温度計。マイナス7度でした。歩いていると全然感じませんが、立ち止まると一気に体が冷えて来ます。


20100124-05.jpg唐松尾根を登っている途中に振り返ると・・・・。カラマツの枝の間からいつも富士山が見えます。もうしょっちゅう振り返ってばかり。


20100124-06.jpg小ピークを越えて稜線が見えてきました。あと一登り(なんですが、ここからが長かった・・・なぜなら、振り返ると絶景がね。何度立ち止まって振り返っていたコトか・・・


20100124-07.jpg南アルプスと塩山市街がまーるみえ。


20100124-08.jpgちょっと左に目をやれば、富士山と大菩薩湖。


20100124-09.jpg北岳、間ノ岳もくっきり!(200mm望遠で)


20100124-10.jpg雷岩から大菩薩峠につづく稜線。雪がほとんどありません。12月に来た時の方が多かったですね。


2000mの標柱から雷岩方面を。偶然ですが同じようなアングルで前回も撮っていたんですね。
20100124-11a.jpg
 
20100124-11b.jpgこちらが12月に来た時の写真。上の写真のような眺めが広がっているなんて、想像もできませんでした。


賽の河原を過ぎると、おぉ、再び八が岳も視界に。
20100124-12.jpg


ぽっこりと頭をだす赤岳の右側に何やら・・・・
20100124-13.jpg


ちょこんと飛び出ているのは・・・、はい、金峰山の五丈岩じゃあーりませんか!
20100124-14.jpg


20100124-15.jpg親知不の頭の岩場を下って振り返ると、岩場と青い空のコントラストが見事です。


20100124-16.jpg間もなく介山荘のある大菩薩峠。富士山も稜線に隠れちゃいますね。


雪は少ないけれど、抜群の眺め!
20100124-17.jpg


20100124-17b.jpgこちらが12月の時の様子。



20100124-18.jpg北に目を転じれば雲取山もくっきり。あちらも雪は少ないですね。


20100124-19.jpg勝縁荘まえの清流・・・は、完全に凍結してます。


富士山もこれが最後?の富士見平で最後のブレイク、コーヒータイム、でした。ここの展望台、一部板がはがれかかってますのでご注意を。
20100124-20.jpg


上日川峠に通じる道路は、裂石側が12月中旬過ぎから、甲斐大和側も1/5から全面的に通行止めになった。そのせいだろうか、ひときわ静けさが支配する大菩薩を、たっぷりと堪能できた気がする。きらびやかな花もなく、濃い緑に覆われた森もなく、葉をすっかり落としたカラマツやブナのモノトーンの枝が支配する世界。わずかに色づいたものといえば、地面を覆うように生えている笹の薄い黄色と、コメツガのわずかな薄い緑だけ。そして例年よりもずっと少ないであろう白い雪。こんな世界だからこそ、ここまで濃いの?と思うほどの青空が眩しく目に飛び込んできた。雪の白と枝の茶色と青空のコントラストはずっと見ていても飽きないんですよね。

この日の〆は、天目山温泉。
駐車場でナビに入力したら、あーら、通行止めになっている上日川ダム横を通る218号を案内しているじゃありませんか・・・・。さすがに冬季通行止めのデータまでは入ってませんよね。ちょっと地味な田野温泉を第一候補にしていたけれど、福祉センターをかねているので営業が午後4時まで。すかさず天目山温泉に行き先変更。さすがにかなりの山奥なので、地元民が大多数でしたけど、お湯は気持ちよかったなぁ。

いい湯につかってさっぱりしたら後はメシ!
残念ながら近くの蕎麦屋さんがしまっていたため、河口湖傍にある小作に行き先変更(ずいぶん離れているけど)。20号をいったん北上して一宮御坂から137号という、韮崎によく行ってた頃のルートを久しぶりに走ったら、2車線区間が長くなっていてびっくり。道が空いていてせいか(すっ飛ばした、ともいう・・・・)、勝沼IC付近から河口湖大橋を過ぎて小作まで30分で着いてしまったのは嬉しい誤算。竜王店に比べるとやや煮込み具合がアマかったけれど、やっぱり小作のほうとうは旨いっす。もちろん馬刺しも頂いたことは言うまでもありません。

いやぁ、ほんとにお腹一杯、の大菩薩行き、でした。



スポンサーサイト
  1. 2010/01/26(火) 23:07:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<大菩薩-絶景ナリ(2) | ホーム | これぞ醍醐味!>>

コメント

これなら、天気予報見て一喜一憂するのも
当日何度も振り返って景色見ちゃうのも分かりますよ!!
  1. 2010/01/27(水) 14:13:53 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
へへ、何度も振り返る気持ち、わかってもらえました?^^

自分の足で登ってきたから、また感動もひとしおなんですよね。
  1. 2010/01/27(水) 21:56:55 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

BKさんやAkiさんの影響でしょうか。
今日図書館の雑誌コーナーで「Be-PAL」を思わず手にとってパラパラ見ちゃいました。
風景の写真も山登りの道具の写真にもそそられました(笑)

大菩薩峠・・・ 実家にそんなタイトルの本の背表紙がずらっとならんでいたような気がする・・・。
  1. 2010/01/27(水) 22:48:09 |
  2. URL |
  3. まーがれっと #nGdA3O4A
  4. [ 編集]

まーがれっとさん:
Be-PALが目に入ったなら、そばに「山と渓谷」や「岳人」なんかもあったんじゃないかな?
行ったことのある山が載っている号を見直してみると、また楽しいもんです。だから捨てられなくて、どんどん溜まっていきます・・・・・・(苦笑)。

大菩薩峠、秩父方面と甲斐との交通の要所・難所として有名だったそうですから、小説の舞台としても結構取り上げられたんじゃないかなぁ。XX峠、ってタイトルのつく本って結構ありますよね。
  1. 2010/01/28(木) 12:39:26 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

あはは(^^)

1か月くらいで再チャレンジしてるところに、ニヤニヤしちゃいましたよ。わたしもそういうところ、あります(笑)
ナイス展望に出会えてよかったですねー。大菩薩から見る富士山は立派ですもんね。神奈川から見る富士山とまた違いますよね。それと、南アルプスがずらーっと横並びに見えるのも爽快ですよね。

余談ですけど、まーがれっとさんのおっしゃる「大菩薩峠」は40巻くらいある小説です。わたしもちゃんと読んだことないんですけど、とくに山登りのはなしって感じでもないみたい。どっちかというと、恋のはなし?しかも未完らしいです(^^;
  1. 2010/02/20(土) 08:38:29 |
  2. URL |
  3. まゆ太 #Uc1kfBME
  4. [ 編集]

大倉尾根をかっ飛んだら・・

>1か月くらいで再チャレンジしてるところに・・
いえいえ、それが狙いでしたから(笑)。
ガラリと異なる景色の写真を並べて・・・、て絶対やってやる、って思ってましたから。
(とまぁ、そんなコトに異常なくらい根性発揮したりします、ハイ)。

>南アルプスがずらーっと横並びに・・
富士山と、それを従えるかのように並ぶ南アルプス、ありゃ勝沼インター通り過ぎますって。
一年前には南アルプスの山並みを眺めても、どれがどの山だなんて、全然わからなかったのに、今じゃ、あれが北岳、仙丈ケ岳・・なんてわかっちゃいますもん。あぁ、いつ行けるかな?
  1. 2010/02/20(土) 19:40:11 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/517-29a8b674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード