FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

合間の西穂高岳

前日は雨。ロープウェイで山頂に向かう頃に上部で晴れ間が広がり始めて、翌日下山後の晩には初冠雪。
見事に合間を縫っての西穂行きでした。

20191020-01.jpg

10/20(日)
自宅発3:17、鍋平P7:50
山頂駅 9:10 - 西穂山荘着 10:15
山荘発 12:04 - 13:01 独標 13:19 - 14:04 山荘(テン泊)

10/21(月)
山荘発 5:28 - 6:33 独標 6:35 - 7:00 ピラミッドピーク 7:10 - 7:54 西穂高岳山頂 - P1 8:36 - 
9:45 独標 9:56 - 10:38 山荘着(テント片付け等) 12:19 - 13:17 山頂駅

どうなるかわからない天候に加えて台風の被害も各所で見受けられて、予定していた山行きも直前まで迷ったけれど、驚くべき速さでの中央道の復旧も後押ししてくれて、西穂テン泊へ。駐車場を出るころは雲の下だったこともあってたまに小雨パラつく空模様。雨具の上着だけ着込んで出発したけど、冒頭の写真のように途中からは見事な晴れ間。テン泊なもんでとりあえずこの空模様に一安心。
20191020-02.jpg

さすがにこれだけでは体がなまってしまうので、1時半~2時位を限度に上まで行ってみることに。

ほぼ空荷だったので独標までは一時間切り。ピラミッドピークまで行くと山荘に戻るのが3時頃になるので、本日はここで引き返し。
20191020-03.jpg

飛騨側はずっと雲の下、でした。
20191020-04.jpg

本日のてテン場。数えたら21張でした。
20191020-05.jpg

本日の夕飯は、「春雨の肉野菜炒め」なんちゃらだとか。これより一時間ほど前に前菜としてチーズホンデュを頂いてました^^
20191020-06.jpg

かなり低いところまで雲が立ち込めていて、テン場からは夕焼けの様子が見えない程度だったけれど、山荘の脇までいってみると地平線近くはいい色に染まってました。トリミングすればそれなりに。
20191020-07.jpg
雲海もまた見事でした。

日没後1時間経過して、わずかに肉眼で一等星が見える程度の空模様。あまり期待しないで少し上がって乗鞍まで見通せるところに出て撮影開始。したもののご覧の通りの雲模様。雲海だけは見事といえるくらいだったけどいかんせん肝心の星がね・・・。
20191020-08.jpg

デネブだけどうにか入れて。
20191020-09.jpg

未明に冬の大三角形でも、と思ったけど、オリオンのすぐ脇に半月どっかりと居座り・・・。
月明かりに負けないオリオンと大三角形、とでも称して撮っておけばよかったかな、と思うも、霞がかかったような空模様だったのを見て潔く諦めて即シュラフの中に戻ったのでした。
(テント泊だと、ちょっと顔出して星が見られる、ってのを実感^^)

----
翌朝は4時起きの5時出発、のはずだったけど、アルファ米食べながらのろのろしてたため、結局5時半頃出発。
相変わらず雲多しで、地平線のあたりのみ切れている感じ。ほんのわずかだけど赤く染まってくれた。
20191020-10.jpg

昨日の方が富士山はくっきり見えてたかな。
20191020-11.jpg

独標の鎖場を越えて最後の登りに差し掛かるところに慰霊碑があります。存在は知っていたけどきちんと見たのは初でした。
20191020-12.jpg

ピラミッドピークを過ぎて・・
20191020-13.jpg

4峰のチャンピオンピークも越えて・・・、ってここもうちょっと目立つピークだと思っていたけど勘違いでした^^;
20191020-14.jpg

2峰の手前から振返ってピラミッドピーク~独標に至る稜線。飛騨側から雲が湧いているけれど昨日ほどではない。
20191020-15.jpg

直下の急登部。足の置き場に迷うんですよね→下りの時に面倒・・・。
20191020-16.jpg

4年ぶり、の西穂高岳。相方は今年4月に行ってたっけな・・・。
20191020-17.jpg

で、本日は西穂の先に足を延ばしてみた。
20191020-18.jpg

といっても、西穂のすぐ先のP1というピーク^^;
20191020-19.jpg
他P2とかP3とかあるのかと思ったけど特にないらしい。
この先はまたいつか(体力のあるうちに行っとかないとなぁ)。

北側から見る西穂高岳。
20191020-20.jpg

P1側からの西穂直下の登り。結構な斜度があるけれど、足場はしっかりしているので問題なし。
20191020-21.jpg

山頂を後にして2峰を過ぎてすぐのところで相方がこちらを振り返って指を口にあてて「しー・・・」。
雷鳥3羽とご対面出来ました。
20191020-22.jpg

そのうちの1羽なんぞ、こちらの足元をちょこちょことすり抜けていったのでこっちがびっくり。
20191020-23.jpg
ここで10分くらい立ち止まってシャッター押しまくり(苦笑)。
近づく冬を目の前にして毛の色もだいぶ変わってきたようで。

山荘についてのんびりとテント撤収したらいい塩梅にお腹が空いてきたので、この度ようやく西穂ラーメンデビュー。
下山して丁度良い時刻かと思うあたりで山荘出発して下山。心は既にうちPの温泉とウェルカムハウスに・・・。

鍋平で降りてひとしきり黄葉の撮影に。いいあんばいで黄色く色づいてました。
20191020-24.jpg
”紅”が少ないのを残念がる声が多いようでしたけど、個人的には”黄”葉の方が好み。黄色の濃淡の色づき具合がなんともいえないです。

この晩、温泉と美味しい夕飯と楽しい語らいのひと時を堪能・・・・。
-----
帰路、新穂高ロープウェイ方面と中尾温泉の分岐の所に来たらなんと槍ヶ岳方面が白く染まってる!
旧道を走って見晴らしのいいポイントに行ってパチリ。
20191020-25.jpg

テン泊が一泊ずれていたら・・・・、
天気が一日ずれていたら・・・・・

ほんとに今回は幸運が重なった山行きでした。

山はもう冬支度、
防寒装備に今年はワークマン製品をいろいろ試してみようかと^^


スポンサーサイト



  1. 2019/10/27(日) 22:11:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<冠雪の大天井岳ーその1 | ホーム | 2019America-その10(おまけ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1207-0b42da21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード