FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

巨大病院を支えるITシステムの一端を垣間見る

ご大層なタイトルをつけてみたけれど、なんのことはない、単に、でっかい病院に初診で訪れた時に、受付から診察、会計まで、ITシステム大活躍の場面を目の当たりにして、「あぁ、これでどこかシステムに不具合でも発生したら上へ下への大騒ぎだな・・・」などといらん心配をしてしまった。

世の中には、その社会を支えるインフラとして様々なITのシステムが用いられているけれど、そういったものに直接接したり、感じたりする機会は意外と少ないかもしれない。とはいっても、あまりにもそれが日常に浸透してしまっているために、ITシステムの恩恵であることを感じなくなっている、ともいえる。そんななかで、自分の番がきたら先生から直接名前を呼ばれる個人病院から、何十もの診察科を抱えた巨大病院へ行ったら、そのギャップを意識するのは当然のことだろう。

まずは受付。
初診なので当然ここは避けて通れない。紹介状を持っていくと、申込書を書くように言われ、それを提出ししばらくすると診察カードが渡される。この診察カードは、各科での受付から会計まで、あらゆる場面において必要不可欠なもので、アメリカにおけるクレジットカードの重要性よりもさらに上をいくものかもしれない。

その受付が終わると、目的の診察科へいき、そこでも受け付けカードを受け付けマシンに挿入。すると、受付番号が印刷した紙が出てくる。この紙と紹介状その他必要な用紙を提出すると、手書きで診察室の番号を書き入れてくれる。今回、唯一人の手が入ったのは、この診察室番号だけで、赤ペンで書き込まれた数字が妙に人の温かさを感じさせてくれたのはきのせいか?

[巨大病院を支えるITシステムの一端を垣間見る]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2009/11/12(木) 21:46:08|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード