FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

鍋割・塔ノ岳

2016年の初山行は予定通り(?)の鍋割・塔ノ岳。
ポカポカ陽気、風もなく絶好の登山日和。
20160103-01.jpg

が、体の方はすっかりナマっていて、たったの12リットルの水歩荷にもかかわらず、腿に乳酸溜まりっぱなし^^;
二ヶ月あいちゃうとやっぱきついですねぇ・・・・。

6:27 東丹沢県民の森P ー 7:13水場7:22 - 7:46後沢乗越7:48 - 8:58鍋割山9:55 ー 11:04塔ノ岳11:54 ー 12:58堀山の家13:04 - 13:52二俣 - 14:14県民の森P

帰路、大倉尾根の階段の数を数えてみたんだけれど、段数知ったら余計登りたくなくなった(笑)・・・
詳細は末尾に。

元旦に湘南平に行ったとき、ランドマークタワーがくっきりと見えたのにはびっくり。さすがにそこまで空気は澄んでいなかったけれど、南アルプスの山々まではしっかりと視認出来た。雪をかぶった赤石岳を見て、あそこもリベンジ対象なんだよなぁ、と思い出してしまった。

これは塔ノ岳の山頂にある山座同定盤。大きな「塔ノ岳」の支柱の南側にある、ちょいと地味なやつ。
なぜかメガネが置いてあるけれど、これ、文字盤が細かいので「どうぞお使いください」ってことらしい。
↑嘘です。誰かの忘れ物みたいです。
20160103-02.jpg

ちなみに、支柱の北側にある、より立派な同定盤の方なんですが、これ、山の名前が少ないんですよね。
その代わり、パリとかロンドンとか、世界の有名な都市の方角が載っているんだけれど、はっきりいってそんなのどうでもよくね?(笑)

というわけで、ちゃんと「鍋焼き富士」も撮影。これで来年の山カレンダーの1月は決定!
そう、これはカレンダープロジェクトの一環なのです^^
20160103-03.jpg

で、帰路、堀山の家までの階段数を数えてみた。
丹沢に限らないけれど、崩れやすい土壌と登山者数の多さと相まって、登山道の崩壊が激しいのが特に大倉尾根。
そのため、土止めの階段が随所に設けられているけれど、これが結構ツラい。それでも崩壊が食い止められていることを目の当たりにするとそれも致し方ないことだな、と思う。いつもここを下る時に思っていたけれど、いったい何段あるんだろ?

まずは花立山荘直下の階段。
ずばり、339段ありました。
しばらくすると再び階段状の所が現れて、ここは226段。
そして、なだらかな所を過ぎて木段が随所に登場するが、堀山の家の手前まででなんと511段!

というわけで、花立~堀山の家の間でゆうに1000段を超える階段、というわけで、徳島にある有名な金毘羅山もびっくり、という段数。堀山の家から下はさほどなかったように思うけど、金冷シ~塔ノ岳もかなりの段数があるので、大倉尾根全体ではおそらく1500段近いんじゃないか、と思う。

この数字、登る時には励みになるんだろうか???^^;
スポンサーサイト



  1. 2016/01/03(日) 22:12:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<月金土雲 | ホーム | 2016年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okbk2007.blog115.fc2.com/tb.php/1058-ea43b623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード