FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

2021初山行き

ここしばらくは、「初●●」ネタで持ちそうだ^^

2021/1/4、昨晩思いついて初山行き。コースは鍋割塔ノ岳の定番周遊コース14.6kmのさんぽ。
膝の具合もだいぶいい感じになってきたのでちょっと試してみたかったのと、相方の初日の出拝を兼ねて^^;

ということで、自宅発03:30(苦笑)。
まぁこの時刻、微妙なところではあるけれど、7時鍋割山到着を目安に出掛けてみた。

こちらは塔ノ岳からのひとコマ。南アルプスもくっきり。
20210104-001_1789.jpg

駐車場 4:48 ー 5:25 水場 5:35 ー 5:58 後沢乗越 6:02 ー 7:04 鍋割山 8:10 ー 9:18 塔ノ岳 10:03 ー 11:05 堀山の家 11:13 ー 12:01 二俣 ー 12:21 駐車場

[2021初山行き]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2021/01/04(月) 17:46:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大天荘2020-その2

翌4日、雪が舞っている中、今シーズン最後の朝食を5人で摂る。
外を眺めるも風のせいで雪が舞っているのか、それとも降っているのか、は判別不能。時折薄日が差し込むタイミングがあったので、どうやらこの雪は風のせいかなと。 それでも昨晩からの降雪が多い所では50cm近く積もっている様子。

大下りの頭から。昨日は槍穂方面も綺麗に見えていたんだけどね。
20201104-102.jpg

新雪に脚を取られることの歩きにくさったらもう・・・・・。圧雪時の歩くリズムとは明らかに異なる歩行速度に、まぁこんなもんなんだろうなぁと思いつつ、燕山荘には*時かなぁ、と遅れがちな歩みに対して納得させるべく脳内フル回転って少し笑えた。

大天荘   7:46
切通分岐  8:23
大下りの頭 11:06
燕山荘   12:20
合戦小屋  13:06 13:25
富士見ベンチ 13:37  13:37
第三ベンチ 14:16   14:00
第二ベンチ      14:29
第一ベンチ 14:54  14:48
登山口   15:22   15:14

「大天荘2020-その1」はこちら。
[大天荘2020-その2]の続きを読む
  1. 2020/11/14(土) 13:00:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大天荘2020-その1

タイトルが「大天井岳・・」じゃないのは、そこに行ってないから(苦笑)。
あまりの強風で山頂は断念。小屋締めの最終日に訪問することが出来て何よりだったけど、予報はイマイチ、というより止めた方がいいのでは?と思えるような予報。登山者にとっては「なんでこんな予報なん!?」と恨み節の一言でもいいたくなるけれど、予報者だけは間違いなくガッツポーズしていたに違いない・・・。

11/3 お下りの頭から。
20201103-101.jpg

西(日本海側)からの風がとても強いのがこの写真からも見て取れると思う。
登山口のある中房温泉~燕山荘あたりまではガスに包まれて視界も余り利かず、まぁこれは予報通り。そして稜線に出るとガスも切れて、すっかり冬化粧した北アルプスが一望のもとに! こんな素晴らしい景色の中を稜線歩きできることに感謝しつつ、いや風強ぇぞこれ・・・・、と気を引き締め直すのであった。

もともと膝の具合に難があったので大天荘までの距離をどうやって持たせるか?ばかり気になっていたけれど、登りは思いのほか順調。それでもダブルストックをフルに使って出来るだけ足に負担掛けずに歩いたせいか、ペースはやはりゆっくりめ。もっともそれと予報の塩梅を勘案して5時前に登山口を出発する予定だったのが30分遅れになったのが無念。

中房登山口 5:23
第一ベンチ 6:01
第二ベンチ 6:38
第三ベンチ 7:15
富士見ベンチ 7:58
合戦小屋  8:34 
      8:51
燕山荘   10:07
      10:34

大下りの頭 11:39
切通分岐  13:39
大天荘   14:32

それと、この雪がつい最近降ったもので十分な圧雪になっていなかったこと。これがもう足を取られるのなんの・・・。これも予想以上に時間がかかった要因の一つ。もともとかなり余裕をもって、しかも1~2時間は遅れることは想定内だったけれど、想定内のMaxまで達するとはね・・・・。

最も難儀したのが切通分岐からの最後のトラバース道。
いやぁ、耐風姿勢をとったのはこれが初めてだったんじゃないかな? 吹き飛ばされるほどではなかったけれど、普通に歩くことが困難な状況で、わずか300m余りを突破するのに40分近くを要していた。冬山、なめちゃいけません。

「大天荘2020-その2」はこちら
[大天荘2020-その1]の続きを読む
  1. 2020/11/10(火) 21:43:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白駒池テント泊ーその1

3月の上高地以来の山行き・・・・。
膝の具合がいちいちだったこともあってずっと山歩きは自粛していたけど、甘やかしすぎるのもよくないので標高差の少ない所を選んで久しぶりの出撃。湖畔でのテント泊も目玉の一つだけど、池面に写る星撮影が一番の目的、といってもいい今回の山行。

20200928-002.jpg
紅葉の進み具合はまだまだといった感じ。ただこの後の冷え込みで一気に進んだようで・・・。

昼前にはこんな青空に恵まれて気持ちのいい山歩きになったけれど、麦草峠の駐車場に着いた頃は小雨がぱらつく空模様。もともとの計画では、軽身で白駒池からにゅうまで足を延ばして高見石小屋を経由して麦草峠に戻ってきて、そのあと装備一式をもって白駒池へ、というものだったけれど、この天気のおかげで車内でまったりと雨をやり過ごしていたら出発は11時前^^;。そんなわけで散歩コースも大幅短縮。それでもこの日は16000歩あまり歩くことが出来た。膝の具合も張りはあるもののまぁ想定内。足慣らしとしては無難な再スタートを切れたかな、と。

9/28(月)
自宅発4:06 - 7:09 麦草峠P
麦草峠P 10:40 - 11:20 白駒山荘前 - 12:03 高見石小屋 12:54 - 13:09 丸山 - 13:57 麦草峠P
麦草峠P 14:22 - 15:01 青苔荘(テント泊)

9/29(火)
青苔荘テン場 8:58 - 9:40 白駒湿原 - 10:15 白駒山荘 10:23 - 11:09 麦草峠P

ちなみに雨がやんできて日差しが現れてきたころ合いを見計らって車から出てきたと思しき登山者他にもちらほら。同じように考えてた人、結構いたのには苦笑。

星空編はこちら
[白駒池テント泊ーその1]の続きを読む
  1. 2020/10/04(日) 13:08:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

乗鞍寄り道ーその2

山歩きじゃないので、カテゴリは「旅行」にしておいた・・・・

府中に寄って、ほぼ予定通り高速に乗ったのが12時前。途中アクシデントもなく、うちPに到着したのが15:50。
晴れ間も覗いていたけれど、すぐ近くの焼岳も、向こう側の錫杖の稜線もほぼ雲がかかった状態で、場所によっては雨も落ちているかも、といった空模様。到着してまずは露天風呂でさっぱり。

夕食後のウェルカムハウスでのひとときもあっという間に時間が過ぎてしまい・・・・。

それにしても、気温19℃って、長そでのシャツ羽織っているだけだと肌寒いくらい。
寝る前に露天風呂で体を温めて寝たら、まぁそれは気持ちのいいこと^^

翌日、さすがにそのまま帰るのも体なまりすぎなので、ここへ来るときにいつも気になっていた乗鞍方面へ寄り道してみることにした。下調べゼロ。どこまで車で行けるの?の解すら持たずに、道路標識に従ってレッツゴー!

沢渡を過ぎてダムの堰堤を渡った後に出てくる乗鞍方面の標識に従って進む。途中の案内板で知ったけど、東側にある乗鞍エコーラインをずんずんと登っていき、スキー場を過ぎてさらに進むと、あれま、通行止めのゲート登場。
やっぱり上まではマイカーNGなんだよね、と納得しつつ、かもしか平の駐車場に止めて、三本滝へ行ってみた。
ゲレンデの一部を下って、案内標識に従って森の中を歩くこと15分ほどで到着。

20200629-101.jpg
なかなか見事な眺めです。28-135の便利ズームでは入りきらないのです。
水源が異なる三つの滝が一か所に集まっている、という珍しい滝です。説明文を読んだあとに三つの滝を目にしたので、なるほど、と。

乗鞍寄り道ーその1(星景写真協会巡回写真展)はこちら

[乗鞍寄り道ーその2]の続きを読む
  1. 2020/07/01(水) 01:14:45|
  2. 旅行(国内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード