fc2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

また来シーズンに(大天井岳)-その3(星空編)

タイトル、場所は大天井岳じゃないんだけどまぁご愛敬で^^

時刻は01:00過ぎ。相方の方が先に起きたようで「星見えてるよ!」の声に飛び跳ねるように起きだした(苦笑)。
そう、夕食後からは濃いガスに包まれてこの晩の撮影が危ぶまれていたのだ。

イルカとおおいぬと、01:31
20211115-301_9058-9.jpg

また来シーズンに(大天井岳)-その1はこちら
また来シーズンに(大天井岳)-その2(真っ赤な夜明け)はコレ
また来シーズンに(大天井岳)-その3(星空編)はこちら

一枚目はSNSにも投稿したけれど、原版はこちら。投稿したのは少しトリミングしたやつ。
20211115-302_9058-4.jpg
この時、月齢10.2の明るい月が西の空低くまだ煌々と灯りを放っている時刻。
この日の狙いは月没前後の差異を撮りたくて・・・。

エビの尻尾を纏ったイルカも魅力的だったんだけど、一週間ほど前に降ったあとは全くの雪なしですっかり溶けてしまったようで。

月没迄はまだ時間があるので、北の燕岳にカメラを向け大熊の尻尾を。
01:36
20211115-303_9072-4.jpg

では本命のイルカに向けて、オリオン+冬の大三角形を入れて月没前後の撮影開始!
24-120なのでプロキオン入れるのに必死^^;
01:49
20211115-304_9078-3.jpg

フィルター付きで20枚ほど撮影したあと、フィルターを外す。冬の星空の雰囲気を出したくて。
01:50
20211115-305_9080-3.jpg

徐々に月が裏銀座の稜線に沈んでいきます、それに従って周囲もはっきりとわかるくらい徐々に暗さを増していく。
01:53
20211115-306_9090-3.jpg

あと少し・・・・、再びフィルター装着
01:51
20211115-307_9101-3.jpg

この日の月没時刻は02:02、少しカメラの時刻が早かったのかな?と思いきや、裏銀座の稜線そのものが標高あるので暦の月没時刻よりは早くなる、というわけ。

見た目でも月が沈んでいった直後。同じ露出でインターバル撮影をしていたので、周囲がはっきりと暗くなったのがよくわかる。
01:58
20211115-308_9108-3.jpg

ん?
数分前からイルカ岩のヨコにライトらしきものが点滅しているのに気が付いた。どうやら同業者のようで、彼らは月没を待っていたのかな、と。こっちの存在を知らせるべくいっぺんライトつけたりしたけれど、どうやら慣れた方たちのようで、必要最小限のあかりしか使われていませんでした(ホッ・・・)

あたりは真っ暗、わずかな星明かりに照らされるのみ。
彼らも一心に撮影しているようです。
02:08
20211115-309_9132-3.jpg
これ、実はほとんど手を加えてません、現像はしているけど、ほぼ撮って出しに近い状態。
この前の写真もほとんど手つかずで、イルカ岩や周囲の登山道の様子を見ればそれだけ月明かりの威力がわかるというもの。

イルカ岩との戯れの最後(再びフィルター外して撮影中)。岩のそばから撮影していた彼らはもう撤収したようです。
02:12
20211115-310_9150-3.jpg

見上げればほぼ天頂付近を冬の天の川が南北にわたって広がっていた。カメラを北に向けてカシオペアと北天の天の川を。
02:19
20211115-311_9174-3.jpg
冬の天の川のサラサラ感を出したくていろいろ頑張ってみたけど、うーん、まだまだです。
(モニターで見た時はいい感じに見えてたんだけど、アレ?って感じで^^;)

フィルター付けるとカシオペアがぐっと存在感が増してきますね。
02:23
20211115-312_9184-3.jpg

シグマの対角魚眼に付け替えて北天の天の川を。北斗七星とカシオペアも入れて。
02:34
20211115-313_9206-4.jpg
この対角魚眼、二年前に使った時、黄道光クロスを撮ることが出来たので、以来頼りにしている一本です。

見上げれば天頂を渡る冬の天の川。こんな撮り方したのは初めてかな。
02:35
20211115-314_9208-4.jpg

イルカ岩を中心に南側にもカメラを向けてみた。
02:41
20211115-315_9222-4.jpg
そういえば相方が言ってたけど、イルカ岩のヨコから撮ると槍ヶ岳も入るんだって。
でも、言わないと分からないくらいちっこくしか映らないだろうなぁ・・・。

ここでの撮影はこれにて終了。
一時間ちょっとの撮影だったけど、風が強い(おそらく風速10~15m)、おまけに気温がマイナス8℃(マイナス1℃だと思ってた!)で体感的にはマイナス15位の厳しい条件下、まぁ頑張った方かも。まぁちょっとこの寒さを舐めてた節があって、装備(着るもの)がやや甘・・・。寝床に入って布団にくるまってもしばらく震えが止まらなかったもんなぁ(苦笑)。

やっぱり気になるこのアングル。
02:57
20211115-316_9237-4.jpg

安曇野市街の夜景も美しいなぁ、と思いながら数枚シャッターを切ったら、そのうちの一枚に流星が飛び込んできた。
少し早いけど、どうやらしし座流星群だったようで。
02:59
20211115-317_9239-4.jpg
好きな星座の一つだったはずなのに、そのしし座の存在をすっかり忘れていて、左上に切れながらもかろうじて写っている有様・・・。まだまだですなぁ。

また来シーズンに(大天井岳)-その1に戻る


スポンサーサイト



  1. 2021/11/28(日) 21:15:20|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初冬の湘南平からオリオンの出を・・・ | ホーム | 上空はまだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1325-f61b24c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード