FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

尾瀬ーその3 二日目

前夜の消灯は9時、そう、山小屋の夜は早いのです。その消灯時間よりも30分も前に眠りにおちてしまいました。セットした目覚ましの時刻は4:45、雨の予報ではあったものの、一縷の望みをかけて、日の出頃の尾瀬沼の様子をカメラに収められたらなぁ、と期待して。

周りの物音に全く気がつかなかったワタクシ、どうやら3時半頃から早起きの人たちがゴソゴソガタガタしていたようです。自分が起きたのは目覚ましがなる二分前、窓の外を見ると晴れ間も広がっているようです。ラッキー!

早速、上下のレインウエアを羽織ってカメラ片手に周辺の散策に出かけた。

20080729-02.jpg朝靄の残る尾瀬沼。後方は、一番右のピークが燧ケ岳(俎グラ)


沼全体をうっすらと霧が覆っているモノトーンの情景は、なんともいえない雰囲気を醸し出している。そこに黄色い花びらを咲かせているニッコウキスゲが嫌でもその存在感を増しているように思えるのである。例年よりも少ない、というのが、逆にアクセントになっているかのようだ。

それから、大江湿原方面に足をむけ、周辺でしばし撮影タイム。ニッコウキスゲの花が霞んだもやと葉の緑と対比して、黄色の鮮やかな花びらがまぶしく輝いている。

あれこれ写真をとってから、長蔵小屋裏手にまわってみた。ここは沼のほとりで正面には燧ケ岳がみえる絶好の撮影ポイントのひとつなのだそうだ。すでに三脚+水平儀をセットしたカメラが数台立てかけられてていて、熱心にシャッターを押していた。

20080729-03.jpg左に見える三本の松、これかなり有名なんだそうです。周りにいたカメラマンの人に教えられたのですが、なるほどいい味出してます。


朝の心地よい散歩のあとはもちろん朝食タイム。日の出前後の時間の散歩を狙っていたので、朝食時間は5:30を選んでいたのが大正解。朝からどんぶりでご飯を食べたのなんて、いつ以来かな?

この頃になると、空模様があやしくなってきて、明け方に見えていた青空はもうほとんど見られず、どんよりとした雲が空全体を覆うようになってきた。朝食までの素早い行動とは裏腹に、一気にのんびりモードに(苦笑)。天気がよければ三平下あたりまでは散策してみようかと考えていたのだが、それも却下。7時頃になるとぽつぽつと雨が落ちてくるようになってきたので、これはもう沼山峠に直行パターンだな、とあきらめて、結局宿を出発したのはチェックアウト直前の7:45.今度は上下ともレインウエアをしっかり着込んで完全防備体勢だ。

20080729-04.jpg長蔵小屋。外観は古い小学校の校舎のよう。古びた感じの木造建築がなんともいえない雰囲気を出していた。周辺の山小屋も同じような色合いで、尾瀬の景観を損なわないような配慮が感じられて、少々嬉しくもある


それにしても、山の天候は変わりやすい。30分ほど前は「あぁ、また雨の中歩くだけかぁ、交代で傘持って写真撮影するくらいかな?」と諦めていたが、宿を出る頃になると、雨は落ちておらず少し明るさも戻ってきたようだ。せっかく羽織ったレインウエアだったが、暑くなってきたので上は脱いでしまった。

ビジターセンサーを少し覗いたあと、大江湿原方面へと足をむける。ここは尾瀬でも一番のニッコウキスゲの群生が見られるところとして有名だが、今年は鹿による害と、7月にあった遅霜の影響で、例年の2割程度しか咲いていないという。確かに日本百名山や尾瀬のガイドブックで見た見事な黄色い絨毯とは比べるべくもない光景だ。開花のピークは一週間ほど前だったらしいが、湿原における花の密生度という点ではあまり変わっていないようだ。
20080729-05.jpg大江湿原内から尾瀬沼方面を望む。これ、例年の2割程度だそうです。「例年並み」といったらどれほどになるのか、想像してみてください。


それでも、時折まとまって咲いているところがあると、そこには大勢の人が群がっている。みんなこれが見たくて来たんだもんね。我々もあっちこっちで立ち止まりながら、思い思いに花の様子、湿原の景色をカメラに収めていった。

そんなこんなで直線距離にして1kmあまりのところを一時間近く掛けて進んで、小淵沢田代との分岐にたどり着いたのが8時50分頃、ここから先500mくらいで湿原ともお別れだ。ここで小休止して、尾瀬沼を振り返り、「来年こそ頼むよ」と願をかけてから出発、もうあとは沼山峠まで木道を歩くのみだ。

この時間になると、峠からやってくる人たちと頻繁にすれ違うようになってきた。沼山峠からは距離にして3kmあまり、全線木道になっているのと、途中100mあまりの標高差を上り下りするだけなので、日帰り圏内かつ、ちょっとした散歩気分でも往復できてしまう(もちろん天候によるけれど)。たまに脇に咲いている花の写真を撮ったりしてあるくこと40分あまりで沼山峠の休憩所に到着、バスの時間まではまだ一時間以上もある早い到着、でした。

20080729-06.jpg沼山峠の入り口。ここから登ると、最初の500m位で標高差100mを登るので、かなりの急坂になる。

このあと、10:40発のバスに乗って会津高原尾瀬口へ着いたのが12:35、12:50に電車があるがそれはスルーして、歩いて3分ほどのところにある「夢の湯」へ立ち寄って温泉にざぶーん! やっぱりハイキングの後の温泉は最高だ。13:46発の電車になんとか滑り込みセーフで、鬼怒川温泉駅で特急に乗り換えて浅草へ。そこから銀座線に乗って神田に出て山手線で東京駅、そこから東海道線にのり、最寄り駅に着いたのが6:30過ぎ。尾瀬口駅から5時間余り、結構な長旅であった。
(つづく)

この日の歩行距離:7213歩、4.5km+α
(朝食前の散歩で結構歩いたようです)

ところで、新聞にも載ったのでご存知の方も多いだろうが、駅に降り立ったその一時間後に刃物を振り回した女性が現れた、というニュースを聞いてびっくり仰天。向こうでのんびりしてもう一本あとの電車にしていたら、現場に遭遇していたかもしれなかったのだ。手には登山用のストックを持っていたので、そいつを振り回していたかもしれないな・・・などと考えてしまったが、怪我をされた方、本当にお気の毒です。なんでこういった我儘な事件を起こす輩が多くなってしまったのか、「誰でもよかった」という犯行の矛先に自分がなってしまったら、ということを考えてみて欲しいものです。

スポンサーサイト



  1. 2008/07/31(木) 21:41:46|
  2. 旅行(国内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<尾瀬-その3 花特集 | ホーム | 尾瀬-その2 初日>>

コメント

なんか写真、カレンダーにしてもいいくらい綺麗だし
撮り方上手!!
そういえば尾瀬は私は1回も行った事ないです・・(^^;

駅のニュース見ましたよ!
すぐに「大丈夫だったかしら?」と心配しましたが・・
ホント事件に遭遇しなくて良かったです!
  1. 2008/07/31(木) 23:22:12 |
  2. URL |
  3. white bird #-
  4. [ 編集]

white birdさん:
お褒めのお言葉、ありがとうございます。
最低でも3回、時期を変えていけばカレンダーらしきものが出来るかも?
その折には、無理やり受け取って頂きますヨ(笑)
  1. 2008/08/01(金) 00:27:41 |
  2. URL |
  3. BK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/229-1bd1b897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード