FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

大天荘2020-その1

タイトルが「大天井岳・・」じゃないのは、そこに行ってないから(苦笑)。
あまりの強風で山頂は断念。小屋締めの最終日に訪問することが出来て何よりだったけど、予報はイマイチ、というより止めた方がいいのでは?と思えるような予報。登山者にとっては「なんでこんな予報なん!?」と恨み節の一言でもいいたくなるけれど、予報者だけは間違いなくガッツポーズしていたに違いない・・・。

11/3 お下りの頭から。
20201103-101.jpg

西(日本海側)からの風がとても強いのがこの写真からも見て取れると思う。
登山口のある中房温泉~燕山荘あたりまではガスに包まれて視界も余り利かず、まぁこれは予報通り。そして稜線に出るとガスも切れて、すっかり冬化粧した北アルプスが一望のもとに! こんな素晴らしい景色の中を稜線歩きできることに感謝しつつ、いや風強ぇぞこれ・・・・、と気を引き締め直すのであった。

もともと膝の具合に難があったので大天荘までの距離をどうやって持たせるか?ばかり気になっていたけれど、登りは思いのほか順調。それでもダブルストックをフルに使って出来るだけ足に負担掛けずに歩いたせいか、ペースはやはりゆっくりめ。もっともそれと予報の塩梅を勘案して5時前に登山口を出発する予定だったのが30分遅れになったのが無念。

中房登山口 5:23
第一ベンチ 6:01
第二ベンチ 6:38
第三ベンチ 7:15
富士見ベンチ 7:58
合戦小屋  8:34 
      8:51
燕山荘   10:07
      10:34

大下りの頭 11:39
切通分岐  13:39
大天荘   14:32

それと、この雪がつい最近降ったもので十分な圧雪になっていなかったこと。これがもう足を取られるのなんの・・・。これも予想以上に時間がかかった要因の一つ。もともとかなり余裕をもって、しかも1~2時間は遅れることは想定内だったけれど、想定内のMaxまで達するとはね・・・・。

最も難儀したのが切通分岐からの最後のトラバース道。
いやぁ、耐風姿勢をとったのはこれが初めてだったんじゃないかな? 吹き飛ばされるほどではなかったけれど、普通に歩くことが困難な状況で、わずか300m余りを突破するのに40分近くを要していた。冬山、なめちゃいけません。

「大天荘2020-その2」はこちら
[大天荘2020-その1]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2020/11/10(火) 21:43:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード