FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

唐津-3

    
唐津城をあとにして向かうは、日本三大松原のひとつ「虹の松原」へ。

幅400m、長さ5kmにわたっておよそ百万本の松が植えられているそうです。古くは豊臣秀吉の時代から、とも言われていますが、歴史が長い分いろんな伝説・逸話もあるそうです。そのうちの一つ、ここの松は10mにも満たないような小ぶりのものばかり。なんでもこの地に泊まった秀吉が「それ以上成長すると海が見えん!」と一喝したせい、とも??

この松の林の中も散策してみました(写真中)。こんな変わった姿の松もありましたが、他にも名前のついた松がたくさんあるようです。5kmにわたってぜんぶ歩いてやろうじゃんか、と気負ってみたものの、あえなく断念。で、歩いてて感じたこと、「松ぼっくりが小さい!」(当たり前、です、セコイアの巨大なやつと比べちゃいけませんね)

柔い砂地を歩いたもんで、すっかり根性をなくしかけて、帰路は巡回バスのお世話に。駅の手前で降りて、最後の目的地である、旧唐津銀行本店へ(写真右)。今は観光協会となっていますが、唐津市内で唯一残る赤レンガづくりの建物。こういう歴史を感じさせる建造物って、この先もずっと残していってもらいたいものです。
スポンサーサイト



  1. 2007/03/12(月) 22:41:00|
  2. 九州上陸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唐津-2

    
曳山展示場を後に、とりあえず近所の蕎麦屋さんでお腹を満たし、つぎなる目的地・唐津城へ。1.2km程の距離で、巡回バスもあったのですが、天気もよかったのでてくてくと歩いていくことに。

途中で浜辺に立ち寄ってみたんですが、このあたり、見事な「白浜」なんですね。これって地層学的なことも関係しているのかな?などと考えつつ、唐津城へ到着。

城の内部も順路がしっかりと作ってあって、それにそって、鎧かぶとや土器、刀剣類や釜など、当時の人々の生活をしる数々の品が展示されていました。学校の遠足でこういったところに寄ってもまず見向きもしなかったものですが、なぜか最近はじっくりと見るようになってきたんですよね、不思議です。

最上階からみる眺めも、晴天とあいまって素晴らしいものがありました。左は唐津湾にうかぶ「高島」、宝当神社なる有名なところがあるそうな。中央の写真が、日本三大松原のひとつ、といわれる「虹の松原」。まるで観光ガイドそのものの写真みたいですが。

この唐津城、天守閣下の公園にはまだ固くつぼみを閉じた桜の木がたくさん植えてありました。もう2,3週間もすると、見事な花を見せてくれるのでしょうね。

つづく
  1. 2007/03/12(月) 16:33:00|
  2. 九州上陸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード