FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

鍋割・塔ノ岳

年初に行きそびれたもんで今年初の鍋割が今日になっちゃいまして・・・。
1年ちょっと空いちゃったし、塔ノ岳まで足をのばしたのに至っては、2017/9以来^^;
久しぶりのフルコース14km弱(+α)
20190224-001.jpg

駐車場6:37 - 7:11水場7:22 - 7:44後沢乗越7:49 - 8:53 鍋割山 9:53 - 11:00 塔ノ岳 11:37
-12:26 堀山の家 12:30 ー 13:13 二俣 - 13:39 駐車場

3.6+2.8+2.5+2+2.4=
微妙に小さい写真はクリックすると拡大表示します。

今日は乗越~山頂間は70分目標で行ったんだけど、心拍数は上がるも割と足が前に出てくれて65分切るタイムで上がれたのが収穫。珍しくソロだったのでザックのわきに挿した水筒を、担いだまま元に戻すことが出来ずに、そのたびにザックおろしてたのが悔やまれる(苦笑、単に肩が固いだけ^^;)。水とめんつゆ合わせて12リットルに抑えておいたのがよかったのかも!?
20190224-004.jpg

それにしてもいい天気。八方方面も快晴だったみたいで(ここからは見えないけどね)。
南アルプスは無論、塔ノ岳からは八ヶ岳もくっきりと見えていた。
20190224-002.jpg

鍋割~塔ノ岳の稜線も歩くのは久しぶり。いろんなところが整備されていて感謝です。
20190224-003.jpg
これなんかは水切り用の仕掛けなんだけど、ほんとに丹沢は土砂の流出が激しい。

そうそう、雪も全く影も形も無し。例年ならドカッと降った後も、ちょくちょく降雪があるので(いわゆる、地上は曇りでも丹沢は雪、というやつ)それなりに長い期間、雪道歩きが楽しめるんだけど、今年は降った後全くなしだったみたい。

一年七か月ぶりの塔ノ岳。ここも普段よりは空いている感じ。
富士山から伸びる雲がいい感じ。
20190224-005.jpg

定番の堀山の家から二俣ルート。
つい先日行ってきた相棒から「ピンクリボンつけまくりおじさん」の話を聞いていたけど(なんでも、視界に入るところに数か所つけていったらしい)、ここだけは、うん、いい仕事したな、と思う。ここ、いきなり道が左に切れ込んでいるので、勢いで歩いていると見逃すことが多いところ。もっとも数メートル進んだらあれ?って気が付くんだけどね。さらに言うなら、このコース、堀山の家のところの道標から「二俣」の部分が撤去されているので、ほんとに知っている人しか通らないルートになってしまっている。
20190224-006.jpg

陽気に誘われたか、雪もないのが見て取れるのか、今日もランナーの方、沢山いました。
大倉尾根を疾走するように駆け抜けていった外国人交じりに3or4人組には閉口・・・。まぁ通り過ぎるときにこちらと目を合わせて軽く感謝の意を示してくれただけよし。
後ろからきて、気が付いて脇によけていたら、グループ4人とも脇を通るときには歩いてくれてこちらに気を使ってくれる方々も。でもね、ただでさえ傷みやすい登山道、そこを駆け足でいくってことは歩くよりも数倍のダメージを与えているってこと理解してる?ぬかるみを勢いよく抜けていったけど、あーあ、さらにぐっちゃぐちゃになっちゃうじゃん。
歩いている登山者に気を使ってくれるのはうれしいんだけど、同じように「山」にも気を使ってくれるともっと嬉しいなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2019/02/24(日) 17:37:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<立ち上がってきた天の川 | ホーム | 立ち上がり天の川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1175-968272f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード