FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

のんびり徳澤で-その1

一応「山」カテゴリに入れとく・・・。
歩行距離:二日間およそ14km弱。
累積標高差:二日間で100mないんじゃね?

徳澤にて初テン泊。そのあと恒例のうちP泊からの山菜取り、でした。
最近、高山植物とあまり触れあってないな、と思っていたけど、今回は久しぶりの花シーズンの山(?)歩き。
堪能しました。

とっても珍しい緑の花弁のニリンソウ。道中写真を撮っていた方に教えてもらったものです。
20190525-020.jpg

そしてこちら、ニリンソウならぬヨンリンソウ(勝手に命名^^)。
花が二輪つくことから命名されたらしいけど、これは珍しい(と思う)。サンリンは沢山みつけたけど、ヨンリンは二つだけだったな。
20190525-025.jpg

前記事の白米千枚田の先週のハナシです。
のんびり徳澤で-その2はこちら

[のんびり徳澤で-その1]の続きを読む
  1. 2019/06/03(月) 22:32:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

燕岳・大天井岳-その2

いよいよ表銀座デビュー(苦笑)

こちらは燕岳。
20190429-001.jpg

予報によれば天気は午前中は晴れ間が広がるものの、午後からは曇が広がってくるとのこと。
コースタイムで片道2.5時間ほどだけど、ぐずった雪道であることを考慮して往復6時間でいけるかな?

燕岳・大天井岳-その1はこちら。
燕岳・大天井岳-その2はこれ。
「環水平アーク祭り」はこちら。
[燕岳・大天井岳-その2]の続きを読む
  1. 2019/05/23(木) 21:01:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

燕岳・大天井岳-その1

いやこれ、GW前半の話で・・・・。なんとか5月中のエントリーに間に合うように、と(苦笑)。
当初は恒例となりつつあった「残雪の至仏と尾瀬」が有力候補だったけど、どこか別のところにも行ってみたいな、ということで上がったのがこっち。燕岳だけならあまり食指は動かなかっただろうけど、初となる大天井岳もつけたことと、帰りに麓の有明荘に一泊する、というのが決め手になったかな(笑)。

既報の通り、4/28(日)は太陽に関する現象のオンパレード、勢ぞろいといった趣で、やっぱりこれがトップかな。
20190428-008.jpg

燕岳・大天井岳ーその1はこれ。
燕岳・大天井岳ーその2(初・表銀座コース)はこちら。
おまけの「環水平アーク祭り」はこちら。 [燕岳・大天井岳-その1]の続きを読む
  1. 2019/05/22(水) 22:37:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

太陽と雲と青空との共演

平成最後(って巷にあふれてましたが)のエントリーに間に合わせようと^^;
4/28(日)、長野県安曇野市(なのかな? 簡単に言うと「燕岳」そば)にて非常に珍しい現象を目にすることが出来ました。
一つ一つをみれば年に数回は見られる現象だとか。それが一度に目にするのは非常に珍しいことらしい。

まずはこれ。日暈(ひがさ、にちうん、ハロ)。
これ自体はよく見られる光景。
20190428-001_1599.jpg
それでも周囲がわりとくっきりと写っていて、しかも色も良く出ているのはちょっと珍しいかな・・・、くらいに思ってたんだけど、よぉくじっくりみると、うっすらとだけど、太陽を貫くように白い輪が出来ているのが見えます?太陽が指輪の宝石部分のように。
時間帯によってはもっとはっきり見えていた時もあったようなんですが、写真を撮っていた時には見落としていたんですよね。

画像は全てクリックで拡大表示します。
[太陽と雲と青空との共演]の続きを読む
  1. 2019/04/30(火) 19:44:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ZamberlanMountainPro

というわけで、AKUに続く二代目の冬靴がこちら。
20190324-01.jpg


..
大枚はたいちまった・・・。
むかし、よくモノの値段を「ジャンプX回分」なんて換算したもんだけれど、はぁ・・・・^^;
星撮影も考えて防寒重視で選んでみたらこれになっちゃいました。
末永くよろしく^^

店の人も言っていたけれど、このメーカー、サイズ表記の割にはやや小さめなんだそうな。
これ、ヨーロッパ表記でいうところの43、日本風に言えば27~27.5相当なんだけれど、41,42、と3サイズ履いてみたら、このサイズが一番しっくりきたんで即決。あとからcm換算してびっくりしたんだけどね。
ちなみに、夏靴のSirioはほぼ26cm。Sirioは幅広なんで普段履き+ちょい大きめでほぼOK。夏靴とは作りが全然違うので単純な比較はできないけれど、メーカー違えば随分と感覚が変わるもんだな、と改めて思ったものです。


  1. 2019/03/29(金) 20:04:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード