FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

残雪たっぷりの尾瀬-2

翌朝、この日も青空が広がった尾瀬。でも、昨日よりは薄雲が張っているようで、「やっぱり昨日はサイコーだったね」。
この日は特に予定もなく、のんびり雪原を楽しんで鳩待峠にもどるだけ。

20170503-01.jpg

竜宮小屋7:52 - 9:29 山ノ鼻 10:09 - 11:23 鳩待峠
5月とはいえ、標高1400mを超える尾瀬ヶ原。朝の冷え込みはそれなりに残っているようで、木々の小枝にはうっすらと霧氷が張り付いていた、って、撮影byAですけど^^;
20170503-02.jpg
今朝は午前2時半過ぎに起きて星空撮影をしていたので、日の出はパス。もしかしたらモルゲンロートに染まる至仏山が拝めたかも!?

朝食後に周辺を散歩。雪解け間もない時期では水芭蕉もまだこんな感じ。芽が出ているところを探し回ったけど、白い花弁がそれなりに形になっていたのはひと株だけだったかな。きっと今頃はかなりの数が花を咲かせているのでは?
雪解けの中をたくましく咲いている水芭蕉もまた見事なもんです。
20170503-03.jpg

こうやって雪解けの進行とともに、新しい息吹が尾瀬を覆っていくようです。
20170503-04.jpg

前の記事でも載せたけれど、徐々に雪が溶けていく湿原の様子。水分量の違いからなのか、決して平坦に溶けていくのではないみたいで、不思議な凹凸を形作りながら、徐々に溶けていくよう。このあたりは池塘とまではいかないけれど、かなり湿った土地なので、それも関係しているみたい。
20170503-05.jpg

竜宮十字路の道標もやっと上部が頭を出した程度。
20170503-06.jpg

昨日、掘り進めていたところ。木道まではまだ1m以上。その木道も湿原から1m以上の高さにあるので、やっぱり雪多いんだなぁ、と改めて思う。
20170503-08.jpg

上手に撮れば、崩れ落ちる氷河、なんてタイトルも使えるかも!? ちょっとだけ逆さ燧ヶ岳が写りこんでいる様子、わかります?
20170503-09.jpg

帰路は木道を外れまくって、あちこち寄り道しながら。このあたりは池塘の上らしい。徐々にシャーベット状の領域が広がって行く様子が見て取れる。
20170503-10.jpg

流れがそこそこあるため、あまり綺麗な逆さ至仏とはならなかったけど。
水はもう例えようがないくらい澄んでます。
20170503-11.jpg

山の鼻で今回2回目のコーヒータイム。急ぐ旅でもないし、なんとなく小腹も空いてきたし^^;

さて、そろそろ行きますか、と重い腰をあげて、最後の樹林帯歩きにとりかかる。
今まで何度も通った道だけれど、電柱がたっていたのは知らなかったなぁ・・・。
20170503-12.jpg

上の写真と似たような光景だけれど、ここはもう鳩待峠のすぐ手前。ぐずった雪で歩きづらい箇所もあったけれど、思ったより早く到着したな、という感じ。
20170503-13.jpg

この日はGW後半の初日、ということもあって、鳩待峠へむかうすがら、かなりの人とすれ違った。中にはそりに荷物を載せて楽しそうに降ってくる家族連れなんかもいて、そういうのは微笑ましい限りなんだけど、いただけないのがスキーヤー。せっかくステップを切ってある坂道をスキーで滑って馴らしてしまうんだから、もうちょっと考えてほしいな、と思うのは自分だけか・・。しかもろくに斜面をエッジを立ててトラバースする技術もない人間が多いこと。そんなおぼつかない腕前なら、スキーを担いで歩いてもらいたい。たいがいそういうグループには腕の確かなメンバーが引率していたりするんだけど、マナーもきちっと指導してもらいたいものだ。こちらが山側に避けて待っていても、お礼一つ言わないなんてどういうこと?

最後の最後でちょっと不快な思いを味わってしまったけれど、残雪たっぷりの尾瀬と星空と、そして至仏山リベンジもなって何より。体力的にはきつくはなかったけれど、心地よい疲労感に包まれた尾瀬行きでした。

星空編につづく。
スポンサーサイト



  1. 2017/05/23(火) 22:11:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<残雪たっぷりの尾瀬-3 | ホーム | 残雪たっぷりの尾瀬-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1098-d92203bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード