FC2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

いらっしゃいませ & 足跡帳

こんにちは&初めまして、BKです。

好物を並べてタイトルにしてみたら、こんなのになってました、他にも並べたら五七五七七でもきっと収まらないでしょうから、自制して五七五に(それでも字余りなのはご勘弁を)。

春は一番好きな季節ですね、セリもノビルも野山を駆け巡って採ってきたものが一番うまい!
(竹の子はそうはいきませんが)

以前にMixi内で日記を書いていましたが、撮った写真がうまく使えないことが最大の不満でした。そこへ振って沸いたような例の”著作権”騒ぎが引き金になって移行を決めました。それまで書き溜めたモノを捨て去るのも惜しいので、少しずつ移していく予定です。日付も忠実に再現する予定なので、いつの間にか過去記事がどんどん増えている、ってことがしばらくの間続くでしょうね。

もともとこのブログは、昨年(2007年)に九州に出張に行っていた時期がかなりあり、そこでの出来事を中心に書き留めておこう、と思って起こしたものです。その仕事が一段落してからは放置状態でしたが、移行を機会に復活させた、というワケです。

ご訪問下さった方、遠慮なく足跡(コメント)を残して下さい。
この記事は常にトップに表示されますので、足跡帳としても使いたいと思っています。

スポンサーサイト



  1. 2022/02/02(水) 22:22:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

相模湾からカノープス

恒例の(いつからだよ・・^^;)「相模湾からの~」シリーズ第?弾。
今宵はカノープスが主役ナリ~。

ということで、割と空気が澄んでいそうだなとの目論みで、地元の海岸に久しぶりに撮影に行ってきた。
10/21の未明、3時頃に自宅を出てほぼいつもの場所で撮影。
本当は茅ケ崎のサザンビーチのモニュメントと冬の大三角形あたりを合わせて撮ってみたかったんだけど、なかなか角度的に難しいことが判明。南中時刻あたりだとちょっと高度がありすぎる感じなのだ。かといって高度が低い時間帯だと今度は東に寄りすぎていて難しいし・・・・。そんなわけで、前景としてはあまり期待出来ない場所だけれども、とにもかくにも撮影することがまず第一、ということで。

28-120mmでフィルター有。1枚撮り。目いっぱい”かすみの除去”を効かせてもこんな感じ。「今日はわりと澄んでいるな」と思ってもこんなもん。・・・・てのは知っていたつもりなんだけど、白駒池での真っ暗な空のイメージがまだ頭に残っているとね・・・・。
20201021_001_8553-2.jpg
肉眼でもうっすらと見えていたけれど、現像してみるとさらにはっきりと見えたもの・・・・
波高観測塔の左にぽっと光っているモノ、そうカノープス。
SNSの写真部でカノープスに詳しい人も「これ、そうだね」と太鼓判押して頂いた。

もしかしたら・・、と思っていたけれど、ここで撮れたこと自体は素直に嬉しい^^


[相模湾からカノープス]の続きを読む
  1. 2020/10/27(火) 20:45:49|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白駒池テント泊ー星空編

9/28、日が沈みあたりが徐々に闇に包まれる頃、
いやいや、ちっとも闇に包まれませんって。何せ頭上には月齢10.7の満月近いお月様が輝いているのですから^^
昼間、ロケハンしておいたボートの船着き場に向かったのは19時少し前。まだ薄明が残っていたけれど、ぐずぐずしていると木土コンビが稜線の陰にかくれてしまうかもしれないので。

18:47頃。なかなかの月明かりです。
20200928-101.jpg

全て1枚撮り。

「白駒池散策ーその1」はこちら
[白駒池テント泊ー星空編]の続きを読む
  1. 2020/10/05(月) 00:15:15|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白駒池テント泊ーその1

3月の上高地以来の山行き・・・・。
膝の具合がいちいちだったこともあってずっと山歩きは自粛していたけど、甘やかしすぎるのもよくないので標高差の少ない所を選んで久しぶりの出撃。湖畔でのテント泊も目玉の一つだけど、池面に写る星撮影が一番の目的、といってもいい今回の山行。

20200928-002.jpg
紅葉の進み具合はまだまだといった感じ。ただこの後の冷え込みで一気に進んだようで・・・。

昼前にはこんな青空に恵まれて気持ちのいい山歩きになったけれど、麦草峠の駐車場に着いた頃は小雨がぱらつく空模様。もともとの計画では、軽身で白駒池からにゅうまで足を延ばして高見石小屋を経由して麦草峠に戻ってきて、そのあと装備一式をもって白駒池へ、というものだったけれど、この天気のおかげで車内でまったりと雨をやり過ごしていたら出発は11時前^^;。そんなわけで散歩コースも大幅短縮。それでもこの日は16000歩あまり歩くことが出来た。膝の具合も張りはあるもののまぁ想定内。足慣らしとしては無難な再スタートを切れたかな、と。

9/28(月)
自宅発4:06 - 7:09 麦草峠P
麦草峠P 10:40 - 11:20 白駒山荘前 - 12:03 高見石小屋 12:54 - 13:09 丸山 - 13:57 麦草峠P
麦草峠P 14:22 - 15:01 青苔荘(テント泊)

9/29(火)
青苔荘テン場 8:58 - 9:40 白駒湿原 - 10:15 白駒山荘 10:23 - 11:09 麦草峠P

ちなみに雨がやんできて日差しが現れてきたころ合いを見計らって車から出てきたと思しき登山者他にもちらほら。同じように考えてた人、結構いたのには苦笑。

星空編はこちら
[白駒池テント泊ーその1]の続きを読む
  1. 2020/10/04(日) 13:08:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

連休中のスカイダイビング

生憎のお天気となった4連休、前半土日は悪天候で中止となってしまいましたが、後半二日間は目いっぱい飛べました、ナイトも無事終えることが出来て何より^^

最終日の9/22(火)は久しぶりのスクール三昧の一日。
スクール生も頑張って3回飛んでくれました。下り坂の空模様となった最終日でしたが、なんとか最後まで持ってくれてホッ。
20200922-L4_001.jpg
これは最後のL4でのジャンプの一こま。リリースして気持ちよく飛んでくれています^^
向こう側にチラっと写っているのは、以降担当が予想されるHちん。
カメラつけて後から追っかけてきました^^

さてその前日、ナイトジャンプが行われました。日中は開催が危ぶまれるかのような空模様でしたが、日没過ぎからどんどん雲が取れてきて、テイクオフの頃には雲一つない好天に。南西の空には木星・土星が並び、天頂付近には夏の大三角形もくっきり!

この日は飛ばずに地上員(兼カメラマン)として待機。
幸いにトラブルもなく、カメラマンに徹することが出来ました^^

出来れば自分のカメラでいろいろ撮りたかったなぁ、と。
キャラバンのジャンプランの軌跡を夏の大三角形を入れて撮ってみたり、ランディングするキャノピーを前景に木星土星を映してみたり・・・、とか、あれこれアイデア浮かんできたので、その楽しみはまた次回に。

いやいや、次回は飛びましょうよ(苦笑)。


  1. 2020/09/23(水) 21:39:17|
  2. スカイダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星景写真でのノイズ処理

一つ前のエントリーで触れていた「ノイズ処理をあれこれ試して・・・」の話。
備忘録代わりのメモ程度です。

デジタルカメラにおける宿命ともいえるノイズ。これとどう向き合うか?はその人の立ち位置にもよると思います。
自身はあまりあれこれいじることはやらない(というか、サボってるだけかも^^;)のですが、印刷してみるとやっぱりノイズが目立ってしまい、なんとなく「ねむい」、「パッとしない」という印象を抱いてしまいます。必要な時にはそれなりの処理を施すことが出来る程度のスキルは備えておきたいな、とは思いますが、なかなかこれが進まない^^;

今回試してみたのはSequatorによる処理。
上がRaw画像現像して6016x4016サイズにjpg出力後、720x480にリサイズ。
下がSequatorで上記画像プラス3枚の計4枚で処理して720x480にリサイズ。
Raw_6970_縮小720

Seq_6970-6973_縮小720

[星景写真でのノイズ処理]の続きを読む
  1. 2020/09/07(月) 19:41:50|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード