FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

南八ヶ岳(権現岳・西岳・編笠山)-その1

10月の18,19の一泊で南八ヶ岳に行ってきました。
20091019-14.jpg
編笠山山頂から仰ぎ見る八ヶ岳の一部。偶然にもこれとほぼ同じアングルの写真がヤマケイに載ってました。

10月上旬に行く予定をしていたのが、台風の接近によりキャンセル、そして予報とにらめっこした結果、この週にリベンジとなったわけです。思惑通り(?)好天に恵まれて、素晴らしい景色と山道を満喫することが出来ました(バンザーイ)。

10/18(日)
7:48観音平駐車場 - 8:14 小泉口登山道分岐 - 9:13笹すべり9:20 - 10:16木戸口 - 11:50 三ツ頭 12:20 - 13:25 権現岳 13:50 - 14:00 権現小屋着

10/19(月)
7:00権現小屋発 - 8:00青年小屋 8:10 - 9:15西岳 9:50 - 10:30青年小屋 10:43 - 11:13 編笠山山頂 12:00 - 12:58 押手川 - 13:34雲海 13:39 - 14:13 観音平駐車場着

途中、写真撮影に夢中になったり、予定外に足が攣って(苦笑)休憩を余儀なくされて、予想以上に時間がかかった区間もあったけれど、感動的な日の出風景にも巡り合えて、満足な山行きとなったのであります。

ではでは、つたない文章ですが、二回に分けて綴っていこうと思います。

予告編の『権現岳・西岳・編笠山』はこちら
20091018-01.jpg蓼科山へ行った時と同様に前日の土曜日に八ヶ岳PAでの車中泊→焼きたてパン&コーヒーの朝食後、PAを出発し、7時過ぎに観音平駐車場に到着。既に満車で路肩にも数台の車が停まっている状態だったけれど、歩き始める間際に運良く一台の車が駐車場を出て行ったのですかさず移動、駐車場内部にとめることが出来た。やっぱり一泊での山行きだと路肩に止めておくのははばかられますしね。ただ、ここの駐車場、結構幅があるので、停めようによっては、中央のスペースにも数台駐車可能なような気がする。


20091018-02.jpg駐車場の標高はおよそ1540m、まずは八ヶ岳遊歩道を歩いて小泉口の登山道にむかう。これから標高差1000m以上を登ろうかというときに、いきなりの下りでちょっとメゲてしまう。その後、小さなアップダウンを繰り返しつつ、20分ほどで登山道の分岐に到着、長い尾根筋の登りの始まりだ。
最初の5分ほどの急登を過ぎると道は右方向にカーブして、尾根伝いを登っていく。目の前に広がるのはカラマツの木々と笹ばかりで、視界もきかず、いくら登ってもこの光景が永遠に続くのではないか、と思えるほど。もう二週間ほど前だったら、紅葉真っ盛りだったかもしれない。変わらぬ景色にもめげずに歩を進める。時折後ろを振り返ると、木々の間から南アルプスの稜線が見え隠れするのが唯一の楽しみ。

20091018-03.jpg延命水とある飲料不敵の標識の脇を過ぎ、早乙女ヶ原展望台あたりで一休みしようかと思っていたけれど、どうも見落としたらしい。その先の笹すべりの標識のあるあたりで一休みし、再び歩き始めて数分したら、突然右手に視界が広がって、眼下に市街地の景色が飛び込んできた。いつのまにかヘリポートと呼ぶ地点まで到達していた。こういうふうに、まだ先だと思っていた場所が突然目の前に現れると、なにか得した気分になるから不思議だ(笑)。さすがにヘリポートとして利用するには少々狭いような感じだけれど、
尾根の端に位置しており、木々がとぎれて東方面の視界はばっちりで絶好の休憩位置。ちょっと霞んでいるけれど、でーんと富士山が真正面に見えている。右に転じれば南アルプスの稜線が視線と同じ高さにあるかのよう(そんなはずはないんだけどね)。ちょっと写真撮影だけのつもりだったけれど、運悪くまた足のヘンなところ(太ももの内側というやっかいな箇所)が攣ってしまったため(苦笑)、15分程のやや長めの休憩をとることに。

20091018-04.jpgヘリポートを出発し、再び笹の生い茂る尾根道を登り続ける。気分転換をかねて時折後ろを振り向くと木々の間から徐々に周辺の稜線が見えてくる割合が多くなってきたような感じだ。周囲の木立ちも徐々に高さが低くなってきて、高度を稼いでいくのがわかる。たまに、こんなものを見つけては写真に撮って悦に入ったりする。倒木に落ちたタネが芽をだしたものだろうけれど、なにかこう生命の健気さを感じてしまったりするんだよね。


20091018-05.jpg木戸口あたりに近づいてくるともうかなり周囲の様子が見て取れるようになってくる。左に見えるのが編笠山で、その右には本日のメインである権現岳も視界に入ってきた。そして後を振り返れば南アルプスの稜線、と足元の悪い登山道はそっちのけで、あっちこっちきょろきょろしながらそのたびに立ち止まっては写真を撮って、と、いつものように超のんびりペースの山登り。きっとこのあたりが一番ノロノロと進んだパートじゃないかなぁ。


20091018-06.jpgカラマツの林にわかれをつげ、道の両側にハイマツ(かな?)が姿を現し、そのトンネルのような所をぬけると、ついに稜線上に到達。遮るものはなにもなく、一気に視界が開けた場所に出た。前三ツ頭からの道との合流まではもう目と鼻の先だ。やや霞んではいるものの、南アルプスの山々もくっきりと見渡すことが出来る。つらい尾根歩きもようやく終了。とりあえずこの後に待っているのは、お・昼・ご・は・ん。

それにしても素晴らしい眺めだ。一心不乱にとりあえずシャッターを押し続けた。あっちこっちむきながら無駄とも思えるほどの枚数を撮ってしまった。
20091018-07.jpg右に見えるのが主峰赤岳、その左が阿弥陀岳。一番左に次なる目標地点の権現岳。

20091018-08.jpg権現岳とそこに至る稜線。肉眼でかなり人の姿が見えました。左に見えるのがギボシ。

20091018-09.jpg30分余りの休憩ののち、権現岳目指して出発。ここから見える権現岳は急峻な岩が山頂(?)に見えており、いったい頂上はどうなってるんだ?と疑問符がたくさんついていたけれど、まぁ行ってみればその謎も解けるでしょう。いったん鞍部まで下った後、再び登り返し、途中のクサリ場を越えて山頂? かと思いきや、本当の山頂は、三ツ頭からは反対の場所にあることが判明。また、左の写真の大きな岩の右下に、小さな祠があるが、ここにはいくばくかの賽銭も。小銭を出すのが億劫だったので、両手を合わせて今回の登山の安全を祈願したのはいうまでもない。ちなみにこの向こう側はスパっと切り立った崖で、落ちたら一巻の終わり、というおっかないところでもありました。


20091018-10.jpgその権現岳の山頂からみた麓。今日登ってきた尾根もくっきりと見えます。よくもまぁあんなところをテクテクと登ってきたなぁ、と我ながら感心してしまう。

20091018-11.jpgしばし山頂の岩場で休んだあと、今宵の宿である権現小屋へと向かう。山頂からは10分も歩かない距離にあるので、日の出鑑賞にはもってこいの宿だ。小屋は見てのとおりのシンプルなつくり。内部は二階建てになっていて、一階が談話室や食堂で、二階が寝室、とはいっても鉄ばしごで上がっていくつくり。ランプの宿というちょっと趣のある小屋だ。ちなみに、トイレは窓から赤岳が見える、という日本一眺めの良いトイレとして有名だそうな。ただしその作りは昔ながらのアレ、です・・・・。外から見ると結構おっかない場所に設置してあるんですよね、マジで・・・・。


日も陰ってきたころから雲が湧いてくるようになり、日没間際の夕焼け時にはすっかりとガスで覆われてしまった。西の方からガスが攻めて上がってきたなぁ、と思ったらもうあっという間。すぐ近くに見えていた東ギボシも瞬く間にガスの中に隠れてしまったと思ったら、小屋から10mほど離れたトイレすらも霞んでしまったほど。
20091018-12.jpg 20091018-13.jpg小屋番のにーさんも「このあたりはガスがよく出るので、日の出はあまり期待できないかなぁ・・・・日中は晴れることも多いんだけど」と、ちょっぴり残念なセリフを聞いてしまった。もっとも、このセリフを信じてしまったがために、真夜中に展開された満点の星空劇場を見逃してしまったのだ(悔)。が、日の出はすでにお伝えしたとおり、言葉にならない位の光景に出合うことが出来たが、かなり運が良かったらしい。

今宵の宿泊者は我が家二人と、単独行の年配女性一人の計三人。
静かな夜は、濃い霧の中に溶け込むように暮れていったのです。

南八ヶ岳(権現岳・西岳・編笠山)-その2』へつづく・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/10/27(火) 21:49:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
<<南八ヶ岳(権現岳・西岳・編笠山)-その2 | ホーム | オリオン座流星群>>

コメント

青空に鋭い岩峰の権現岳が映えますね~。
こんなコンディションの日は、テンション上がって楽しく歩けますね。
BKさんの場合は、シャッター切るのに忙しくなるのでしょうが ^^
八ヶ岳は、赤岳しか登ったことないので、ほかの峰にも行きたいです。
食事編も期待していま~す。初日のお・昼・ご・は・んや、小屋食は何かしら。

# 19日は月曜日ですよ~
# 3日(火)、もしご都合がよければ、のんびり山行しませんか? たけちゃんの出社確率ゼロではないのですが、、
  1. 2009/10/28(水) 08:37:24 |
  2. URL |
  3. Aki #-
  4. [ 編集]

Akiさん:
樹林帯の中を歩く時間も長かったので、見晴らしのいい所に出たあとは、ホントにテンションあがりっぱなし、でしたよ。

八ヶ岳といえば赤岳、が相場なんでしょうが、ウチはちょっと変わっていて、たぶん赤岳は一番最後になるんじゃないかな?

今回は「食事編」は大したコトないんです・・・・定番のコーヒーと魚肉ソーセージとか・・・・(笑)。ちなみに権現小屋の夕食はカレーライスでした。

え~っと・・・・・19日が月曜日、というのは間違いありません・・・・はい、日・月での山行きでした。日曜日の山小屋って空いてて好きです^^

11/3なんですが、AFFコースをやっているので、その手伝いでDZなんですよ。31(土)から四日間DZです。せっかくお誘い頂いたのに申し訳ないです・・・・。でも近いうちにまたご一緒したいですね。
  1. 2009/10/28(水) 21:21:59 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

写真が綺麗!!!

山登り、どんどん行ってますね~(しみじみ)
  1. 2009/10/28(水) 22:15:17 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

空いている山小屋でないと泊まれないので、うらやましいです。
で、10/19(日)になっていますよん。
AFFコース、頑張って下さい~。
  1. 2009/10/29(木) 05:39:56 |
  2. URL |
  3. Aki #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
三ヶ月ほどブランクがあったので、いま必死に取り戻している所です、あんなにアシにくるとは思わなかったし・・・(汗)

Akiさん:
あぁ、すっかり勘違いしてました、本文訂正しました。”日”が二日続いたら嬉しいかも!?

今まで山小屋に泊まったのは、日・月の夜だけですね。時期もあるでしょうけど、ガラガラでした、Akiさん一家でも十分宿泊可能なくらい。
  1. 2009/10/29(木) 09:40:18 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/471-61f62716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード