FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

奥秩父(甲武信岳ー金峰山)-その5

その5(食事編&反省会)

さて、恒例の食事編。
とはいっても小屋泊まりなので、昼食に何を持っていくか?に悩む程度なのだけれど、毎回何かしらチャレンジ精神を発揮して新しいメニューを増やしていきたいと思っているので、それなりにあれこれ悩んだりするのだ。

初日
昼:コンビニのおにぎり
  初日はいつもこんなものです、ハイ。
夜:とっても具が大きいカレーライス(小屋にて)
  薪ストーブで話し込んでいる時から、いい匂いが漂ってきて もう楽しみでしょうがなかった。
  具の大きさもさることながら味付けも山登りをした後にはぴったりの按配。
  柑橘類のデザート付、というのがまた嬉しいですね。
  ごちそうさまでした。

二日目
朝:ごはん、味噌汁、お新香類、卵豆腐(小屋にて)

昼:パスタ~!
  これが今回の目玉のひとつ。
  場所は国師ガ岳山頂。

20090525-Food01.jpgまずはパスタをゆでて・・・
 


20090525-Food02.jpgゆで汁でコーンスープを作り・・・


トマトソースの元を混ぜて、パンをのせて完成!
20090525-Food03.jpg
このトマトソース、ちょいと甘辛いのだけれど、山の上で食べる分には問題ナシ。きっと下界だったら濃くてしょうがないのかもしれない。ゆで汁でのコーンスープは何ら問題ナシ。下手に薄味のスープは避けた方が良いようだ^^

夜:なぁんとすき焼き鍋、野菜たっぷり(大弛小屋にて)
  これにはびっくり。わざわざ我々二人しかいない宿泊者の為に
  下から以って来てくれた小屋番さんの配慮に感謝です。
  小屋番さんも言ってたけど、ちょっと甘めの味付けがちょうどいい。
  これが「ピリ辛鍋」だったら、と考えるとぞっとするのは、やはり山に
  いるせいか。

三日目
朝:ごはん、ほうれん草と豆腐の味噌汁、?の甘露煮! 納豆
  朝から重箱を見せられてぶっ飛びそうになった(笑い)。
  味噌汁もちょいと甘めの白味噌で、これがまたなんとも言えぬ味わい。
  ごちそうさまでした!

昼:この日はパン。
  持参したきゅうりとソーセージを切って挟んで食す。
  下山日なのでさほどボリュームのある昼食は不要でしょう、ということで
  軽めにしたのと、いっぺん「パン食」というのをやってみたかったので。
  マヨネーズの小パックが大活躍。
20090526-Food01.jpg

そして最後の反省会(という名の温泉&めしタイム)。

山に行くときはいろいろと準備が必要。地図を用意したり、あらかじめ机上登山をしてみたり、と。帰路の温泉をどこにするか、というのもその一つ。今回も、日本百名山の本を中心に、140号線近辺で探したのだが、今回ほど「定休日」というものに悩まされたことはなかったのではないか・・・。

おっ、ここよさそう、とアタリをつけたところが、ことごとく「火曜定休」なのである。笛吹きの湯しかり、大菩薩の湯しかり。一応、火曜日でも開いているところは押さえておいたが、こういうことは地元の人に聞くのが一番、ということで、塩山駅から西沢渓谷に行くタクシーの中で運ちゃんに尋ねてみた。

「そうなんですよねぇ、町営の施設が多いけれど、そういうところは火曜日が休みの所が多いんですよ。そうですねぇ、はやぶさの湯なんかいかがですか?」
と一軒の湯を紹介された。いかがですか?と聞かれても、初めて聞いたのでなんとも答えようがない。場所を聞いたら、140号線沿いで寄っていくのも全く問題なし。ならば、そこに決めよう、と。やっぱりタクシーの運ちゃんに聞くのが一番だね、と我ながらその成果にヨシヨシとうなづいてみたりする。

西沢渓谷の駐車場で車をピックアップし、一路はやぶさ温泉へ。地図と周辺の建物を頼りに、そろそろ右側に出てくる頃に、「あった!」。信号のある交差点を鋭角に曲がらなければならないので、ちょっと焦ったが、目指すはやぶさ温泉はすぐ先に見えていた。建物が見えてくるとその手前が駐車場になっているようである。車は一台も止まっていなかった。変わりに一枚の看板が鎮座。


「本日定休日」
・・・・・・


あぁ、運ちゃん、ウチラの話、上の空だったのかなぁ・・・・。あれだけ火曜日定休のハナシをふっていたというのに・・・。

気を取り直して、ここでもバックアッププランが活躍する。
火曜日定休ではないことをチェックしておいた、はなかげの湯である。
ここも町営だが、木曜日定休。交差点にも割と大きな看板が出ていて、迷うことなく到着。やっと温泉にありつけた~。

さて、三日間の垢を落としたあとは、おなかを満たすのみ。
ただ、何せ田舎なので、営業時間がちょっと心配だ。140号線沿いにみかけたほうとうの店に行ってみるが、道路沿いの看板は煌々とあかりがついているのに、お店は真っ暗。Uターンしてすぐの交差点に「ほうとうのさとう」という看板を見つけ左にハンドルを切る。営業時間を見ると夜9時まで。思わずニンマリとしてしまう。外見はいかにも地元のほうとうやさん、という趣が漂っており、ちょっと期待してしまう。

まぁ、お腹がすいていたので過大な期待をしてしまったのは、仕方のないこと、実際には、「まちの食堂」といった趣たっぷりのメニュー内容だったのである。それでも、目指す「ほうとう鍋」もあったので(というか、ほうとうと名のつくものはこれひとつだけ)、これを注文し、あとは馬刺しをオーダーする。
そして出てきたほうとう鍋がコレ!
20090526-Food02.jpg

いやぁ、なかなかユニークです。
こんな鍋、初めて見たよ。小作にもない、オリジナルな鍋ですよ。
こんな個性的な鍋を見られただけでも、この店に入った甲斐があった、というもんです。

味のほうもなかなかイケましたね。味噌の甘みと野菜の甘みがうまくあっていて、量もこのあとのドライブを考えると適度でした。小作のほうとうって具沢山で強火で煮込んでいて強烈なパンチの効いた旨さがあるんだけど、あれ、かなり腹がふくれちゃうんだよね。

そんなわけで、温泉&ほうとう(&馬刺し)という、甲斐の国ならではの正統的な”反省会”も無事終えて帰路についたのが8時過ぎ、でした。

スポンサーサイト



  1. 2009/06/02(火) 22:04:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
<<LogBook その3 | ホーム | 奥秩父(甲武信岳ー金峰山)-その4>>

コメント

わ~い、食事編だ~♪
てっきり「その4」が食事編だと思い込んでいて、ワクワク読み進んでいたら終わってしまい、あれれ??と思っていました(笑)

パスタはてっきりインスタントだと思っていましたが、茹で汁で作るコーンスープといい、素晴らしい~!

そしてほうとう鍋の兜!
どーゆーこと!?
蓋、なんですよね?
その上でジンギスカン風に馬肉を焼くわけじゃないですよね?
何の意味があるんだか・・・(爆笑)

今おつまみなしで焼酎をのんでいますが、この日記を読んでお腹がすいてきちゃったじゃないの!
  1. 2009/06/03(水) 00:26:29 |
  2. URL |
  3. まーがれっと #nGdA3O4A
  4. [ 編集]

山なのに

パスタにスープにフランスパンですか~!
これにキャンドルと赤ワインがあればオサレなディナーに!!(ってお昼でしたね)

「流石日本のタクシーは世界一!!頼れる~」と思ったのにそういうオチですか(笑)

悪天候でスタートした今回の山登り、〆の温泉と鍋は格別だった事でしょう。

私も反省会の為に登りたくなっちゃいました。

  1. 2009/06/03(水) 13:04:38 |
  2. URL |
  3. M牛 #-
  4. [ 編集]

山で作る料理・・と聞くと私も興味深々!!
なるほど~!!と感心しながら読んでました(^^)

ほうとうの蓋には、ほうとう(ホント)ビックリ←かなり苦しい(^^;;
中身のほうとうの(本当の)ほうとう写真も見たかったです←しつこい・・(^^;

放蕩夫婦が食べた、ほうとう・・

すみません・・(^^;;
  1. 2009/06/03(水) 13:49:17 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

あれ?ビールが写ってない・・・??
  1. 2009/06/03(水) 14:50:22 |
  2. URL |
  3. わかぞー #-
  4. [ 編集]

まーがれっとさん:
パスタ&ゆで汁利用は、相方のアイデアでございます。

兜は単なる鍋の蓋なんですけど、インパクト大!
まぁ、信玄公にちなんでるんでしょうけど、あんなの見たのは初めてです。

>その上でジンギスカン風に馬肉を焼く・・・?
それ、面白い!
今度行ったら、お店の人に耳打ちしてきましょ。

>今おつまみなしで焼酎をのんでいますが・・
ムフフ、それは最高の誉め言葉です(笑)

M牛殿:
そりゃ「反省会」かあるから、つらい山登りも耐えられる、ってモンです。温泉と美味しい食べ物がなかったら、山には登ってないっす。

white birdさん:
久しぶりに炸裂ですね、ありがとうございます^^
中身の写真を撮り忘れたのは確かに落ち度・・・
いやぁ、蓋があまりにもインパクトあったんでね。

わかぞうさん:
ビールは、先に出てきた馬刺しであっというまになくなってます、ハイ。
(あっ、飲んだのは相方ですので・・・・・^^)
  1. 2009/06/03(水) 22:17:28 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/415-11c3c3a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード