FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

二年ぶりの北横岳-その2

朝5時に起きてみると、外はどんより曇り空。
5時半に再び布団から這い出てみるも、やはりどんより曇り空。
満月の入と日の出の両方が楽しめるかも!? の思いはどこへやら。
すっかり意気消沈して日の出時刻の5:55を迎えた頃、なんとなく外へ出てみると気のせいか西方の空が少し青みがかかって見えていた。これ、うっすらとした晴れ間なのかもなぁ、と思ったものの、月の入りまではあと14分。これからカメラ担いでいってもちょっと間に合いそうもない・・・。

あとで山頂にいった人に聞いてみると、月の入りそのものは拝めなかったけど、割と綺麗な満月が西の空に浮かんでいましたよ、と・・・・・。うーむ・・・、ダメ元とかそんなんじゃなくって、天候に無関係に山頂に向かわねば・・・・。まだまだ写真を撮ることに関しては執念が足りないなぁ、と痛感した次第。

今朝の気温はマイナス12℃。そこそこ冷え込んでくれたおかげで、山頂付近の木々は霧氷をまとった美しい姿を見せてくれていた。
20170313-01.jpg

今日はとりあえず大岳にむかってみることに。
北横岳北峰 8:15 - 9:14 大岳分岐 - 9:28 大岳 ー 10:52 北横岳北峰 - 11:05 北横岳ヒュッテ 11:33 - 12:04 山頂駅

「2年ぶりの北横岳-その1」はコチラ
北横岳北峰から大岳方面へ。ここは初めて通る道だ。
20170313-02.jpg

稜線沿いに下ったあと、大きな岩の左側を巻いて下る。このあたり雪の下には鎖があるそうな。
20170313-03.jpg

大きなつららのある岩の下を通って、ここから左に折れて坂を下る。このあたりでトレースが消えていて少し迷ったが、うっすらと残るトレース跡を発見して、そのままGo!
20170313-04.jpg

もう完全にこのあたりはスノーシューかワカンの出番、というところ。
20170313-05.jpg

このあと、樹林帯のあいだを抜けていくのだが、正規の登山道よりも南側の谷を歩いていたようで、それが判明したのは帰路のことだった。まぁ、方向はしっかり分かっていたから、どこ通ってもあまり変わりないんだけど、南側の尾根に登ってしまうとあとが大変だ。

下の写真でいうと、左側の少し高いところに沿ったあたりが正規の登山道のようだった。ここで右方面に行ってしまうと、大岳に到達するのはかなり難儀しただろうなぁ。
20170313-06.jpg

振り返れば、あまり見ることのないアングルからの、北横岳北峰。
20170313-07.jpg

時折、腿の付け根まで埋まる踏み抜きにあうこと数回。ようやく大岳との分岐に到達。
20170313-08.jpg

ここから大岳の上りへの取り付き場所を探すのにちょっと迷ったが、道標のすぐ先のところを強引に登っていけばOK。あとは上を目指して登っていくだけだ。
20170313-09.jpg

大岳山頂。朽ち果てたような道標が訪れる人の少なさを物語っているかのようだった。
20170313-10.jpg

頂上付近の雪のまぁ硬いこと! アイゼンの歯がわずかしか刺さらない!
20170313-11.jpg

11時過ぎ、ヒュッテに戻ってきた。と、簡単に終わったけれど、結構難儀した大岳ピストンだった。北横岳に来て二日目もこれだけ充実(?)した歩きを楽しんだのって初めてかも。天気もまぁまぁだったこともあって、ここでコーヒータイムにすることにした。
20170313-12.jpg

昨日の作品は、天狗のたもとに。
20170313-13.jpg

黒々とした坪庭。これだけ岩が露出している状態の坪庭を見るのも初めてかもしれない。
20170313-14.jpg
拡大してみるとよくわかるけど、正規の遊歩道以外に、そこかしこに踏み跡がついているのがわかる。これが小屋主さんが嘆いていたスノーシューでの踏み跡か、と・・・・。上から眺めるといろいろと考えさせられる光景だ。

北横岳への登山道を示す道標もこの通り、やっぱり雪少ないですね。例年なら、左の看板なんて、ほぼ埋まってるし。
20170313-15.jpg

今回の忘れ物。
雪山用ゲーターとスノーパンツ替わりのレインジャケット(下)。
何それ、忘れ物にしちゃ大物過ぎね?
もう苦笑するしかないっすね。
スポンサーサイト



  1. 2017/03/17(金) 00:33:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<新旧 | ホーム | 二年ぶりの北横岳ーその1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1091-ba3e113c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード