fc2ブログ

セリノビル 竹の子菜の花 コーヒー豆・・・

季節の変化を感じられるっていいですね。あれやこれやの雑記帳デス。

ヨセミテ国立公園周辺 旅行

いらっしゃいませ & 足跡帳

こんにちは&初めまして、BKです。

好物を並べてタイトルにしてみたら、こんなのになってました、他にも並べたら五七五七七でもきっと収まらないでしょうから、自制して五七五に(それでも字余りなのはご勘弁を)。

春は一番好きな季節ですね、セリもノビルも野山を駆け巡って採ってきたものが一番うまい!
(竹の子はそうはいきませんが)

以前にMixi内で日記を書いていましたが、撮った写真がうまく使えないことが最大の不満でした。そこへ振って沸いたような例の”著作権”騒ぎが引き金になって移行を決めました。それまで書き溜めたモノを捨て去るのも惜しいので、少しずつ移していく予定です。日付も忠実に再現する予定なので、いつの間にか過去記事がどんどん増えている、ってことがしばらくの間続くでしょうね。

もともとこのブログは、昨年(2007年)に九州に出張に行っていた時期がかなりあり、そこでの出来事を中心に書き留めておこう、と思って起こしたものです。その仕事が一段落してからは放置状態でしたが、移行を機会に復活させた、というワケです。

ご訪問下さった方、遠慮なく足跡(コメント)を残して下さい。
この記事は常にトップに表示されますので、足跡帳としても使いたいと思っています。

-----------------------
と、上の文章を書いたのが2007年、その頃はこの記事の日付なんて非現実的なものとしか捉えられなかったけど、いやぁ、もうすぐそこまで来てしまったとは、ね。
備忘録もかねてまだまだ続ける予定なので、記事の日付(これを操作することで常にトップに表示される)を15年ぶりに更新しました。


スポンサーサイト



  1. 2027/02/02(火) 22:22:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

北横岳2024冬-その2

その2、です。
翌朝の日の出から下山迄をつらづらと。

未明の夏銀河の撮影を終えて、東の空がオレンジ色に染まる頃に下山。
これはヒュッテ裏から撮影した1枚。この時間帯の東の空のグラデーション、撮るのが難しいんだよなぁ。
20240213-001_6710.jpg
気温はやっぱりマイナス9℃。撮影に出た時とほぼ同じ気温。
もっと冷え込んでくるかとおもいきやさにあらず。樹々の上にのこっていた雪も、この暖かさ(マイナスになる程度じゃダメ)と風でどんどん落ちてきていた。
気温自体はさほどでもないけど、風が結構吹いていたため山頂手前の風を避けられる斜面での星撮影。
やっぱりマイナスの気温で風に吹かれると寒さ・冷たさハンパないです^^;

起床 03:50 星撮り 5時半過ぎまで

ヒュッテ 8:42 - 9:32 三岳Ⅰ峰 - 10:20 雨池山分岐 - 10:40 山頂駅 11:09 - 11:54 登山口

その1はこちら
[北横岳2024冬-その2]の続きを読む
  1. 2024/02/24(土) 18:37:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

北横岳2024冬

善は急げ、とばかりにちょうど日程に余裕が出来た2/12,13で北横岳に一泊してきました。
↓箸入れにはこんな可愛らしいスタンプが。
20240212-022_6336.jpg

ヒュッテのご主人の圧迫骨折も順調に回復されているようで何より。陣中見舞いというわけではないけれど、完全回復の前に一度お見舞いがてら行きたいなと思っていたところに、2月初めのドカ雪。これが融けないうちに行かねば! ということで、しかも連休で泊り客がいるであろう翌日に、お言葉に甘えて一泊してきた。

遠方の為、何も力添え出来ないのはもどかしいけれど、せめて激励の一言でも直接伝えたら、という思い。
もちろん写真談義をするのも楽しみの一つなのである。

山麓駅P 9:43 - 11:32 山頂駅 12:19 - 13:08 北横岳ヒュッテ
15:15:一回目の山頂へ
17:08:2回目の山頂へ(夕陽撮影)
今回、4回も山頂へ^^;
[北横岳2024冬]の続きを読む
  1. 2024/02/23(金) 22:04:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

阿智村の夜

恵那山の続き。

そう、この日の宿である月川温泉は、星空で有名な(有名になりたいと村おこし中か・・・)阿智村にあるのだ。
それだけではない、花桃の咲き乱れる里としても有名なのだ。どっちが有名か、というとよくわからないけどね。

月齢でいえば16.5くらい、満月を過ぎた頃。
月の出は20時過ぎ。夕飯食べてお腹いっぱいになって、ほとんど動く気がしない時間帯である^^;

お腹の塩梅は予想通り満腹度100パーセント。
空模様は予報では今一つの様子だったけれど、陽が沈んで闇が濃くなるにつれて雲がどんどん無くなっていったような・・・。

宿の廊下の窓から覗いてみると、きれいにオリオンとシリウスが目に入る。その東側の稜線付近は既に月明かりに照らされているような明るさだ。
よし!
気力を奮い立たせて部屋にもどり、少々厚着をして宿の外に出て撮影敢行。
20240128-101_6106.jpg
21:05

田舎の温泉宿にいっても、最近では外灯やら何やらと人工的な光の多さにもったいないなぁ、という印象を受けることが多かったけど、さすが星の故郷を名乗るだけの村、余計な外灯が一切ないのが素晴らしい。

全部撮って出し、です。
[阿智村の夜]の続きを読む
  1. 2024/02/09(金) 21:39:31|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恵那山-2024年の登り始めはここ

2024年の登り始めは鍋割ではなく、こちら恵那山に。

20240128-019_6043.jpg

義叔父の一周忌で土岐へ。
その後、初登りにということで恵那山が候補に挙がったけれど、最終的にゴーかけるか否か、はギリギリまで待つことになった。
登山道の状況や当日の山の天候はまあどうにかできても、気になるのはアプローチの道路状況。こればっかりはどうにもできないし。
幸いに林道ゲート手前の駐車場まで行けそうなのでゴー!
その晩に月川温泉に泊まることだけは事前決定済み。これで山行き中止してたらいったいどうなってたんだろ?^^;

林道ゲート前P 8:22 - 8:56 広河原登山口 9:02 - 10:21 4合目 - 11:22 7合目 - 12:24 山頂三角点 - 
12:38 避難小屋 - 12:54 山頂 - 避難小屋 13:38 - 三角点 13:53 - 14:22 7合目 - 14:53 4合目 -
15:35 広河原登山口 - 16:06 ゲートP

一番ヒヤヒヤしたのは、なんといっても麓の分岐を過ぎてPまでの舗装凍結路。左急カーブを過ぎた登り勾配が完全凍結。急カーブなので十分に減速していないと曲がり切れないところに登り勾配の凍結路って・・・。フロントパネルのインジケータに、タイヤ滑りマーク出っ放し。さすがにスタッドレスと言えどこの時は少々冷や汗^^;

[恵那山-2024年の登り始めはここ]の続きを読む
  1. 2024/02/05(月) 21:49:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

橋梁工事と冬ダイヤー2)

というわけで・・・・
10日後の1/13に再チャレンジ。でもね、「あるある」なんだけど、一時間半出遅れ。準備を考えると2時間出遅れたみたいで。
20240113-橋001_5663-4

出遅れたな、とは思っていたけど、現場についたらやっぱりって思った。冒頭の1枚は20:53。ど真ん中過ぎちゃってました。

現場を照らす灯りの影響で赤みが強い写真になっていたけど、このブログにアップしたら何故かその赤みが消えていて・・・。
ちょっと雰囲気が違った画になってしまったけど。 [橋梁工事と冬ダイヤー2)]の続きを読む
  1. 2024/01/20(土) 08:33:43|
  2. 天体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BK

Author:BK
セリ、ノビルが好物のBKでございます。
あれこれ雑多な話題について気ままに綴ってます。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

counter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BKへメール

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード