FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

鍋割ー塔ノ岳ーヤビツ

最後は「万葉の湯」で〆ましたよ、もちろん!

前日に引き続き、朝5時起床。寝不足での山行きはよくない、という世間一般の教えなんぞものともせずに、6:01の電車に飛び乗っての山行きとなりました。

コースタイム
表丹沢県民の森 07:18 - 07:56 水積み込み 08:02 - 08:22 後沢乗越 -
09:22 鍋割山 10:25 - 11:36 塔ノ岳 12:05 - 14:12 三の塔 14:18 -
15:10 富士見橋 - 護摩屋敷の水 15:20 - 15:42 ヤビツ峠バス停

空模様が心配されたけれど、曇り時々晴れという予報を信じて出発。行きの小田急線からは富士山が拝めたものの、高度を上げるに従ってだんだんとガスが濃くなり、鍋割山につく頃にはすっかりキリの中、でした。

鍋割山付近は結構な寒さ。たぶん5度前後だろう、という話。ボッカした水は今回は二人で12.5リットル。あのデカイボトルの方は4.5リットルあるらしい。欲張って二本詰め込もうとしたけど、やめて1本L+2リットルに抑えておいてよかった、と、山頂に着いた時に自分の足が申しておりました(苦笑)。

ちなみに、山頂からの西側の眺望はこんな感じ(クリックすると大きな画像でこの日の景色が見られます)。
20090405-01-forSum.jpg


・・・・ちょっとアングルは違うけれど、大きく表示されたのが、間違いなくこの日の鍋割山頂からの西側の眺望でございます。 雲がなければ、サムネイルのように綺麗に富士山が見えるんですけど。

かなりの汗をかいてしまい、それが冷えてきたことと、気温自体もかなり低く、結構肌寒い山頂、そんな時の、ストーブを前にしての鍋焼きうどんはもう最高の御馳走でした。
20090405-02.jpgあえて難を言うなら、うますぎてボリュームもあるので、その後の行動開始が億劫になってしまうこと、ですか・・・・(だからこの日も一時間の休憩)。

重い腰をあげて塔ノ岳に向けて出発する。稜線伝いを歩いている時に、時々薄日が差してきたこともあったけれど、やっぱり「時々晴れ」の予報は正しかったようだ。今回の鍋割ー塔ノ岳の所要時間がちょっと短いのは、眺望が全くなかったため、写真撮影に立ち止まることが一度もなかっただけ。

塔ノ岳ではおきまりのコーヒータイム。微風、が空気はかなり冷たい。それでも、頂上には結構な人数でにぎわっていた。下山後の予定を考えると、あまりのんびりもしていられないので、ここでは30分ほどの休憩のみで、初歩きとなる表尾根の下りに突入~。

この表尾根歩きについては、また後日書くとして、今日のイベントのお題目の一つが、表尾根の下山口である富士見橋近くの「護摩屋敷の水」に寄って行くこと。ここはかつて専用のポリタンクまで買ってきて、結構な頻度で水を汲みに行った所。物珍しさもあったけれど、当時はほんとによく通ったもんです。さすがに熱も冷めてきて、もう何年も遠ざかっていたけれど、山歩きを始めてからというもの、一度は表尾根を歩いて、出発時に(もしくは下山時)水を汲んでいきたい、と思ってたのです。

当時と変わりありません。こんな感じの取水口が二か所あります。
結構な勢いで流れ出ていまして、20リットルのポリタンクでも、2,3分でいっぱいになってしまう位、でしょうか。山道具屋で購入した水用のビニールタンク(空っぽになれば折りたためるので最近愛用、2リットル)に入れて、さらに持参したボトル(500ml)も満タンに。あっというまにいっぱいです。

ま、ただ入れるだけじゃ面白くないので、また下らないオアソビをしてみましたけどね(笑)。
どんだけ下らないか、どうしても知りたい人は、下の写真をクリックしてみてください。

20090405-03.jpg

つづく。


スポンサーサイト



  1. 2009/04/05(日) 22:28:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<湘南平 | ホーム | 通り過ぎた・・・>>

コメント

懐かしい~!

丹沢!!神奈川県民の血が騒ぎます!
ヤビツ峠、三ノ塔、塔ノ岳、良く行ったものです。上空からですが。
菩提から1時間半かけて登って、二ノ塔からテイクオフ。
パラグライダーとバラスト(水の重り)を背負って機材重量約25キロ。
あの頃は若かった・・・。(遠い目)
  1. 2009/04/06(月) 16:34:42 |
  2. URL |
  3. M牛 #-
  4. [ 編集]

ほぉ・・

M牛どの:
天気が良い日にはよく見かけますよ。
25kgかついでよく登ってたね、エライ!

塔ノ岳の山頂みて、「この位の広さがあれば、なんとか着地できそうだな」などと考えたモンです。もちろんStilettoじゃやりたくないけど(笑)。
  1. 2009/04/06(月) 21:12:35 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

今回は、県民の森まで電車で行ったんですね!

広場を見かけると、このくらいの広さなら
ランディング出来るかも・・とは今でもよく思います!
一緒ですね!!
ただ同じように無風の時は、マイStilettoだと伸びて
向こうの塀にぶつかるかも・・もよく想像してます(^^;(笑)
  1. 2009/04/07(火) 13:20:57 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
入りと出が別になるので、車は使えないんですよ。回送サービスがあったらなぁ・・・・なんてね。

広場を見ると考えることはいまでも同じ(笑)。
whitebirdさん、まだまだ現役でイケますよ~。
  1. 2009/04/07(火) 21:10:26 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/381-9ff5b84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード