FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

大菩薩 その3(食事編)

別に「食事編」と銘打ってわざわざ記事数稼ぎしなくってもいいのにね(笑)。
(『大菩薩ーその2』はこちら

とはいうものの、ここ丸川荘の食事は、実は今回の山行きの楽しみの中でも、”隠れベスト1”といってもいい位のものだったんです。天候に左右される他の楽しみとは違って、こいつはお天気とは無縁ですしね。
(もっとも、嵐にでもあって食料が荷揚げ出来なかった・・・なんてコトになったら、話は別ですけど)。


陽もそろそろ傾き始めたであろう午後4時(って、太陽は全く見えませんが)、薪ストーブの上には二つのホイル包みが・・。意地汚いと言われようが、これは間違いなく今夜の夕食の一品だなぁ、とみているだけでよだれが出そうになってきます。しばらくすると、中身がパチパチと音をたてはじめ、周囲に自家製味噌の焼ける匂いをまき散らし始めました。

20091213-901.jpg
ホイル包みの正体は、鮭。お焦げ付きなのはご愛敬。でっかい仙台麩入り+自家製味噌の味噌汁。味噌は御実家から送ってもらったものだそうです。それにだし汁がたっぷりしみ込んだおでん。柔らかくなった大根が絶品。時折お目にかかる山小屋定番のおでんパックとはモノが違います。この大根の下にタコが隠れていて、「おぉ、タコが!」と声を上げると、ご主人がニヤっと笑ったのが印象的でしたね。
それからこれも自家製?と思しきカブの漬物。赤カブのつけものですが、写真に写っているのは1/4サイズのもの。もとのカブは相当大物のようです。
そして、ご飯がまたうまい! ご主人さん、鍋で炊く技術は相当のものをお持ちのようです、脱帽。

こちらが朝ごはん。噂のとろろご飯です。
隠し味として入れてある、とあるもののおろしがピリっと効いていて、それでいて甘みを引き立てているような不思議な効果を出していました。こんな朝ごはんだったら、何杯でもいけちゃいそうで、このあと山歩きすることを忘れさせてしまうくらいでした。
20091213-902.jpg
素朴だけれど、とても温もりのある食事に感謝、です。

ちなみに、このとろろご飯、山と渓谷社から出版されている本にも取り上げられています。もちろんその本は丸川荘にも置いてありました。↓です。


山小屋ごはん山小屋ごはん
(2008/02/20)
松本 理恵

商品詳細を見る


山登りの楽しみっていろいろありますけど、我が家には間違いなく”山小屋の食事”もその一つ、ですね。
スポンサーサイト



  1. 2009/12/26(土) 22:12:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<飛納め | ホーム | 大菩薩 その2>>

コメント

いやいや記事数稼ぎでもいいです!
読む立場の方も「食事編」待ってるんですから!!

山小屋の食事って素朴で、とても美味しそう(^^)
山登りって体力も使うから
ただでさえ美味しいのに、もっと美味しいんでしょうね~

「山小屋ごはん」の本も中身をパラパラと見てみたいな(^^)
  1. 2009/12/27(日) 14:38:42 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
山小屋の食事ってほんとに個性的で、ご主人のポリシーがすごく出ているんですよね。自炊道具と食材かついでの山行きも楽しそうですけど、当分は山小屋食事をたのしもうと思っています^^

本は一般の書店にも置いてあると思うけど、大きな所でないと在庫として持っていないかも・・・。
デッカイ本屋に行く機会があったら覗いてみてくださいな。
  1. 2009/12/27(日) 22:30:01 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/496-b89dcebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード