FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

東尋坊

大学1年の夏、免許を取って初めての遠出のドライブで立ち寄った場所の一つが東尋坊。
当時、またここに来ることがあるかなぁ、なんてことは考えもしなかったけど、今回の出張が決まってイの一番に再訪してみたいところに挙がっていたのは間違いないかも。一日の休みだけだと出不精になりがちなんだけど、いざ出かけてみれば車で一時間、ちょっぴり拍子抜けした感もなきにしもあらず。

20160619-01.jpg
これは越前松島海岸のひとコマ。
いろいろと狙い目を考えてみたんだけど、月明かりに照らされた東尋坊の岩々とか、日の出間近の東尋坊とか。
天気のこともあって、結局は早朝の東尋坊というごくありふれたものに落ち着いたわけでして^^;
ご覧のとおり、薄い雲がたちこめていて、もう一つ、だった。


現地到着はAM6:15。それでも早起きのモノ好きたちが2、3人いたりする。
早朝の最もいいところはまず人がいないか、いても少数だったりするところ。だからこんなコトも照れずに出来る。
20160619-02.jpg

うっかりすると見逃してしまいそうな、東尋坊一の高さを誇る大池と呼ばれる一帯。手前の歩行ルートからだとただの崖にしかみえないんだけど、ここが高さ最大25m、垂直に割れた安山岩に囲まれた最も迫力のある場所なのだ。すぐ足元の下を覗き込むと、結構な迫力がある。
20160619-03.jpg
そういえば、ヨセミテにもこんな感じの岩の裂け目があるけれど、あそこは高さ800mあるからなぁ。

前方1/3くらいのところで目測高さ10mくらい。
20160619-04.jpg
本当に迫力があるのはこのあたりだけで、遊歩道からチラ見できるあたりはタダの柱上岩の集まりといった感じ。
このあたりが昔自殺の名所だと聞いていてもピンと来ないのは仕方ないか・・・。

撮影した自分が傾いているんじゃなくって、岩の方が傾いている。これは直径2mほどある大きいやつ。なんでも冷える速度の違いによって割る大きさが変わってくる、と言われているけれど、はっきりとした理由は不明らしい。
20160619-05.jpg

この周辺、大地の不思議・地理の学習メモと銘打ったいくつかの看板があるけれど、それだけじゃなく、文学の小径とも言われているそうな。こんな句碑もみかけたけれど、知っているのは虚子だけです・・・。
20160619-06.jpg

普通の人たちが活動を開始する時間まで適当に時間を潰して、道の駅「みくに」に立ち寄ってから、当時宿泊した芦原温泉へむかい、泊まった宿を探してみたらあった!流石に当時の建物ではなく新築されていたけれど、立ち寄り入浴できたらなぁ、と思って聞いてみたが、残念ながらそれはやってない、とのことだった。

ならば他で、と思ってみて探したけれど、いやはや全くない・・・。
普通の旅館・ホテルだから立ち寄りの入浴なんてやってないのも仕方ないかなぁ、と思ったけれど、芦原温泉駅へ行ってみたら、入湯手形なるものが販売されていた。ただ、これはどうやら宿泊者向けのものかな、という感じだった。
で、その入湯手形で入れるホテル・旅館がずらっと16件ほど並んでいたのだが、驚いたことにそのほとんどが16時とか18時から、というもの。10時からが一件、14時からが1件あっただけ。なんだかもったいないなあ、と思う。昼間の旅行者で夕方からのみの立ち寄り湯に寄れるわけないよね。せめて昼過ぎくらいからやっていてくれれば、もっと多くの人に芦原温泉をアピール出来ると思うんだけどなぁ。

ウン十年ぶりで訪れた温泉地で、しょっと(かなり)消化不良な思いを抱いて、結局、道の駅でみつけた山代温泉(加賀温泉の近く)の古総湯によって帰ってきた。草津の湯畑周辺の立ち寄り湯みたいに、湯船があるだけ、の簡素なやつなんだけど、これがまた雰囲気がいい! しっかりと体も洗って、というのがお好みならば、すぐ脇の「総湯」の方を選べばよい。こういうタイプの違う湯があるのがいい。
20160619-07.jpg
道路右に見えるのが総湯で、木の陰に隠れているけれど、制限速度の30の数字の真上にあるのが古総湯。街並みが妙にすっきりしているなぁ、と思ったら電線が地中化されてるせい。随分と印象が変わるよね、これだけで。

というわけで、午後1時過ぎには宿に戻ってきた。
早起きすると一日が長い!^^
スポンサーサイト



  1. 2016/06/19(日) 16:44:42|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぶらっと金沢 | ホーム | 百万石祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1071-b11f9916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード