FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

室堂

立山、ではなく室堂。
登山というよりはちょっとした散歩でした。
なんとかもぎとれた連休と巡ってきた晴れ間に小躍りしつつ、室堂へ一泊で行ってきました。
とはいうものの、木曜の時点では雨模様。日曜日の回復だけを期待して行くのもなぁ・・・、と逡巡していたんですが、その背中を押してくれたのが相棒。手頃な価格の夜行バスを見つけたようで、よっしゃ、ならばみくりが池温泉メインだ!とばかりに決行と相成ったわけです^^

室堂到着した頃はガスガス。さすがに標高2400mともなると、この時期手袋も必要になってくる季節。とっとと暖まろう、ってことで13時過ぎにはみくりがいけ温泉にチェックイン(早っ!)

夕方になってくるとガスがきれて時折晴れ間が覗くことも。でも5分と持たないころころ変わる天気で、さて、明日は如何に・・。
20161027-01.jpg


室堂の10月末といえばもうすっかり冬。ガスの中、雨が落ちてきたな、とおもいきや、それはみぞれ混じりのものでした。この日を境に急速に季節は進んだようです。
20161027-02.jpg

そして、密かに狙いをつけていた16時40分すぎ。わずかに西の空の雲が切れているのに期待してカメラを手に表に出ていると、遠く薄い隙間だけ、ですが、見事な夕焼けを拝むことが出来ました。ちょうどいい塩梅に、高層にも雲が張っていて、その凹凸がオレンジのグラデーションに染まっていく様は息をのむほど。気がつけば後ろには大勢の泊り客がカメラ構えて外に出てきていました。
20161027-03.jpg

夕食後、何度目か(?)の温泉につかったあと、窓から外を眺めてみれば、おぉ、星が見えてる!
すかさず外に出て数枚撮影。数枚、というのは、実はこの晴れ間もそう長くは続かず、だったのです。それでも見上げる空は満天の星、というにはちと遠い・・・・、綺麗に晴れ渡ってくれたとおもっていたけれど、やっぱりうっすらとガスがかかっていたみたいでした。
20161027-04.jpg

翌日曜日。
見事な晴れ間で朝を迎えました。ならば、少し散歩して帰ろう、ということで、今日は一の越から浄土山をぐるりと回るコース。雄山にあがってそこから砂走りを降りてきてぐるり一周コースも考えていたけれど、なにせのんびり朝ごはん食べて、出発したのが8時すぎじゃぁね。きれいにシルエットに写っている右側のピークを目指して出発~。
20161027-05.jpg

宿を出発してすぐ、剱岳の端っこが目に入ってきます、やっぱりカッコいいですなぁ。
20161027-06.jpg

一の越までくるともう標高は2700m超え。流れる小川も表面は凍り始め、ハイマツには霧氷が出来ていました。
20161027-07.jpg

一の越で小休止後、右手の浄土山へ。だらだらと上りの続く石畳を歩きながらのウオーミングアップも終えて、体は少し温まってきたけれど、何せほぼ八ヶ月の山歩き。とにかくゆっくり足元注意ヨシ!でいかないと(苦笑)。相棒いわく、浄土山は一の越から登ったほうが楽だとのこと。その意味は下りで判明。
20161027-08.jpg

前に一人のおじさんがカメラ片手に佇んでいて、何か撮影しているのかな?と思いきや、口に人差し指をあてて「しぃーーー」の合図。みればおぉ、ライチョウです。登山道から10mくらい離れたところにいました。その姿はもうすっかり冬支度OK!
20161027-09.jpg

よく見ると近くにもまだいる! ハイマツの中ってなんだか暖かそう。
20161027-10.jpg

注意してみていると、あっ、そこにもいる、あそこにも!!
写真の中に全部で6羽いるんです。こんなに多くの雷鳥を一度に見たのは初めてでした。
20161027-11.jpg

確かに一の越からの浄土山までの道のりは楽ちん。ゆるい上りが続くのみ。むしろ室堂から一の越までのほうがつらいかも。
ここからの眺めは秀逸ですね。剱岳に立山三山、ぐるりと北アルプスの全容がほぼ見渡せるのでは?
20161027-12.jpg
この場所から見る雄山、なかなか好きです。稜線の登山道がくっきりと見えるのもいい。

なだらなか場所にはこんな池塘もありました。立山って世界的にも有名な湿原が広がっているところなんだ、ということを改めて想い出します。
20161027-13.jpg

そしてこれが浄土山から室堂方面への登山道の一部。これ、後半ですが、前半はこれより大きい石がゴロゴロしているなかを降りていきます。さすが噴火で出来た山だけある!
20161027-14.jpg

山頂にいるときにも目に入っていた光景。遠くの右の方に少しとんがった山容がありますが、あまりにくだらないので言うのをやめていたんですが・・(あ、槍の先っちょが丸くなっちゃった!・・・・・^^;)、あれは笠ヶ岳。そして、本物の槍ヶ岳は左に見えていたんですね。笠ヶ岳も不思議な山で、見る方向がかわるとあの突起の様子が微妙に変化するんです。
20161027-15.jpg

青空も薄い雲に覆われてしまい、それほどではなかったけれど、みくりが池の水も碧々としていました。
20161027-16.jpg

このあと再びみくりが池温泉に行き、?たびの湯。いったいなんかい入ったんだろ?
ちなみにここは宿泊者はチェックアウト当日に限って、無料で立ち寄り湯ができるんです。

距離も短く、時間も3時間半ほどの散歩でしたが、やっぱりいいなぁ、山歩きって。
とてもいいリフレッシュになりました。

おまけ。
これなんだ?
20161027-17.jpg
大豆の収穫あと、です。
通勤路の途中田園がひろがっているところがあり、その一角に、立派な葉をつけた作物がなっていました。
稲刈りがおわり、その作物の葉もすっかり枯れてきてもまだ放置されたまま。それが10月下旬にようやく刈り取りが行われていました。「あれ、なんだろうね?」と同僚たちの間で話題になってたんです。

これみて思ったのが
「鉄腕DASHの0円食堂に出てきそうだな」^^;

スポンサーサイト



  1. 2016/11/06(日) 17:57:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<湯涌温泉 | ホーム | 金沢マラソン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1079-924530c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード