FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

八ヶ岳縦走のはずが・・・

待ちわびた梅雨明け後、以前からプランしていた権現からの八ヶ岳縦走を決行すべく準備万端。
・・・なに、いきなり降って沸いてきた台風だって・・・・。

行っていけなくはなさそうな空模様だったけど、トレーニングでもあるまいし荒天をついて歩いても面白くないし、やっぱり赤岳~横岳の稜線は眺めのいいときに歩きたい・・・・。代替えプランもいくつか浮かんだけど、結局ぶなんなコースに落ち着きました。入りと出を同じにしようとすると制限多くなっちゃいますね。ま、軽くリハビリのつもりで^^;

20190728-004.jpg
今回、目的の一つだったクリンソウ。

7/28(日)
稲子湯 7:48 - 8:42 コマドリ沢 ー 9:07 しらびそ小屋 9:19 - 10:40 本沢温泉 10:55 - 11:53 夏沢峠 12:03 - 13:01 硫黄岳 13:14 - 13:25 赤岩の頭 13:55 - 14:20 オーレン小屋

7/29(月)
小屋発5:55 - 6:40 箕冠山 - 7:34 東天狗岳 8:04 - 9:03 中山峠 9:08 - 10:09 しらびそ小屋 10:33 - 11:25 稲子湯


真夏の山の中、緑も一層濃くなってますね。
20190728-001.jpg

ここを歩くのは2010年以来!(相棒は二週間前に歩いているけど)。当時の登山道の一部が崩れてしまったとかで、コマドリ沢のすぐ手前までかなり長い間林道区間に代わっていた。こういう林道って意外と歩くのがツライ^^;
20190728-002.jpg
その代わり、ここからはあまり頑張らなくても30分弱でしらびそ小屋に到着する。

見えるのは稲子岳で硫黄岳方面は雲に隠れてる。最悪、雷雨等天候の崩れがあれば夏沢峠からオーレン小屋に直行だけれど、さすがにそれだとリハビリにならないしなぁ・・・・。どうにか持ってくれよ、と祈りつつ出発。
20190728-003.jpg

このしらびそ小屋から本沢温泉方面への道すがらにクリンソウの群生地がある。冒頭に載せたのが最初の群生地にあったもので、ここは中山峠との分岐から5分くらい歩いたところにある。水の流れがあるとその近くに群生している感じで本沢温泉方面にいくまでに三か所ほどの群生地を観ることが出来た。

ここは最後の一か所で、おそらくは水芭蕉も咲いていたであろう場所。この巨大な葉っぱはあの水芭蕉の葉(に違いない)。
20190728-005.jpg

本沢温泉にある「日本一標高の高い露天風呂」、登山道からみたら若いにーちゃん達が湯につかっていたけど、いったん湯を抜いた直後だったのか、浴槽の1/3くらいしかまだ湯が溜まっていなかった。なもんで、まーるみえ(笑)。

夏沢峠で一休みのあと、天候は持ちそうな感じだったので硫黄岳へ向かうことに。途中、ガスがかかったりはれたりを繰り返しながらも崩れる気配は感じられないことに一安心。
20190728-006.jpg
ここの登りで結構バテてきたようで、足の運びが鈍くなる。また周囲の岩の模様から、適度な大きさの岩がライチョウに見えてしょうがない(苦笑)。ここでライチョウ見かけたら世紀の大発見だし・・・。

ガスガスの硫黄岳山頂でないだけまだまし、ということで^^
それでも主稜線はほぼガスの中。もし予定通りの縦走をしていたら、今頃はもうオーレン小屋に到着していただろうけれど、うーん、やっぱりこのガスの中歩いていてもなぁ・・・、という天気だった。
20190728-007.jpg

赤岩の頭まで降りてそこでコーヒーブレイク。
するも徐々にガスが濃くなってきて、とうとうポツポツときた。遠くでは雷鳴も聞こえてきている。典型的な夏の山の午後といった感じだ。急いで片付けて、脱兎の如くオーレン小屋方面へ下っていく。トレラン選手ってくらいの速さで降りてったような・・・。

この晩、消灯時刻近くになってものすごい雨に見舞われた。逆にこれだけの雨が降ってくれればそのあと晴れ間が広がるのでは、と期待させてくれるほど。その期待通り夜半過ぎには晴れ間が広がってくれて、もっていった三脚が無駄にならずに済んだ(笑)。

翌朝はほぼ予定通りに小屋を出発。
20190728-008.jpg

箕冠山を越えるとそこはコマクサの大群生地!
というほど派手ではないけれど、ガスにまかれた根石岳麓には、まだまだコマクサが沢山咲いていてくれた。
20190729-001.jpg

東天狗直下の岩場地帯、ここにはいろんな高山植物が咲いていて、通過するのに時間がかかる所(苦笑)。小さな花、mだたないけど珍しい花が結構咲いていて楽しませてくれる。
20190729-002.jpg

一輪のイワベンケイもなかなか素敵。
20190729-003.jpg

東天狗直下の最後の登り。この金網も相変わらず。
20190729-004.jpg

ガスガスの視界の効かない中、東天狗山頂に到着。ここでモーニングコーヒーとする。
視界もなく、団体さんも登ってきたこともあって、ぼちぼちいくか、と30分ほどで腰を上げて出発~。

天狗から中山峠方面の道も高山植物の宝庫。ちょっと時期が遅くなっちゃったけど7月上旬に訪れるとこのあたりもまた通過に時間がかかるところ。

そしてたぶんこれ、毒ぜり。かじってないからわからないけど(当たり前)、茎の様子から間違いない。
20190729-005.jpg

無雪期のここ、ほとんどフィールドアスレチック並み。下りとはいえなかなか通過には時間がかかる個所ばかり。積雪期の方がどんだけ楽か・・・・・。脚いためたりズボン汚したりするのはたいがいここ^^;
20190729-006.jpg

中山峠からしらびそ小屋に向かう道、あぁだいぶまえにここ登ってきたなぁ、なんてことを思い出いながら歩く。中山峠直前はとんでもない急登で、写真でうまく撮れないほど。そして道がなだらかになったな、と思ったらだいたいそこが半分かちょい手前位だった、ってこと。ほぼほぼ水平になってからがほんと長いんです。

みどり池周辺には全て苔で覆われている木の切り株がいたるところで見られる。長い年月をかけてこれだけの鎧をまとってきたんだと思うけど、そんな悠久の営みを感じさせてくれるこの森、いちどテントを張って夜を過ごしてみたいと思ってる。
20190729-007.jpg

夏沢峠での星空編はこちら。
スポンサーサイト



  1. 2019/08/11(日) 18:19:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<夏沢峠の星空 | ホーム | リザーブ交換>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1193-a3ea1e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード