FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

武蔵越生ハイキング大会・詳報

10/26の日曜日、武蔵越生ハイキング大会に参加してきました。7km,17km、27kmと三つのコースのうち、エントリーしたのは27kmコース=約17マイル、ヨセミテのハーフドーム往復とほぼ同じ距離だ。標高差は違えど長い距離であることには変わりないし、久しぶりの20km超の歩きに、はたして両足がどこまで耐えられるか、興味津々で迎えたこの大会。きっかけはSkydiveつながりのマイミクAkiさんからのお誘いでした。

朝4時に自宅を出発、ほぼ予想通りの所要時間で坂戸に到着し、駅前のパーク24に駐車。ここは一日最大でも¥600という金額なので非常にありがたい。「7時前に越生駅について、出発は7:45頃かなぁ・・・」「どこで追いつけるかなぁ・・・」なんてことを言っていたけれども、実際には坂戸発6:14に乗れてしまったので、スタートしたのは7:15とずいぶん早くなった。もっとも、この30分のアドバンテージにどれだけ感謝したことか・・・・(汗)。


天気予報では曇りのち晴れ。、越生についても低い雲がたちこめており、今にも降り出しそうな空模様。雲低1500feet未満じゃないか、と思えるほど。桶川だったら間違いなくホールドでしょう。会場で受付を済ませて出発の準備をしていると、テントの下で準備をしているAkiさんご一家発見! そして名前だけは存じていたOさんとも初めましての挨拶をする。「じゃあお先に」とAkiさん御一行は7:00に会場を出発していった。それを余裕で見送る我が家(あとで苦笑・・)。のんびりと出発準備をしていたら、何やらポツリと落ちてくるものが・・・。靴紐を結びなおしているうちに視界に入る雨粒の数が増えてきてレインウエアを上下とも着ちまおう、と決心させるほどに。仕方なく肩にかけたカメラをザックに仕舞い、ザックカバーでしっかりと覆う。こうなるともうカメラを取り出すのもままならない。雨はすぐに小やみになって、昼前には完全に止んでくれたが、脱いだレインウエアは、ザックとカバーの間に挟んだままだったので、結局カメラを出したのはゴール後の記念撮影になってから。そんなわけで、いつものハイクのように写真を撮りまくりながら、とはいかず、ひたすら歩くだけになってしまったのだ。というわけで、今回のハイク日記は文字で楽しんで下さい。

改めてコースマップを眺めてみると、ゆずやウメ、サクラ、さるすべり、コスモスといった花の見所もたくさんあり、四季折々の楽しみ方ができそうな所だ。さらに食欲をそそるようなおいしそうな看板もたくさん目につく。今日はそういったところには寄りたくても寄れない、という事情が、普段なら何でもないような看板も10倍美味しく見える(笑)。ゴール後に「来年は17kmコースにして、『食べ歩きハイク』だな」なんて言い出す始末。「食べ過ぎ!」と言われそうだけど、それだけ歩けば摂取したカロリーも十分に消費されるのではないかな?

こういう大会にはつきものなのだろうが、こいつには悩まされた・・・・・・「渋滞」。
圏央道が川島町まで開通して、川越や横田基地周辺の渋滞とやっとおさらば出来たというのに。大高取山、傘杉峠、鼻曲り山と三つある大きな上りは全て渋滞もしくはノロノロ歩きとなったが、まぁ息を整える良い機会、と考えるしかないのかもしれない。しかし、我が家にとってはこの山中の道こそ一気に時間を稼ぐチャンスで、特に上りは頑張りどころであるのに、そこで思うように前に進めないのは大きなロス。というのも、今回発見(?)したのだが、我が家は舗装路を歩くとギアが一段下がってしまうらしい・・・・・・。スタートしてすぐ土の道で、高取山を越えて自然休養村までの80分あまりが山の中、
それを過ぎると、1時間半ほどは舗装路(一般道)が続くのだが、なぜかここでは後ろから歩いてくる人にどんどん追い越されてしまうのある。「あじさい山公園に行くんですか?」というような学生らしき10人ほどのグループにも追い越される始末。決してペースを落として歩いているつもりはないのだが、うーむ、なぜだろ? いや、ほんと冗談抜きに舗装路を歩くと”遅い”のだ・・・・・

残り7kmあたりの地点(鼻曲り山山頂)で待望のコーヒーブレイク。木陰から北の方向に稜線が見渡せる。ついさっき歩いてきた道のりだ。BROOKSのドリップパックで入れたコーヒーを味わっていると10分ほどしてAkiさんOさんが脇を通過していった、速・・・・・飲み終わる頃に追いつかれるだろうな、と余裕をかましていたのだがトンデモない。果たしてゴールまでに追いつくことが出来るのだろうか? ? ?

ところで、湯を沸かしている最中にとうとうアイツがやってきた。そう、古傷の左足すねの外側の痙攣である。長い距離を歩くと、まず最初にここが悲鳴をあげてくる。まぁ予想していた事態なのでさしてあわてることもなく対処。ここで少し長めの休憩をとって13:30出発。すぐ先の急な下りを過ぎれば、足の心配もほとんどなくなるのでもうひと踏ん張りだ。桂木観音で小休止していたAkiさんOさん一行にようやく追いついた。あとは一時間余りの歩程を残すのみ。最後は皆で揃って出発地点の会場にゴールイン、正真正銘の「ぐるっと一周」コース、無事完歩することが出来た。ゴール後は皆で記念撮影、右手に泡の飲み物を掲げた大人が三名ほど。そしてゆうパーク越生での”反省会”もとても楽しいひととき、でした。
-------

こういった大会への参加は初めてで、とにかくひたすら歩くだけ~、でしたけど、それはそれでいい経験になったかなと。これもAkiさんOさん達と一緒だったおかげかな。きっと我が家だけだと相当なのんびりペースになっていたと思うし、いい意味で「負けられない~」という気持ちが作用したようです。やはり、というか、距離的には30kmあたりが今の自分の限界かな、と思う。こいつを延ばしていくにはもう少しきちんとしたリハビリとトレーニングが必要だ、ということを再認識した一日でもありました。

最後に、この大会に誘ってくれたAkiさん、ありがとう! Skydiveの大先輩でもある旦那さんに久しぶりに会えたのも嬉しかったし、Oさんとも同行することができて感謝、です。それにしても、お子さんを背負ってもほとんど我々と同じペースで歩いてしまうなんて、話には聞いていましたけど、実際に目の当
たりにすると、脱帽!です(出発がもう30分遅かったら追いつけなかったでしょうね)。ゆうパーク越生の露天風呂で聞きましたけど、ダブルストックの威力はやはり相当なようですね。「道具で解決するならどんどん使った方がいいよ」、全くその通り、その意見に大賛成です、ハイ。

ちなみに我が家にはストックは一組しかないので、いつも一本ずつ使っています。
松葉杖なら二組あるんですけどね・・・・(爆)。

コースタイム
自宅発(4:00)-坂戸駅パーク24(5:56)- 会場(6:45)

出発(7:15,1847)-大高取山CP1(8:03, 8:10,6150)-自然休養村(8:40,9054)- 龍穏寺(9:25,13760)- 黒山CP3(9:53,10:04,16638)-傘杉峠(11:00,20296)-顔振峠(11:34,23056)-諏訪神社CP4
(11:50,12:04,24625)-鼻曲り山(13:05,13:30,30469)-桂木観音(14:23,35400)-虚空蔵尊(14:54,38360)-ゴール(15:25,41590)

*時刻の後ろの数字は万歩計の歩数です、参考までに。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 21:15:41|
  2. 旅行(国内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<干し柿飼育日記(七日目) | ホーム | 干し柿飼育日記(五日目)>>

コメント

お疲れ様でした! 来春は秩父七峰ですよ~ ^^
来秋の、食べ歩きハイク、乗ります!
のんびり景色や食べ物を楽しむのもいいですよね。

ダブルストックとサポートタイツはオススメです!
#七峰は、ストックはご遠慮下さい とありますが。
自分の体力・筋力アップを棚に上げ、お金で解決できるならという考えです。。

また、どこかのお山、ご一緒できたら嬉しいです!
  1. 2008/10/31(金) 09:08:32 |
  2. URL |
  3. Aki #-
  4. [ 編集]

Akiさん:
とりあえず「食べ歩きツアー」の前に秩父40kmあるかにゃならん、ということなのかな?^^

はい、是非ともまたどこかご一緒しましょう。
“反省会”もいい場所を探して、ね!
  1. 2008/10/31(金) 21:07:08 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

何であれ、スポーツ後の泡の出る飲み物と温泉は格別ですよね~

ハイキング大会(しかも27km)は、私には想像もつきませんが(^^;
写真無しの文章で楽しませてもらいました^▽^
  1. 2008/11/01(土) 16:00:03 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
皆それぞれこだわりの飲み物がありますからね~。泡の方もいれば、カフェインの人もいますし^^。

27kmは想像で出来なくても17kmならOKですよね?
  1. 2008/11/02(日) 17:56:13 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/282-b58e943e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード