FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

GrandTeton & Rocky Mountain その3(HermitagePointへ)

9/10(月)、この日は早朝野生動物ウォッチングと称して、有名なOxbordBendへ足を運んでみた。時刻は6時半過ぎ。日の出時刻が7時前なのでやや薄暗いけれど、さすが有名なポイントだけあって、既に20人余りの人が思い思いの場所でカメラを片手にいつ現れるかもしれない動物たちを待っていた。

朝陽を浴びて輝くモラン。
20180910-01.jpg
運が良ければ、立派に成長した角を持つエルクの姿が見えるらしいが、この日は全くのはずれ。見れたのは水辺を泳ぐ鴨達だけ・・・、でした。

「GrandTeton & Rocky Mountain その1(いざティトンへ)」はこちら。
GrandTeton & Rocky Mountain その2(TagardLake&BradlyLake)はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その3(HermitagePointへ)」はこれ。
「GrandTeton & Rocky Mountain その4 JannyLake&CascadeCanyon-1」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その5 JannyLake&CascadeCanyon-2」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その6 三度目の星撮影」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その7 コロラド州へ」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その8 フラットトップマウンテン」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その9 4000m越」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その10 TrailRidgeRoad」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その11 RockeyMt.での冬のダイヤモンド」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その12(またな、NP、?たびサンフランシスコへ)」はこちら。
「GrandTeton & Rocky Mountain その13 最終日」はこちら。



日の出を過ぎること30分あまり、もう今日は無理だな、と諦めて宿に引き上げた。
下の写真は8時前に撮ったものだけれど、日の出から一時間もしないうちにこんな霞んだ空模様になってしまった。
天気はいいけれど、澄んだ空気はいったいどこへ・・・???
20180910-02.jpg

宿に戻って一息入れた後、ハーミテージポイントへのハイクへと出かけた。
ハーミテージポイントとは、コルターベイのビジターセンター脇を出発点として、ジャクソンレイクの北西岸に突き出ている半島の先端で、なだらかな丘陵が続く場所だ。累積標高差はおそらく100mあるかないか・・・^^; ガイドブックによれば、ここも野生動物の宝庫らしく、様々な動物たちと出会える、なんて書いてあったけど。

トレイルヘッドから左下に見える半島の先端まで歩いてみた。総距離9.7マイル(約15.7km)。距離だけは歩いたな。
20180910-00.jpg

トレイルヘッドからのぞむモラン。
入り江の最深部だけあって湖面は静かそのもの。逆さモランがきれいに写っていた(けれど、空が霞んでいなければもっとクリアな画が撮れたんだけどね)。
20180910-03.jpg

ようやくであった野生動物のミュール(鹿)。エルクではありませんでした。
20180910-04.jpg

1マイルほど歩いたところにあるHeronPond。一面にハスのような植物が茂っていた。これらももうすっかり落葉状態。
20180910-05.jpg

そのHeronPondの端まで行くと、ティトンもお目見え。
20180910-06.jpg
湖の向こうにかすむティトン峰・・・

ほとんど平地なので、5マイルあまりの距離を二時間で歩いて、ハーミテージポイントへ到着。
あやうく道標を見逃すところだった^^;
20180910-07.jpg
ちなみにこの日は足元は普段履きのスニーカー、といういで立ち。軽い散歩&山を歩くわけではない、とのことで、登山靴は履いてなかった。で、実際長い距離を歩いてみると、登山靴の底の頑丈さを再認識したのだった。さすがにスニーカーだと道の凹凸がダイレクトに伝わってくるので、自然と歩き方が丁寧になっていた。まぁ怪我の功名といえるかもしれないけど、自分の歩き方を見直すいい機会になったのも事実。

ここで一時間ほどのんびりと過ごす。
何をするわけでもない、ただ湖面を眺め、遠くのTetonの峰々を眺め・・・・。

何もしていなかったわけではなく、せっかくなので久しぶりのお絵かきを。
20180910-08.jpg
全然上達してないし(汗)。

重い腰を上げて帰路につく。帰りは東側(トレイルの写真の右側)を通って帰ることにした。
直接宿からくることも可能な距離ではあったけど(トレイル写真の右側にある「JacksonLakeLodge」)、往復の総距離がちょっと長くなるので回避^^;

帰路について早々にハクトウワシとご対面。
ちょっと大きめの鳥がいるな、くらいにしか思わなくて、とりあえず一枚、といった感じで撮ったけど、あとで調べてみたら、ワシだったなんて!
20180910-09-ハクトウワシ
半島の先端部の方は、こんな風に開けた場所がかなりあった。少し気候が違っていたら、湿原になっていたんだろうな、と思わせる場所だった。
20180910-10.jpg

トレイルヘッド発:9:38、帰還:14:46、5時間余りのぬる~いハイクでした。

-----------
本日の夕飯、今日は外へ食べに行こう、と決めていて、やはりアメリカらしくステーキか、なんて言っていたけど、部屋にあるガイドブック等をみていたら、BBQの文字を発見。どうせならアメリカンなBBQを楽しんでみようか、ということで選んだのはここ。
20180910-11.jpg
後でもうちょっと調べたら、まぁ一言でいえばスペアリブのお店(チェーン店)だったわけで^^;
でもサラダバーがあったのが決定的だったのも確か。

メニュー表の一部。
やはりここの自慢はスぺアリブで、店の横に自前の燻製小屋を持っているのが自慢だそうで。
相棒はBabyBackLib、オイラはその下のComboに決定。上二つのコンビネーション、ってのに惹かれた(ただの欲張り)。
20180910-12.jpg

いやぁ、サーブされてひっくり返りそうになった。
この写真だとそのボリューム感が伝わりにくいのが残念だけど、お皿の直径およそ40cmほど。
超巨大といってもいいくらい!
サーブしてくれたおねーさんの、ニヤリとしたその笑いが忘れられない・・・。
20180910-13.jpg
ご丁寧に、ポテトも丸々一個!
これ来る前に、サラダバー盛り盛りで一回平らげてるし・・・。

Comboっていったら、双方半々で二種類ある、って思うのが普通でしょ。でも、しっかり二つ分あったもんな。

えぇ、小一時間ほどかけてゆっくりと、しっかり平らげました。
日本男児の面目にかけて(何が・・・・^^;)

これでどうしようもなく腹膨れて、この日は星撮影は断念。
まぁちょっと曇っていたせいもあるけど(言い訳)。

「GrandTeton & Rocky Mountain その4 JannyLake&CascadeCanyon-1」へ続く
スポンサーサイト



  1. 2018/10/03(水) 21:58:42|
  2. 旅行(海外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GrandTeton & Rocky Mountain その4 JannyLake&CascadeCanyon-1 | ホーム | GrandTeton & Rocky Mountain その2(Taggart&Bradley Lake)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1150-40fdb1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード