FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

檜洞丸-蛭ヶ岳 その1

三日前にようやく天気予報が両日ともに「晴れ時々曇り」に変わり、ほっと胸をなでおろして決行となった檜洞丸ー蛭ヶ岳の一泊山行。二日目の午後に雨に降られましたが、それも下山途中の残り30分程度の所。それよりも、日曜日の夕方から翌朝にかけては、山荘のご主人も珍しいと声をあげていた程の好天に恵まれました。そんなわけで、今回の一枚目の写真はコレ。

20090426-16.jpg

消灯前の夜8時過ぎに撮ったものです。またしても三脚を持って行くだけの根性がなかったので、ここまで街の灯りが映り込んでいるのがちょっと残念ですけど、富士山と星空、という撮ってみたかった光景をようやく収めることが出来たので、その幸運に感謝せねば。

コースタイム

4/26
自宅発6:25 - 7:25 西丹沢自然教室 8:00 - 8:05 登山道入り口 -
9:05 ゴーラ沢出合 - 10:00 展望台 10:10 - 11:40 檜洞丸山頂 12:25 -
青ガ岳山荘 12:35 - 14:15 臼ヶ岳 14:30 - 16:05 蛭ヶ岳山頂

4/27
蛭ヶ岳山荘 6:05 - 7:30 臼が岳 7:38 - 9:23 青ガ岳山荘 9:30 -
9:38 檜洞丸山頂 10:24 - 12:27 犬越路 13:02 - 14:02 用木沢出合 -
14:27 西丹沢自然教室

1~3月に歩いた頃とは違い、登山口からは新緑がまぶしいくらいに映え、それがまた冬場の枯れた樹木の静けさと対照的な表情をしていることに、何かこうウキウキするような気分を感じさせてくれた山行でした。そのせいか、行きのゴーラ沢出合までは、撮影のために立ち止まること数十回。コースタイムの倍近い時間かかっているのも、もっともな話(苦笑)。まぁ、それもまた楽し、ってことで。

ところで、この檜洞丸ー蛭ヶ岳のコース、丹沢の中でもきつい部類にはいるコースだとか。確かに一気に高度を稼がねばならない所や、アップダウンを何度も繰り返すなど、きついコースだったことは確か。それ以上に、クサリ場やはしごが何箇所もあり、かなり気を使わなければならなかったことも、きついと感じた一因ではないか、と思う。檜洞丸ー蛭ヶ岳のコースや、犬越路など、ほとんど「大人版フィールドアスレチック」といっても過言ではない。自分が35年ほど若かったら、きっと喜び飛び跳ねてなんども鎖場を登ったり降りたり、とはしゃぎまわったに違いない・・・・・・・。

というわけで、まずは4/26の様子に「続く」
*例によって写真が多数ありますので、表示が遅くなるかもしれません。アシカラズ。

[檜洞丸-蛭ヶ岳 その1]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/04/29(水) 22:34:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード